犯罪組織がパートナー 舞鶴市長 多々見良三 組織に渡ったお金は舞鶴の税金1億円 舞鶴スポーツ協会会長 内藤行雄会長の議事録捏造問題からあぶり出された指定管理者の闇 落とし物を横領→施設の修繕費の実態

6/30 19:00~動画公開

https://youtu.be/c5ClETPfYMM

コスパ最高の対案 総額40億円 赤れんがパーク再開発に対抗する最高の提案 ちょっと長いですが私の話を聞いてください!

https://youtu.be/OSWX2hHiRCs

赤れんがパークの再開発 莫大な予算を使うのも問題ですがそもそも論、計画内容にも問題あり 100億つかっても200億つかっても100%失敗します なぜ失敗するのか?森本たかしが説明し、対案も出します。

舞鶴秘密会議条例 40億の事業が秘密&秘密&秘密 舞鶴を財政破綻に追い込む赤れんがパーク再開発 舞鶴をゆっくりと破滅に追いやる新条例が6月29日可決予定 条例が施行されたら多々見市長40億円使い放題

動画中の資料がダウンロードできます
元資料から関連部分だけをピックアップした資料です

市議会の元資料

舞鶴赤れんがパークで借金地獄 月々返済1661万円*240回払い 金利だけで7億6千万の借金を負担する赤れんがパークの再開発 ボッタクリ市長  多々見 良三が舞鶴を破綻させる!

https://youtu.be/2TR6fqx3p0M

赤れんがパーク PFI方式について判明していること まとめ

赤れんが周辺等まちづくり事業民間活力導入調査業務

概算事業費(建設資金) P68

耐震改修費 ¥889,400,000円 解体撤去費¥86,100,000円 外構整備費¥2,251,280,000円

合計¥3,226,780,000円

資金調達金利 割賦手数料率2.19% P67

事業期間 20年程度

概算事業費を20年返済で分割した場合  ※資料を元に算出

借入金額¥3,2226,780,000円 毎月の返済額¥16,615,000円 支払回数240回

総利息¥760,984,000円 ローン総額¥3,987,760,000円

コロナ前時点での赤れんがパークの運営による赤字額 年間¥-5000万円程度 P35

PFI導入後の予想 P69

支出 ¥153,210,000円

雇用は1人(正社員)

修繕費として年間¥2,148,000円 必要

収入(事業者)P70

¥125,899,000円

そのうち駐車場料金(新たな財源)¥16,819,000円

借家料? ¥8,334,000円

毎年の赤字額 ¥27,311,000円

まとめ

事業収支を見る限り採算は合わない事業である

莫大な建設費を民間努力で捻出する可能性はゼロ

赤字補てん、開発費を舞鶴市が負担することが大前提の事業である事は明白

採算性が皆無で、メンテナンス費用が莫大な赤れんがパーク構想は計画として破綻している事は明白