舞鶴市の子育て費用 完全無料化を目指して 子育て関連予算は2倍 5つの無料化で子育て支援 2023年舞鶴市長選挙 選挙公約6 森本たかし

2023年2月の舞鶴市長選挙にむけての選挙公約 第6弾を公表します
舞鶴の子育て世代を全力で応援する政策を考えました!
子育て費用を完全無料化を目指してまずは5つの無料化を実施します。
そのために子育て関連予算は2倍、子育て支援担当は3倍にします。
徹底的に子供たちとお父さんお母さんを支援する制度があれば舞鶴市の人口も増えることは間違いありません。

文字起こし

おはようございます
やばいぜ舞鶴
森本たかしならこう変える
今日は2022年5月26日木曜日
朝、出社したら
荷物の配達のトラックが来ていて
トラック1台分の荷物を運び入れてから
やばいぜ 舞鶴撮影しています
荷物が来るの忘れてまして
動画撮影しようとした
瞬間にピンポンってなって
荷物が運ばれて必死のパッチで
荷物運びました
汗かいてますが今回はですね
子育て関係の
私の政策をお伝えしたいと思います
公約シリーズ
子育て関係の公約です

私の子供は今
大学2年生と
高校3年生二人おります
一人は来年受験で
大学生になったら
やれやれかな
と思っております
割と自分では
子育ては一生懸命
やってるつもりです
子供のご飯なんかも
かなり一生懸命に作ってますし
朝晩の送り迎えもしています
まあそれぐらいしか
それぐらい関わってる?
それぐらいしか?
どうなんでしょうかね?
土日祝
土日とか祝日のご飯は
全部、僕が作ってますし
なんかお父さん
お腹減ったと言われたら
ご飯作ったりですね
大学に行ってる長男の為に
いろんなご飯
惣菜、おかず類を
大量に作ったりするのは僕の係です
ほぼ
食事関連での子育て参加になります
あとは送り迎えになります
それなりには
僕の年代の中では
まだやってるほうなのかな?
と思いました
子育てには
関心がある方だと思いたい
うちの奥さんからは
まだまだ足りない
足りなかったと
言われますけれども・・・
そんな経験を糧にして
私の子育て政策
お聞かせしたいと思います
子育てはめっちゃ金かかりますよね
ほんまに特に若い世代
20代、30代
40代の賃金が上がらない中でですね
子供を育てていくのは大変です
物価も上がってます
子育てに対する
お金の比率はどんどん上がっている
子供の携帯も今は必須ですし
昔よりも子育てに
お金がかかっている
物価も上がってる
今後はですね
学校のクラブ活動の民営化が
始まっていきます
そうするとこれも
国の政策で決まってるんですが
どんどん民営化していく
子供のクラブ活動を民営化していく
民営化していくと
クラブ活動に対してお金が
必要なんですよね
月謝が必要になってくるのでなって
学校でクラブ活動させるにも
月謝が必要になる状態に
今後なっていきます
となると・・・・
子育て世代の負担は
非常に大きくなっていく
そうすると
どんどんどんどん
子育てしにくくなります
ほんまに子供が足りない
少子高齢化って言われてるのに
何をしてるんやこの国は?
っていう風に思います
ほんまに子供に厳しい
子育てに厳しい国だと
私は思っています
長男が今年
20歳になるんですが
ようやく
旧の成人を迎える
わけなんですけれども
子供にはお金かかりますよね
なんとか
子供は
たくさん増やして
いかなきゃいけないし
日本では経済対策色々ありますが
はっきり言って
人口=国力だと思ってます
街としての力
舞鶴市としての力も
人口=市の力
だと思ってます

