最後のNHKラジオ放送

二年間、お世話になったNHKラジオ放送 関西暮らしのホットラインの出演ですが最終日を迎えました。
二ヶ月に1回、朝の7:45~50までの短い時間ですが毎回、台本書いてチェックがあり放送とかなりの手間がかかっています。

NHKは高コスト体質と言われていますがやるべき事をやってコストがかかるんやでという事が裏側から見て理解できた二年間でした。

放送内容は防災士としての言葉ですが、ふり返ると防災士枠なのにラジオで2年間の半分近く、舞鶴のイベントについての告知をしてきました。

これだけ金も名誉も無しで身を削って舞鶴のために尽くしてるのに、いまだに反体制派、舞鶴の発展を妨げる人物扱いされてる現状・・・
舞鶴市の大半の議員や役人より舞鶴の役に立ってると確信していますがどれだけ頑張っても外様扱いこういう無力感こそが舞鶴を沈下させる空気だと改めて思いました・・・

ちなみにこれが台本です
5分の話で1時間くらい書くのに時間かけていますよ

3月24日(火)電話インタビュー

【ご出演者】 森本 隆(もりもと・たかし)さん

【内容】(Qはアナウンサー、Aはご出演者です)

Q)つづいて電話インタビューです。

火曜日は、関西各地の皆さんに 地域の防災情報や季節の話題を伝えてもらっています。今朝は、京都府舞鶴市の防災士、森本 隆(もりもと・たかし)さんと電話が繋がっています。おはようございます。今朝の舞鶴、様子はいかがですか?

A)気温・天気など・・。

Q)そうですか。今日はどんなお話でしょうか?

A)コミュニケーションの手段として、防災を取り上げることについてお話したいと思います。

私は防災士として高校、大学、町内会、ボランテイア団体などといった場所で防災のワークショップや講演をさせて頂いていますが、その中で様々な防災に関するお悩みを相談されます。

Q)相談の内容とは、どういったものですか?

A)中でも一番多いのは「防災に取り組む温度差についての悩み」です。
例えば大学生の場合、防災サークルに参加している学生が、一般の学生達にも防災に興味を持って欲しいと防災に関するワークショップを開くとき、主催する側である防災サークルの学生達の防災意識は高いですが、一般の学生とは温度差がありすぎて困っている、といったことです。

また、町内会の場合ですと、町内会長さんは熱心に防災活動に取り組んでいますが、役員の方々の協力を得られないとか、同じ避難場所を使うA町とB町の町内会は協力的だが、C町とD町はそうではないなど、町内会においても同じような悩みをお持ちです。

Q)そういったお悩みに対して、森本さんは、どのように答えられるのですか?

A)昔は私も同じ悩みを抱えていましたが、今は悩むことがなくなりました。とお答えします。

Q)森本さんご自身、皆さんが悩んでいる「温度差」をどうやって解決されたのですか?

A)防災をコミュニケーションの手段として取り入れました。
例えば大学なら、大学に入学していきなり学園祭とかしませんよね?
まずは、サークルに入って仲間を作って、仲が深まったところで学園祭をやると盛り上がります。
また、新社会人なら、新人歓迎会があって、先輩と御飯を食べたりしながら、仕事仲間との信頼も深まっていって、徐々に仕事を覚えていく。
つまり、ある程度は、コミュニケーションをとる態勢が整ってからイベントや仕事が始まるのです。防災も同じ事です。防災が大事だからといっていきなり勉強しましょう、避難訓練しましょう、では、温度差があるのは当たりまえです。

Q)防災に取り組む人たち同士、まずは、コミュニケーションをとれる状態することが、解決につながると、森本さんは考えられたわけですね。

A)そうなんです。お互いの意思疎通もこなせていないので、温度差が生まれるのは当然で、そうなると防災活動をするのは難しいです。防災は1人でできるものではなく、仲間と協力し合って成り立つものです。相談するのも、何かをお願いするのも、実際に作業に携わるのにも、コミュニケーションが必要ですが、その最初のコミュニケーションが、とれていなかっただけなんです。

Q)具体的にどのようにして、防災を取り入れながらコミュニケーションをとったのですか?

