サバイバル料理教室開催

TOSHIMA作戦という舞鶴で始めた開催されるサバイバル脱出ゲームのサバイバル教室の講師として参加してきました。
舞鶴高専生が考案した脱出ゲームと迷路を組み合わせたオリジナルの要塞を3人1組で攻略するメインゲームをはじめ、早打ちで的を射抜くシューティングゲームの中のサバイバルクッキングをジョークの日下部さんと担当しました。
火起こし、薪の調達、缶切りなしで缶詰をあける、ランダムに用意された缶詰でシチューを作るという防災BBQのサバイバルバージョンです。
なんと大阪からの参加もいて(元職場の近く)ローカルな話しでも盛りあがりました!
参加者60名くらいでしたがジョークさんと用意した食材はなんと150人前くらいありましたが残さず食べていただきました!

最後に残ったスープにカレーとパスタで作ったパスタがめちゃくちゃ美味しかった!

岡田下地区における災害時の仕組み作りと防災BBQ

加佐公民館で防災講演&ワークショップ&防災BBQ
NPO法人京都丹波・丹後ネットワークの事業のお手伝いをさせていただきました。
最初に私の講演からスタート、その後にたんたんさんのワークショップ、次に私の担当、防災BBQと防災三連発です。
終了後は福知山に移動してパーム油火力発電所反対運動の事を講演しに行ってきます!

岡田下防災研修 参加者…48名
ワークショップ内容
この地域で起きる可能性のある災害を次のように想定して その時あなたはどうするか、家族に対しては、ご近所に対しては、自治会としてはどうするかを考えてもらった。
• 台風の影響で、数日前から雨が降り続き、避難勧告、(あるいは避難指示)が出された
• 由良川の水位は大川橋で3メートル50センチに達している。 4地域がそれぞれグループに分かれて意見を出し合ったが、地域によって認識が全く違っており、大きな被害が予想される地域では、やはり自分ごととして真剣な議論がなされていたが、ある地域では今まで起きたことないし…というような意見も聞かれた。どのグループにおいても、どのタイミングで逃げればよいのかを考えている人がほとんどなく、参加者からは、「自宅のハザードマップを確認して、避難の仕方を家族で検討したい」、「これから地域でどのような対策をするべきかを考えるきっかけになった」などの感想をいただいた。

京都教育大学付属高校でハザードマップ講習

東京出張の帰りに京都教育大学付属高校でハザードマップの出前講座を開催しました。
防災士として年に二回ほど防災の講師をさせてもらっています。
昨年、一昨年はポリ袋クッキングでしたが今年はハザードマップの使い方です。
今週、来週の二回にわたり講習させていただきます。

大学生達と防災キャンプ

今日は京都の防災サークルの大学生達と防災キャンプのワークショップ 楽しい防災 防災バージョン
どこが防災やねん?と突っ込まれそうですが
目から鱗 アウトドアスキルと防災を融合した新しい防災活動 持続可能で防災の敷居を低くする、若い世代の参加率が異様に高いなど世の防災活動に一石を投じる内容です
大好評で来年も開催するっぽい感じになりそうなので次が楽しみです!

防災視点からのパーム油発電の危険性

超大量のパーム油タンクの保管場所は舞鶴湾に隣接します。
超強力な台風が毎年発生してる時代に100%安全な施設なんてあり得ませんよね・・・
海風も強いしこの場所は60cm程度の津波が予想される所
60cmの津波とは言っても家は余裕で破壊される強さです。
たった20年しか稼働できない金儲けの為の発電所が来るか来ないかわからない自然災害のためにコストをかける訳がありません。
たった1度の自然災害で舞鶴湾が死の海リスクなんてあり得ない
パーム油発電はハイリスク・ローリターン
反対運動実施中です

NPOのための事業・活動継続計画(BCP)策定講座

福知山で開催されたNPOのための事業・活動継続計画(BCP)策定講座に参加してまいりました。
DIYSTYLEとしては以前からBCPは作製していますが、私がたずさわってる様々な活動(防災やBBQ、地域活動など)もBCP必要という事で勉強してきました!

どういった事か簡単に言うと自分が活動してる団体が災害で被災したときにどうやって活動を続けるか?を考える計画を作ろうと言うことです。
24日舞鶴でも開催されますので舞鶴のNPOの方は参加して下さいね!
障がい者・子育て・福祉関係の方々は特に参加した方が良いと思いますよ~
お申し込みはタンタンさんへ

お昼は福知山の名店 「とんきち」です!