いろんな企業
舞鶴で誘致したり
1つの企業が努力したところで
人口には勝てません
とにかく人口増やす政策が
舞鶴市には必要ですし
僕が目指しているこの舞鶴を
日本海側でナンバーワンの
港湾都市にする
その礎を築くためには
やっぱり人口が必要です
今の舞鶴市は人口が減って事を
はっきりと諦めてますけれどもですね
まだまだ人口絶対に増えるはずです
舞鶴市だけという前提の場合のみです
日本全体で人口が増えることは
なかなか難しいです
けれども舞鶴市だけが北部地域で
舞鶴市だけが人口が増加することは
絶対に可能です
僕は
確信しております
そういった施策をどういう風に
持っていくか
今からお話ししたいと思います
私が目指すのは子育て関係の
子供に対する費用は
公共のものに対する子育て費用は
無料 全部無料化にして
行きたいと思っています
この政策は実は
前例がありまして
兵庫県明石市ですね
兵庫県の明石市で
行われている取り組みです
はっきり言って
その成功してる取り込みを
そっくりそのまま
舞鶴市に導入すれば
多少の修正は
あるかもしれませんけれども
基本はそっくりそのまんま
明石市の子育て
子育て関係の政策を導入すれば
舞鶴市も良くなっていく
と私は確信しております
明石市ですね
5つの無料化
をやっておりまして
1 医療費 高校生(18歳)まで
医療費無料
2 給食費 中学生無料
3 保育料 第二子以降全員無料です
4 遊び場 子供関係の遊び場は
高校生までが全部無料
親子ともです
5 おむつ 満1歳まで無料です
しかも宅配もしてくれます
全部無料 しかも自己負担無し
所得制限も無しです
この政策について
私、色々調べましたけれども
ほんまに理にかなった政策なんですよ
明石市の泉市長は

パワハラ発言で結構
話題になった人なんです
パワハラ発言で一回
辞職されて
もう1回市長選に
再チャレンジして通りました
その後、子育て関連
政策を充実されており
関西の中で
日本の中でも数少ない
人口が増えてる街
それが明石市なんですよ
明石市はこの政策を行ったことで
人口がボンボン増えており

税収も増えている
そんな取り組みを私は興味深く
見守っていますが
ほんまに成功してるということで
もうそっくり
そのまま真似させてもらいましょう
と言うことです
所得制限無しに関しては
金持ち
優遇だと
思うかもしれませんが
若い子育て世代で
所得制限にかかる金持ちなんか
田舎ではまず無いです
舞鶴の所得は全体で見ても
低いですから
ほんまにごく一部
数世帯の話です
私の予想では所得制限に引っかかる
子育て世代を除外するための
制度や仕組みを作る
そっちの方が金かかる
時間もかかる
職員の給料に使うほうが
金がかかります
だから所得制限無しに
したら良いと思います
所得制限無しにすれば
近隣の所得制限にひっかかる
若い世代(金持ち)達も
移住してくれるかもしれません
そっちの方が絶対に美味しいんで
所得制限は
不公平だと思う方も
いらっしゃるかも
しれませんけども
所得制限は
無しにしたいと思います
そっちの方が効率的です
取得制限を行う
手続き費用のほうが金かかる
ただ、それだけの話です
あとはですね
自己負担無しという制度であるのは
何かあったらキャッシュバックとか
申請をしたらお金が返ってくるとか
そういう手続き沢山
あるんですよ
舞鶴市でも申請しないと
お金が返って来ない制度も
沢山あります
そういったのは
はっきりいって
面倒くさいから
やらない人も多いですし
手続き自体が難しくてダメだったり
わざわざ休んで役所に行くのが
その分、働く時給の金が
もったいないなど
ありますから
全て自己負担無し
窓口で払う
お金を無くすのが一番良いです
直接、支払うお金を減らす
子育て世帯が支払うお金を減らす
事で子育て世代の
手持ちのお金を増やす
それが大事なところ
とにかく若い世代
お金がないんですよ
子育ての支出を減らしましょう
子育てに関する支出を減らすのが
大きな目標です
しかも手間を省く
個人に対していちいち補助金等で
やり取りしてると
役所の職員の人件費がかかります
全部を一定の場所
事業者や公共施設で
支払い関連を全てやれば
手続きは簡単に済みます
こういう手続きを省略化する事が
行政の運営コストを下げる
そのために
所得制限や自己負担無しに
してきたいと思っております
医療費なんですけど
舞鶴市は窓口で医療費
200円負担させられます
※小学生まで
中学生以上は入院費が200円まで
1日に200円がMAX
ですが中学生以上は一般診療 外来は
お金払わなきゃいけないですね
1500円超えたら
後でキャッシュバック
外来1ヶ月の利用額が1500円
超えたら申請したら
お金が戻ってきます
これも手続きが必要
こんなの返ってくるお金よりも
職員の手続きする分の給料が
一番高いので
手続きもなしにして
高校生(18歳)までの医療費も
無料にしたいと思っております
給食費は有料です
僕の子供は
月5000円ぐらい
払ってたと思います
結構、高いですよね
月5000円 2人子供がいれば
1万円ですからね
3人の子供がいれば15000円ですよね