A)まず提案するのが「炊き出し訓練」という名目で、人を集めて、いっしょに御飯を作って食べる事です。「炊き出し訓練」なので、ケータリングを利用したり市販されている総菜を買ってきたりするのではなく、料理や火起こし、テントの組立など、皆で共同作業をして御飯を食べる。これだけで同じ釜の飯を食う仲間ができます。

特に私のお勧めはBBQで、私は「防災BBQ」と呼んでいますが、カレーなどでも、とにかく一緒に作業して御飯を食べる。これだけで仲良くなれます。


一度仲良くなる事ができれば、後は簡単。防災という誰もが大事だと思う事ですから命を守るという共通の目的に進んでいくのは、御飯を作って食べるのも、防災訓練をして災害にそなえるのも同じ事です。防災をコミュニケーションの手段として活用する。

つまり、少し角度を変えて防災に取り組むと、防災仲間がふえていくと思います。

Q)今朝は京都府舞鶴市の防災士、森本 隆(もりもと・たかし)さんに伺いました。ありがとうございました。

反対運動の裏側

舞鶴のバイオマス発電(パーム油火力発電所)の反対運動
反対運動というとヒステリックに反対を叫ぶようなイメージですが私たちの運動はかなり違います。

反対運動に参加したら美味い御飯が食える!

第六丸の海鮮丼
第六丸の海鮮丼

今日は勉強会 パーム油火力発電所をめぐるお金の流れ
環境・持続社会研究センター(JACSES)の田辺さんに聞いてみよう!
ですが勉強会の前に海鮮丼を頂きます!

勉強会の前にランチ
勉強会の前にランチ

私たちの運動に一緒に戦ってくれている「ウータン 森と生活を考える会」の皆さんと講師の田辺さんとランチですがそこで朗報!

朝日新聞に掲載されたパーム油問題
朝日新聞に掲載されたパーム油問題

ウータン 森と生活を考える会さんをはじめとする沢山の環境NGOが頑張ってパーム油問題を変えようとしている現場を朝日新聞が新聞の第一面、第二面に取り上げてくださいました。
私たちの活動も地方版から脱却して第一面に掲載されるように頑張らなければ!

そして勉強会スタート
コロナウイルス感染の恐怖に負けず沢山の方に集まっていただきました。

舞鶴青井地区の真牡蠣

懇親会のメインは舞鶴青井の真牡蠣

なんと美しい真牡蠣の殻
ダッチオーブンで白ワインで蒸し上げます
新鮮なヒラメのお刺身
新鮮なヒラメのお刺身
名物の舞鶴モヒート
名物の舞鶴モヒート
パーム発電所を舞鶴に作るなのノボリの前で記念撮影
舞鶴モヒートで記念撮影
皆で記念撮影

私たちは楽しく反対運動を継続させてもらっています!

たこ・牡蠣・ラーメン・パイ

「たこ」いるか?
という大先輩からのお電話で初のたこ料理に挑戦
たこを湯がくことから始めました。

舞鶴産たこの刺身
舞鶴産たこの刺身
舞鶴産たこ飯
舞鶴産たこ
舞鶴産たこの唐揚げ
舞鶴産たこの唐揚げ

舞鶴のタコがこれほどまでに美味しい食材だったとは知りませんでした。
これはうまいもんリスト入り確定です!

青井の真牡蠣

明日の勉強会後の懇親会用食材の試食で青井の真牡蠣も一緒に頂きます!

青井の真牡蠣は美しい
青井の真牡蠣は美しい
青井の真牡蠣は身がぱんぱん
青井の真牡蠣は身がぱんぱん

台湾混ぜそばを麺から作る!

今日は1日仕事がないので昼は麺を打っていました。
台湾混ぜそば用に極太麺を打ちます

台湾混ぜそば用極太麺
台湾混ぜそば用極太麺
台湾混ぜそば
台湾混ぜそば
ホルモンうどんぽいですがこれは台湾混ぜそばです
ホルモンうどんぽいですがこれは台湾混ぜそばです

イチゴパイとポテトアップルパイも焼きました!

手作りのイチゴパイとポテトアップルパイ
手作りのイチゴパイとポテトアップルパイ

信じられないですがこれ全部1日で作って1日で食べるのです。
私は暇なときは朝から御飯ずーっと作り続けています(食べ続けています)

新しいチラシが完成しました!

舞鶴のパーム油火力発電所を考えよう 新しいチラシが完成しました!
皆様の寄付のおかげで舞鶴全世帯分の印刷はできますが新聞に折り込めるほどのお金はありません。
舞鶴の全戸に投函するためのお手伝いを募集しますので御協力ください。自分の町内だけでも結構ですので御願いします協力者が集まり次第印刷にはいります

d1335e94a7ed50025314e7ef1592026d


新年度予算案 舞鶴のキーワード

「心豊かに暮らせるまちづくり」「安心のまちづくり」「活力あるまちづくり」
舞鶴市の来年度予算案にでてくるキーワードなんですが・・・
パーム油火力発電所の最新資料入手でびっくり!
パーム発電の窒素酸化物(NOx)の排出量が舞鶴石炭火力発電所のなんと13倍窒素酸化物の総排出量は巨大な火力発電所とほとんど同じパームの発電量は石炭発電に比べて3.6%の規模なのに凄い窒素酸化物の排出量!
舞鶴市はキーワードを心豊かに暮らせるまちづくり(西舞鶴以外)に変えた方がいいんちゃうかな?

