【街頭演説に挑戦】舞鶴市民の安心安全を考える会 河端謙治 舞鶴のゴミ問題と原子力発電所の問題に対して舞鶴市に物申す!

2021年4月8日 舞鶴市役所前にて友達の舞鶴市民の安心安全を考える会を主催する 
友達の河端さんが舞鶴市役所前で初めての街頭演説をおこないました。
ちょっと強面ですが舞鶴の未来を真剣に考えている熱いおっちゃんです。
すごく良いこと演説されていますのでよかったら聞いてあげてください。
舞鶴を変えるために歯車が動き出した気がしますね~
※迷彩服は河端さんの作業着ですので右翼ではありません(笑)
舞鶴で健全な個人事業主されてる方です。

舞鶴市政に対するキーマンの一人がついに新聞デビューしました 河端謙治さんに注目!

2021年2月5日の毎日新聞には舞鶴市朝来西町自治会の河端謙治会長(61)が登場されています。
https://mainichi.jp/articles/20210205/ddl/k26/040/340000c?fbclid=IwAR2vLo_g3Zj–lF5jke5VqwCxKkGSJd4eOS_VCSHp3ON2XtUj1oGU6P0g70
このお方、めちゃくちゃ熱心に舞鶴の原発問題とゴミ問題に取り組んでおられるので今後に注目! 河端さんにエールを送る動画を作りました。
この方のように舞鶴の未来を真剣に考えて実際に行動されている方が少しずつでも増えると嬉しいですね!

バカバカ連続発言 その後~沢山のアドバイスいただきまして設定変更することにしました。やばいぜ舞鶴 森本隆ならこう変える

前回の動画を見た友人たちからアドバイスいただいて少し設定変更をすることにいたしました。

闘病中の田中啓介さんを応援しよう!

舞鶴のパーム油火力発電所反対運動で一緒に戦った田中啓介さんが癌を告知され現在、闘病中です。
実は田中さんが闘病をカミングアウトされてから二度ほどお伺いをして色々お話を聞いています。

そこで色々なお話をさせていただきましたが、詳細については田中さんが追々語られますので省きますが、とにかく私は全面的に田中啓介さんを応援する事にしました!

舞鶴が誇る素敵な経営者 田中啓介さんを癌で失うような事が万が一でもあればこれは舞鶴にとって日本にとって大きな損失です。
ですので全面的に応援させていただきます

田中さんの現状

かなりお痩せになっていますが気力は十分、今日もお会いしていつもの田中節を聞くことができました。
顔色も良いので安心しましたが油断はできない状態との事です。
最新の癌治療を計画されていますが、諸般の事情があり、田中さんはご自身が望まれている治療を受けることが出来ません。

是非とも田中さんの望む治療を受けていただきたいと願います。
そのための署名を用意されましたのでみなさんの署名をお待ちしています。

署名サイトへのリンク

詳細については田中啓介さんが連載する新聞コラムをお読みください。

今日は皆様にお願いを申し上げたく、私の個人的なことではございますが、ご理解とご協力を賜れれば幸いに存じます。
シェア頂くことができますれば、望外の喜びです。
何卒宜しくお願い申し上げます。田中啓介拝