給食費もこれ
無料にしましょう
子供のご飯代くらい
大人が出しましょうよ
僕も思います
様々なご意見あると思います
でも無料でいいんですよ
そんなもん
僕ね本当にご飯を食べるのが
一番大事だと思ってるんです
なんていうかな?
食に情熱がある方なんで
ほんまに子供が
食べるものは
美味しい食べ物を作ろうと思ってます
日々、努力し続けてきました
そんな中でですね
今ね
皆さん大変な時代で
所得が減ってですね
そんな中でも、やりくりして給食費を
出してる家庭もいらっしゃる
絶対に給食費は払わないといけない
だから所得が低い家庭は
今、大変なんです
やっぱり給食費は全部
無料にしてあげたら良いと思います
しかも家庭で
毎月5000円の負担をかける
3人子供がいれば
月15000円支出が減るのは
めちゃくちゃ助かります
だから給食費も無料
にして行きます
あとはですね
保育料 第2子以降 全員無料
これも良いですよね
保育料高いです
働いて働いて
一生懸命働いた所得が増えた分
保育料上がってくんですよ
たまったもんじゃないです
やっぱりお金を貯めなきゃいけないし
将来に備えてね
子供の教育費として
残していかないといけない
それに対して
子供が2人、3人いてたら
どんどん増えていく
多少は増えたら
保育料が安くなっていく
制度もあると思いますけれども
第2子以降は
保育料は無料で良いと思います
そこでも
所得制限なしでやりましょう!
あとはですね
遊び場の利用料
親子ともに子供の遊び場
公共施設の遊び場を無料にする
という政策を明石市は実施しています
残念なことにですね
舞鶴市には子供が遊べる
親子で遊べる
遊び場っていうのは
本当に少ないんですね
遊びあむぐらいかな?
あとはプールですよね
市営プールそれぐらいしか
思いつかないです
それでも
市営プールは有料ですので
それも無料にさせてもらいたい
「あそびあむ」は舞鶴市民は無料
だったと思うんですけれども
※まなびあむ 言い間違いです
それも継続して無料
市民プールも無料
赤れんが博物館や
引揚記念館などは
行かないと思いますけども
もちろん無料にしていきたい
と思ってます
あとはね
クラブ活動の民営化に伴って
クラブ活動に伴うスポーツ
施設の利用
どうなるかは今は分かりませんが
もちろん無料にしたいと思います
舞鶴市内の高校生まで
クラブ活動に関する施設利用料も
無料にしていきたいと思います
一番良いのは「おむつ無料」
しかも宅配までしてくれる
これは凄く良いと思いますよ
おむつ代高いです
めっちゃ高いですので
あのね・・・
保育園に預ける時におむつを
買って
預けとかないとあかん
そんな事もあります
「おむつ代」凄くかかります
一歳ぐらいまでで
おむつは終了しますが
子供を保育園に預けるですね
おむつ離れ早いですよ~凄いです
0歳児の時に保育園に入らなかった
長男のオムツ離れは
ちょっと遅かったですが
0歳から保育園に入った次男は
すぐにおむつ外れました
おむつ代くらい
行政が負担したら良いと思うし
やっぱり大量に
仕入れて
それを配れば良いだけ
おむつ代無料は
目玉政策として良いと思います
おむつ代が無料になるのなら
近隣の市町村からも
子育てするために移住してくる人は
かなり増えると思います
おむつ代無料という制度は
ちょっと
年取ってくると
少しせこいと思うかもしれません
ですが若い子育て世代に
絶対に刺さる政策ですから
これは是非
行ってみたいと思います
しかも「おむつを宅配」
してくれるんですよ
宅配してるしてくれるって事は
配達時に
子育てに精通した人が宅配して
お子さんの様子を聞いてくれるんです
ヒアリング込なんです
だから
子育てをちゃんとされてるのか?
おむつの配達で把握できるんですね
特にゼロ歳児のときに
育児状況を把握できる
その時のサポートもですが
育児放棄や
児童虐待など
そういったことを未然に防げる
政策にもなるんですよ
やっぱり地域にですね
子供を見守ってくれる別の人がいてる
おむつを配達に来てくれる看護師さん
そういった方たち
育児関連資格をもった人たちに
なると思いますけども
そういった人たちが
ちゃんとヒアリングをして
育児の悩みを
聞いてくれることによって
児童虐待だとか育児放棄
ネグレクト
そういったことを防ぐ
効果もあるんで
おむつ無料という制度は
めっちゃくちゃ僕は良いと思います
これですね
舞鶴市の子育て世代の
目玉政策として
導入したいと思います
おむつ代くらい
行政の支出の中では
そんなに費用かかる費用ではない