岡田下地区における災害時の仕組み作りと防災BBQ

加佐公民館で防災講演&ワークショップ&防災BBQ
NPO法人京都丹波・丹後ネットワークの事業のお手伝いをさせていただきました。
最初に私の講演からスタート、その後にたんたんさんのワークショップ、次に私の担当、防災BBQと防災三連発です。
終了後は福知山に移動してパーム油火力発電所反対運動の事を講演しに行ってきます!

岡田下防災研修 参加者…48名
ワークショップ内容
この地域で起きる可能性のある災害を次のように想定して その時あなたはどうするか、家族に対しては、ご近所に対しては、自治会としてはどうするかを考えてもらった。
• 台風の影響で、数日前から雨が降り続き、避難勧告、(あるいは避難指示)が出された
• 由良川の水位は大川橋で3メートル50センチに達している。 4地域がそれぞれグループに分かれて意見を出し合ったが、地域によって認識が全く違っており、大きな被害が予想される地域では、やはり自分ごととして真剣な議論がなされていたが、ある地域では今まで起きたことないし…というような意見も聞かれた。どのグループにおいても、どのタイミングで逃げればよいのかを考えている人がほとんどなく、参加者からは、「自宅のハザードマップを確認して、避難の仕方を家族で検討したい」、「これから地域でどのような対策をするべきかを考えるきっかけになった」などの感想をいただいた。

水たこ、かにの海鮮づくし

お刺身が食べたくなったので第六丸へ行くとなんと・・・
蟹がお値打ちで販売していました。
お値打ちでも蟹はかに・・・
お刺身だけ注文してお店はでましたが、逆戻りして購入~
蟹には弱いんだよね
蒸し蟹にしていただきました!

パーム油の事、サラヤさんに聞いてみよう

ヤシノミ洗剤で有名なサラヤの中西さんに舞鶴に来て頂きまして、パーム油について講演をしていただきました。
パーム油火力発電の反対運動を進める中でRSPO「持続可能なパーム油のための円卓会議」認証や東南アジアの熱帯雨林の環境問題が良く出てきます。
でも遠い 東南アジアの熱帯雨林 の事なんて私たちには遠すぎて、わかりにくいと思います。
そこで実際に熱帯雨林の現場で活動する方に聞いてみるのがわかりやすいのでは無いか?ということで日本のPSPO認証に関する先駆者であるヤノシミ洗剤のメーカー「サラヤ」の中西様をゲストにお迎えしました。

サラヤは、1952 年の創業時から人、そして環境を考え、天然素材をもちいた商品づくり を行ってきた会社です。中でも1971 年に誕生した「ヤシノミ洗剤」は、石油系洗剤によ る水質汚染が社会問題となる中、環境にやさしい植物原料を用いた植物系洗剤の先駆け として誕生した主力ブランドです。
しかし現在、世界の食用需要の増加などにより、植物原料のひとつで あるパーム油の生産が拡大。熱帯雨林を伐採してプランテーションを 拡大するなど、主要生産国のひとつであるマレーシア・ボルネオ島を 中心に、さまざまな環境・社会問題を引き起こしています。
もはや「植物油=環境にやさしい・人にやさしい」と単なる一面だけ で語る段階ではないのが現実。
サラヤでは、この問題に目を向けて出来ることから少しずつでも取り 組んでいこうと各種団体と協力し、2004 年よりボルネオ島の環境保 全を行っています。

講演者プロフイール 中西 宣夫(なかにし・のぶお)

大阪市生まれ。同志社大学卒業、大阪大学人間科学研究科修士課程修了。
2000 年7 月より2003 年8 月まで、公益社団法人日本国際民間協力会のプ
ロジェクト・マネージャーとしてヨルダン・ハシミテ王国に駐在。
2004 年11 月よりサラヤ㈱研究調査員としてマレーシア国サバ州でのアブラ
ヤシプランテーションと生物多様性保全のためのフィールド調査を行う。
2007 年、特定非営利法人ボルネオ保全トラスト・ジャパンの設立に携わり、現
在は同団体の理事も務める。