癒しの生活60

「尊いご縁」

今回でこの寄稿も60回の5年という節目を迎えさせて頂き、心から感謝の気持ちで筆を取らせていただいております。
10月2日にプロゴルファー藤田寛之プロが弊社まで私の応援に来ていただきました。応援というと、本来は私が藤田プロの試合会場に応援に行くのですが、この度は藤田さんに応援に来て頂くという状況になってしまいました。
実は昨年3月に私は胃がんの手術を受け5年生存率10%未満という宣告を受け、その後治療を続けていたのですがこの夏に転移が多く見つかり、治療に専念させて頂くべく、9月2日に長男と社長交代をさせて頂いた次第です。
現在私は様々な医師の方々のご縁を頂き、最新の治療を受けるために東京に通っておりますが、その中で現在の主治医より一つのアドバイスを頂くことができました。それは「自家ワクチン療法」でまだ実験段階ではあるけれども昨年私の胃がんの手術をしていただいた日本大学病院から私のがん細胞である「パラフィン包埋ブロック」を提供いただければそのブロックを分析し現在の私のがんの症状を改善することができる免疫ワクチンを作ることが可能であるとのことでございました。
そこで、主治医より日本大学病院の病理診断部長様にブロックの提供をお願い頂いたのですが「提供できない」とのことでございました。主治医より本人から直接依頼をするしか方法がないとのことでしたので、改めてお願いを致しましたところ先週残念ながら再び「提供できない」との回答が届きました。もしブロックの提供を頂くことができ私自身改善することができれば、この実績を活用して近未来のがん治療に一筋の光明が差すものと考えております。
この私の現状と思いを藤田プロがしっかりと受け止めて頂き「全面的に協力し支えさせて頂きます」との力強い言葉を頂くことができました。ここで私の個人的な御願いではございますが、本日開設いたしましたメールアドレス「tanaka@geltron.jp」に空メールを送っていただき、自動返信メールに記載の署名サイトより「日本大学病院 病理診断部長様 『田中啓介さんのパラフィン包埋ブロックを提供してあげてください』 氏名〇〇 〇〇」との署名にご協力いただく方法と、もう一つ「Change.org」上のキャンペーンページよりご賛同頂く方法がございます。皆様方から頂きましたこの署名を取りまとめ印刷し嘆願書として日本大学病院 病理診断部長様に最後のお願いをさせて頂きたいと考えております。
藤田プロをはじめ今日まで私を私を支さえて頂いております多くの関係者の皆様や医師の方々の存在は、私にとりましてとても大きなご縁の賜物と心底から感謝の気持ちで受け止めさせていただいております。
しかしながら最も尊いご縁は地元舞鶴で今日まで私を支えて頂いております友人や知人の皆様に他なりません。
どこまで命を頂けるかは分かりませんが皆様方のあたたかいお支えのもと最期まで生き抜きたいと考えております。また、この私の現状をご参考にして頂く方がいらっしゃり、少しでもお役に立てさせていたくことができますればとても幸せなことと考えております。
藤田プロとのトークにつきましては、本日10月9日金曜日の20時からのfm舞鶴にてお伝えさせていただきますのでお聴きいただければ幸いです。聴き逃された方はその後すぐにfm舞鶴のホームページからポッドキャストで24時間お聴き頂くことができます。 
どうか私のこの身勝手なお願いをお聞き届け頂くことが叶いますならば私にとりまして
望外の喜びでございます。何卒宜しくお願い申し上げます。田中啓介 拝

「コモンズWEBジャーナル」YouTube始めました

舞鶴で発行されているコモンズ
知る人ぞ知る雑誌です。
主に舞鶴の政治経済の裏ネタを中心に掲載している気骨あふれる雑誌です。
今回、コモンズの編集長と一緒にコモンズのWEB版 コモンズWEBジャーナルをYouTubeで開催する事となりました。
編集技術が未熟ですがぼちぼちとアップしていきますのでご期待ください。

パーム油発電による地域と海外の環境破壊にNo 舞鶴市民の勝利を福知山へ、全国へ

今日は京都市内のひとまち交流館で大西さん、三谷さん、石崎さんとパーム油発電の報告会で講演させていただきました。

パーム油発電による地域と海外の環境破壊にNo
舞鶴市民の勝利を福知山へ、全国へ

8月30日(日) 13:30~16:45
<勝利の報告と「これから」に向けた交流の集い>

報告:「市民の力で危ない事業を止めた!」
   石崎 雄一郎さん(ウータン 森と生活を考える会・事務局長)
舞鶴から:
  「勝利の方程式はこれだ」
   森本 隆さん(舞鶴西地区の環境を考える会・代表)
  「運動の経過と私たちが訴えたこと」
   大西 寛治さん(舞鶴西地区の環境を考える会・喜多地区環境保全委員会)
福知山から:
  「三恵観光のパーム油発電所、周辺住民が行動を起こすまで」
   三谷 義臣さん(三恵バイオマス発電所 騒音悪臭対策推進委員長)