人口が増える利点からしたら
安いもんですわ

おむつ代無料くらいは
すぐにでもやっていけると
思っております
なかなか医療費無料や
給食費の保育料は
かなりの支出が必要ですので
市議会でしっかりと説明して
お願いしてなんとか実行していきたいと
思っています
ですが、おむつ代ぐらいは
そんなに大したことは
ないと思います
行政の支出からすると安価な政策です
これはすぐに出来ると思います
遊び場無料も
そんなに大きな支出が
必要なわけではなく
ちょっと制度を変えるだけで
出来ます
すぐにでも実施できる政策だと
私は思っております
この制度を実行するには
今の明石市の場合
子育て関係の予算を2倍にする
元々あった予算から2倍にした
子育てに関する
部署の人員を3倍にして
成し得たと
明石市の資料には掲載されています
子育て予算2倍もやっていきます
子育関連予算が
2倍というのは
非常に大きいとは思いますけれども
日本という国は子育てに関する予算は
割り振りが凄く低いんです
他の事業には予算凄く使うのに・・・
他の国はもっともっと
子育て関係にお金を使っています
フランスはもっと
たくさん予算使っております
もっともっと
いろんな良い制度ありますからね
だからフランスは
人口が増えてるんです
日本の人口が減っていくのは
それは子育てに関する
予算を付けないから
そりゃ増えませんわ~
だから舞鶴市もですね
舞鶴は
全国平均から見て
出生率は高い方だと聞いていますが
それでもですね
もっともっと
沢山の子供を育ててもらう
たくさんの人に
子育てに参加して
もらうっていうのは
それが舞鶴市を強くする一番の近道
人口=国力=舞鶴市の力に
なってくるんのでそのために
子育て世代に負担をかけない
子育て費用を極力、
無料に近づける事が
大事だと思います
財源が問題
財源はどうするのか?
税収が足りない
舞鶴市にはお金ない
舞鶴市役所の方は言いますよね
市会議員もそう言うと思います
子育てに回すお金なんて無いと・・・
いや・・・
絶対にあるはずです
絶対にあります
僕が調べた限りでも
舞鶴市はめちゃくちゃ
無駄遣いしてますからね
無駄遣いを全部止めて
子育て予算に突っ込んだら良いんです

思いつくだけでも
無駄遣い沢山あります
赤れんがパークとか
あと何やろ
こないだもちょろっと言いましたが
古い家を改修して貸し出す
そんな事業とか
家の改修 1棟やれば
1000万円くらいは必要です
そんな事業費もおむつ代に当てれば良い
1棟リフォームやめたら
おむつ代は相当賄えます
あとはどうなんやろ?
シティブランディング
舞鶴市の街のブランディングなど
街のブランディングなんていりません
市民向けのブランディング
やってるんですよ
今は私のやばいぜ舞鶴に対抗して
ずるいぜ舞鶴 ズルイずる
と言う
シティブランディングをやってます
この訳のわからん政策で
700~800万円くらいの税金を使ってる
そんな金があったら
子育て費用に使いましょうと
私は思いますね
あとは
舞鶴市職員さんには悪いですけれども
給料を削減しましょう
これは
定期雇用 アルバイト的な
職員さんの給料は
下げませんが
正規職員の給料は
多少なりとも削減しなきゃいけない
極力ですね
若い世代の削減率は減らして
今まで
舞鶴市を散々と食いものにした
無駄遣いした世代の給料削減率を
大きくする
バランスを取って若い世代には
負担にはならないように
給料を削減するしか仕方がない
色々算出してみました
舞鶴市職員さんの給料は下がる
確かに
たくさん反発はあると思いますけども
これ実際には
子育て関係の費用が無料になることで
実際は得します
実質、舞鶴市職員
子育て中の職員さんは実質
得します
給料が下がっても
そのぶん無料の枠が増えるので
そっちの方で
取り返せます
だから
プラマイナス ゼロ 
少し得するくらいには
制度設計したいと思います
そうすることで
全体の子育て環境が整う事になります
申し訳ないですけれども
なるべく極力
給料の削減率は
下げたいと思っていますので
協力していただきたいと思います
仮にですね 5%も
削減することは無いと思いますが
例えば25万円の
給料の人を5パーセント削減することで
1万2500円の給料が
下がることになります
でも子供二人となれば
給食費が5000円としても
2人で5000円✕2=1万円
それに医療費など足せば
そんなに大差ないし
3人の子供がいれば
完全に元とれます
後はその例えば
将来的に小中学校でクラブ活動する時に
クラブ活動費(月謝)が下がる
そんな事もあるので
めちゃくちゃ損をするような
そんな事はないし
家計に負担がかかりる事もない
実質無料になるので
得する事は他にも
出てくると思います
この辺りはしっかりとして計算を
やっていかなきゃいけないと思います
流石に5%の削減は無い
単純に計算しやすい数値として5%を
例にしただけです
そんな感じで給料も削減しつつ
財源を確保しつつ
実質の子育て負担額も減らしていく
だから子育て世代の
役所の人にとっても
すごく良い政策だと思っています
もちろん
財政が健全化すれば
給料は戻していきます

そんなに大きな負担にもならないと
思ってます
この事業を実施することで
絶対に周りの市町村から
子育て世代が移住してきます
子育てのために舞鶴に移住する
そんな流れを作っていきたい
明石市がそれやってます
明石市は人口が増えていますが
減ってる地域もあります
周りの神戸市など
そういったところは
全部、人口が減ってるんです
だから周りの
明石市以外の
周りの市町村の人口を吸い上げてる
それが今、さらに広がっててですね
子育てするんやったら
明石市で住もうと思ってですね
今は大阪や
京都から移住する人も
増えているそうなんです
そんな流れを
舞鶴市に持って行きましょうと
何度も言いますけども
日本全部が振興する事はまず無い
あり得ない状況だと思います
でも舞鶴市だけが
周辺市町村から人を集め勝ち残れます
今ならできます
今しか出来ません
この政策はどこかが先に実施したら
全部、やられますからね
今のうち、今しかない
このチャンス逃したら
舞鶴市が伸びるチャンスは無いです
しかも子育て関係
恩恵があります
高齢者の方は
私たちのためにも
税金を使ってほしいと
思うかもしれません
けれども将来的に私達の財政を
支えてくれるのは子供達です
これは投資です
赤れんがパークに投資
なんかやらなくて良いんですよ
観光に投資なんて
しなくても良いんですよ
絶対に直接 私たちの面倒を
見てくれる子供達です
子供達にお金をつぎ込みましょう!
でもね、子供なんかいずれ
舞鶴を出て行くんやろと思いますやん
大学もないし
どうせ子どもたちは都会へ出て行く
そんな風に思うかもしれません
ですが子育てがすごい充実した街に
住んでたとしたら・・・
大学はもちろん舞鶴に無いので
都会へいきます
都会で就職して
都会で何年か働いて
やっぱり舞鶴が良いよな~と思って
結婚してからね
子供と嫁さん
旦那と子供を連れて
舞鶴に帰ってきてもらうような
そんな素敵な街にしたら
そんな魅力ある街にしたら良いんです
そうすると一人が抜けても
3人~4人になって戻ってきてくれる
戻ってきてくれるまでの
間に舞鶴を良くする
働ける場所も作る
子どもたちが帰ってくるまでの間
その期間に舞鶴を良くしていく
そうしたら人口が
ボンボンボンボン増えていきます
良い循環になっていく
そんな事、一石三鳥 一石四鳥
ぐらいの事を
考えてるわけです
そうすると
高齢者の負担も減っていく
市民の皆が良い循環になる
最初に鶏が先か?卵が先か?
と言われたら
舞鶴市は卵が先
子どもたち 卵を先に育てましょう
そうすると
舞鶴は良くなる
舞鶴市の経済を良くするためには
子供達の生活を良くする
子育て世代の負担を低くして
子育て世代が住みやすい街にしていけば
舞鶴市は将来、絶対に強くなります
これは舞鶴市100年の計
舞鶴市を日本海側で
ナンバーワンの港湾都市にする
この礎を作るためには
子育て世代の政策
子育てしやすい舞鶴市にすることが
一番、肝心要だと私は思っております
皆さんどうでしょうか?
明石市という素晴らしい
先行事例があってですね
まだまだ日本で真似してる地域は
すごい少ないです
良いなあ~と思うけど
なかなか真似が出来ない
これをですね
私が市長になったら
これはトップダウンで
やらしてもらいたいと
思います
明石市に
教えを請いながら実施していく
明石市はすぐそこ
2時間~2時間半くらいで行けます
そんな遠い所ではない
近くに海もあっても
人口が30万都市と8万都市
人口規模的には差がありますが
環境的には
似た感じです
明石市を
見本にしてやっていきたいと
思っております
これで子育て対策
終わりたいと思います
次回お楽しみに
ありがとうございました
すいません補足です
服着替えていますが
一つ大事なことをお伝えするの
忘れてました
子育て関係で大事な事です
原発の放射能被害対策で
安定ヨウ素剤の配布ですが
希望者全員に
もちろん事前に配布させてもらいます
これは僕の中では
当たり前だったんですけども
原発の被害 放射能被害を防ぐ
安定ヨウ素剤
希望者の方にもちろん
全員に事前に配布します
それはもちろん
事前に医師の処方を得て
医師の診断した上で
可能な方には必ず 
安定ヨウ素剤を配ります
これも約束したい
と思ってます
ほんまに僕の中ではこれは
当たり前のことやったんで
抜けてきましたが
忘れずに伝えしたいと思います
以上です