参加費:500円
場 所:ひと・まち交流館京都 第4会議室 (3階)

※換気と密集回避には十分に注意をしますが、体調や諸事情をご自分で判断し、無理のない範囲でご参加ください。
・:・:・:・:・:・・:
気候変動対策の切り札として、再生可能エネルギーが注目されています。しかし、再生可能とされているバイオマス発電の中には、熱帯林を破壊して莫大な温室効果ガスを排出する原因となる「パーム油発電」が含まれています。パーム油を生産するアブラヤシ農園は熱帯林を破壊し、オランウータンなどの絶滅危惧種の生息地を奪っています。また、農園を作るために、熱帯泥炭地が破壊され、莫大なCO₂が排出されて気候変動にとっても脅威となります。
日本でもFIT(固定価格買い取り制度)を活用してパーム油発電を事業化する動きが相次いでいますが、すでに操業が始まっている福知山市では周辺住民への悪臭・騒音被害などが報告されています。
日立造船などの企業がパーム油発電所の建設を計画していた舞鶴市では、住民運動と環境運動団体の連携した反対運動で、計画を中止に追い込みました。重要な勝利です。
経験を分かち合い、勝利を全国に広げていくために、ぜひご参加を!

〈ひと・まち交流館京都〉
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1(河原町五条下る東側)
★電車: 京阪清水五条駅下車8分 地下鉄烏丸線五条駅下車10分
★バス: 市バス4・17・205号系統「河原町正面」下車

主催:舞鶴の勝利報告8・30交流会実行委員会
協賛:ウータン・森と生活を考える会 グローバル・ジャスティス研究会

無水カレーのJOKEさんとゲリラ出店中

残念ながらコロナで流れた大型イベント舞鶴砲雷撃戦よーい!
そんな中でも舞鶴に来てくれる提督さん(イベント参加者)が多いと言うことでゲリラ出店させていただきました!
イベントがないのに遠くから舞鶴に来てくれた皆様に感謝です。


大阪でパーム油火力発電所 報告会開催

今日は大阪でパーム油火力発電所勝利の報告会を行いました!
舞鶴からは私と大西さんが参加して講演させていただきました。

【報告会の内容】

(1)熱帯林開発圧力とパーム油発電
ウータン・森と生活を考える会 石崎雄一郎

(2)舞鶴パーム油発電完全撤退へ!活動と成果を振り返る
喜多地区環境保全委員会 委員長 大西寛治さん
舞鶴西地区の環境を考える会 代表 森本隆さん

(3)日本全国のパーム油発電阻止へ!私たちになにができるか 
福知山の三谷さんより、三恵バイオマス発電所の現状
舞鶴の大槻さんより、市民による情報公開請求の権利と重要性
東京の飯沼さんより東北でのH.I.Sスーパーエナジーの動きや国のFIT(固定価格買取制度)への要望、群馬の新村さんより邑楽町のパーム油発電建設問題、JACSESの田辺さんよりダイベストメント活動についてなど、オンラインを交えて情報提供いただき、私たちに何ができるかを考えたいと思います。

多々見市長の言葉

舞鶴市民新聞4月7日 掲載の新聞記事
舞鶴市の新規採用職員の辞令交付式の市長の言葉に耳を疑いました・・・

常に市民目線で考えること、情報収集、専門知識、専門技術を高めることの大切さ、仲間とチームワークでやる事の大切さ等を訴え、やり甲斐と達成感を感じて頂きたいと思っています。
と多々見市長は述べていますが・・・・

私の知る限り多くの市役所の職員さんは
常に市長と上司の顔色をうかがい、情報収集も専門知識も専門技術も無く、市民を虐めるときだけチームワークを発揮する最悪の職場です。
職員の多くがやり甲斐も無く市長の下僕として働いており、顔は土色で腐った魚の目をして働いています。

多々見市長は現場を全く見ない方のようですね・・・
多くの職員さんがあなたの顔色伺いながら疲弊していますよ!

多々見市長、新入社員に偉そうに話す前に現場をしっかりと把握しなさい!
あなたが諸悪の原因です!