重大疑惑発生 とれとれセンター看板撤去工事 官製主導で競争入札を回避か?

3月に私のもとに4件のご意見が届きました。
4件とも同じ内容でとれとれセンターの看板撤去工事に不審点がある 競争入札を回避して随意契約で工事が行われているのではないのか?という 疑惑の通報です。
4~5月にかけて私達グループの調査班が念入りに調べてくれたその調査結果を舞鶴市民の皆様にお伝えします。

動画の資料

おはようございます
やばいぜ舞鶴
森本たかしならこう変える
今日は2022年5月24日
火曜日です
今日もよろしくお願いします
今回、皆さんの知恵を貸してください
よろしくお願いします
今回の件はですね
僕はアウトだと思うんですけれども
専門外 知識不足です
動画見られてる
視聴者の皆さん
私に知恵を貸してください
これが正しいことなのか?
悪いことなのか?
皆さんのご意見をお聞かせください
そうして頂けると
凄く助かります
あまりにも理解できない範囲
分野です
自分なりに
色々と調べてるんですけれども
本当、理解できないので
すいませんが
皆さんご協力お願いいたします
今回はですねえー
私が手に負えない案件は
舞鶴港とれとれセンター
サイン撤去工事についてです
とれとれセンターありますよね
あそこに
3月ぐらいにね
大きな工事やってたんですよ
おっきな看板
とれとれセンターの看板を撤去する
工事があったんですけれども
結構、大きな工事で
一ヶ月ぐらいかかってたのかな?
その工事について
私のところに
何度も数人の方が
あれはおかしいから
調査してほしい
という問い合わせ
メッセージがありました
ご意見募集の欄から
通知いただいた
お問い合わせいただいた
方たちなんですけれども
四件程同じ内容で
とれとれセンターの看板
撤去工事 
あれはおかしいんじゃないかな?
ということで
是非、森本さん調べてください
という視聴者からの
情報提供で調査をさせてもらいました
時間かかりましたけれどもですね
私のチームの調査担当が
一生懸命動いてくれてですね
しっかりとした
この資料を入手しました
その資料を
私が分析したんです
分析したことを皆さんに
今からお伝えします
ちょっと
専門外のところが入ってくるんで
公共工事について
ご存じの方がいらっしゃったら
内容を教えてください
よろしくお願いします

西舞鶴にある
とれとれセンターですよね
とれとれセンターの
駐車場にある大きな看板を
この3月に撤去しておりました

視聴者からの情報は
その看板の撤去工事が
舞鶴市の入札になっていない
あんなに大きな
公共工事なら必ず
入札案件だと思うが
今回は入札がなく
随意契約で看板の撤去をしている
こんな事が許されていいのか?
という問い合わせが
4件あったわけです
それに関しては
何か裏があるんじゃないか?
必ず裏があるはずだから
調べてほしいという
情報提供がありましたので
調べさせてもらいました
私の知る限りお話ししますと
舞鶴市の契約
工事関係に関して言えば
300万以上の案件の場合は
競争入札にする
300万円以下なら随意契約
随意契約は行政が
任意の事業者に工事発注を
指定できる制度です
今回、調べてみますと
とれとれセンターの
看板撤去工事の資料を
一式取り寄せてですね
調べてみますと
やっぱり随意契約になってました
税抜き300万円以下の
工事ということで
ちゃんと300万円以下に
なっております
名目上はです・・・・
設計額 税込みで
¥3,071,090円
設計額が税込みで
¥3,071,090円 その内
消費税が¥279,190円なので
これは300万円以下になりますね

税抜きで300百万円以下になります
これは
紛れもなく随意契約
案件なんですけれども
この中の書類を見てると
明らかにこれは
おかしいんじゃないかな?
という事が見て取れましたので
それをお話しします
まずですね
見積から言いますと
色々な
工事費用入ってるんですけれども
一番おかしいなと思ったのは
これ無理やり300万以下に
工事内容を削って
落としてるんじゃないかな?
という疑惑があります
看板を撤去した後
大きな鉄塔が建っており
それを撤去した
もちろん
大きな基礎があります
鉄塔 広告塔を撤去して
基礎のコンクリートも撤去して
元の地面(土の状態)に戻すという
工事内容になってるんですよ
見積には
アスファルト工事は
含まれて無いです
フェンス
新たに、看板があったところに
フェンスを
現在、設置していますが
フェンスの工事も
見積もりには入っておりません
ですが・・・
グーグルのストリートビューで
画像を見ると
アスファルトを敷いています
元々フェンスがなかった場所にも
新たフェンスが設置されてるんです
でも内訳には
工事の明細の中には
アスファルト工事と
フェンスの工事は
含まれてないんですよ
アスファルトは私が今朝
とれとれセンターに見に行って
面積を測ってきたんですけれども
50㎡分ぐらい
50㎡前後ぐらいの面積です
結構、アスファルト舗装って
工事費は高いもんですから

50平米だと
40~50万円は必要と思ってます
フェンスも高いので
アスファルトとフェンスだけでも
最低50万円以上は必要だと思うんです
けれども
随意契約された見積には
アスファルト工事もフェンス工事も
計上されていません
このアスファルト舗装と
フェンス工事を誰がやったのか?
そこは今は掴み切れて無いですが
これを別々で発注したとしたら
明らかに入札を回避するために
こういうことを
やったんじゃないかな?
と私は思います
普通はそう思うんですけれども
一般市民の感情からするとね・・・・
これ実際どうなんですかね?
建築工事やられている方
これが普通なんでしょうか?
僕は競争入札に参加したことが無いので
分からないんですけれども
どう考えても
広告塔を撤去して
その後に土砂をほりかえし取り
アスファルトを設置して
フェイスまで作り上げて
ひとつの工事だと思うんですけれども
そこだけ分離発注にして
随意契約にする
入札なし 競争入札なしで
工事を発注するっていうのは
かなり不適切じゃないかな
と私は思います
何度も見積を見なおしましたが
アスファルト工事
フェンス工事は見積もりに
入っておりません
金額的にも必ず大きなはずなんで
参入されてないのは
私はすごくおかしいと思います
工事の発注では
元々存在した
土を基礎のコンクリを撤去し
そのまま埋め戻して整地したら
それで終わりという
発注内容なんですけれども
アスファルト工事
フェンス工事が抜けております
あとは
色々見てるんですけど
見積の金額の内訳が隠されてるので
名称しかわからない
金額から内容を読み取ることが
できないんですけれども
広告塔の看板って
看板本体は鉄塔だと思うんですよ
鉄塔の処分費が計上されていません
産業廃棄物になるのに
鉄塔の処分費が計上されて
無いんですよ
鉄塔の処分も
誰がどこでどうやったのか?
不思議なんですよね
大きな鉄くずや
コンクリートくずが
出ないはずはない
それが計上されて無いのは
おかしな話だと
思います
一応、花壇処分
コンクリート処分として
場外に持っていく
26㎡とは
記載していますが
どういう風に処分されたのか
記載されていません
どっかの廃棄処理場に
持っていったのか?
どうなのか?
この見積もりではわからないです
この経費で基礎コンクリート関係は
処分したのかもしれませんけれども
問題は鉄塔なんですよ
鉄塔の鉄は結構、高く売れます
あれぐらいの大きな鉄ならば
それなりの値はつくと思うんですよ

処分費では無く
売却利益がでてくる方だと思うんです
鉄を処分(売却)することによって
処分した人にお金が
入ってくると思うんです
鉄塔が元々
舞鶴市の物ならば
舞鶴市に鉄くずの売却益が
入ってくるはずなんですけど
そこの処理が
どうされたのか?
記載されていません
これは公有財産管理の面から言っても
おかしいんじゃないか?
と私は思います

この見積で不審な点は
アスファルト工事が入ってない
フェンスの工事が入って無い
鉄くずの処分が
どうされるの記載されてない
産業廃棄物関連が
どうしたのか?
資料には
記載されていません
また細かい話なんですけれども
かなり高い広告塔ですから

高所作業車や
クレーン車を使ったと思うんですよ
あの工事をクレーン車も使わずに
撤去できるとは思えないんです
車両関連経費には
レッカー車と搬出用トラック
だけしか記載されていない
結構、大きな工事車両が必要
特にクレーン車は
一日10万円以上のレンタル料
だったと思います
クレーン車も入っていないので
見積自体がどうなのかな?
あからさまに見積もり
300万以下に抑えるように
してるんじゃないかな?

裏を勘ぐってしまいます
これがもうほんまに
業界の当たり前なのか?
どうなのか?
僕にはそこのところ分から無いので
何とも言えませんけれども
普通に
一般市民の感情
元設計事務所で働いていた
人間の感情からすると
大事な部分の見積が
抜けてるんじゃないかな?
と思います
抜けてる部分を参入すると
余裕で300万円超えるですよ
だから、うちの方に通報された方々
絶対に入札案件に
なるはずの工事が入札に
ならないの?と不審がるのは
当たり前だと思います

こういうことを行政が
やってるっていうのは
これがテクニック
行政のテクニックなのか?
それとも何か裏があるのか?

解明には
皆さんの知恵を頂きたいです
今後もこの件は
調べていきたいと思いますので
見積書は概要欄に
アップしていきますので
皆さんご意見あったら
お聞かせください
この件は
僕がまずいなと思うだけで
ほんまに
アウトって決まった訳では無いです
僕がこの件はおかしいと
思ってるだけです
今までの告発は絶対にアウトだという
自身を持って実行しましたが
今回の件は、僕の知識だけでは
分からないところが有ります
ですので事業者名は
塗り潰しててアップしてます
役所の人は別に
名前載せても良いから載せてます
更に色々
不審なところが沢山あるんですよ
一番、不審なのはこの伺い分です
見積を取るのために上司の決裁を取る
書類が出てるんですけれども
ここに書いてあるのが
なぜこの看板工事が必要なのか?
その理由が書いてあるんですけれども
舞鶴港とれとれセンターサイン塔は
平成九年建設から大きな改修がなく
20年間の耐用年数を
経過していたところ
年末年始の積雪の影響で
最上部LEDスポット
照明設備のぐらつきと点灯しない
不具合
内部漏電の恐れが発生し
早急に対応が必要です
また舞鶴さかなセンター協同組合は
看板が老朽化して
見栄えが悪いこともあり
多くの来客が見込める
4月までの早急な撤去
及び土地返還を要求しております
業者選定理由は
下記理由により
当初の建設事業者である
上記事業者から参考見積を徴します
照明設備の落下
および内部漏電の恐れにより
処置が早急に必要であること
設置当時の図面が
現存しておらず
当初の建設事業者のみが
早急な処置と工事の短縮が
可能であること
となっています
それで随意契約が
結ばれているんですけれども
この伺い文がかなりおかしいです
この伺い文が提出された日
見積依頼を出したのが
令和4年1月4日に
見積依頼を出しています
ということは
これは1月4日以前に
この伺い分を
作成してると思うんですが
ここに書いてあるのは
年末年始の積雪の影響でと
書いてあるんですよね
年末年始の影響で
1月4日提出という事は
12月30~31日 
1月1~2日
ぐらいに
不具合が生じたからと言って
大きな広告塔に登って点検しますか?
大雪の最中、あの大きな看板のところを
上に登ってですね
LEDがぐらついてるかどうか?
絶対に調査しないじゃないですか
そんなこと業者が言われたら
「正月あけてから依頼してくれ」
となるはずです
これが看板が
倒れてるって意味ならば
早急に点検入りますが
LEDがぐらついてる程度の不具合が
年末年始に
分かるわけがないじゃないですか
しかもこの文章を書いて
提出したのは1月4日なんです
※見積日も1月4日です
ということは・・・
予め決められてた内容で
打ち合わせがあった
大雪が降ったから
これはちょうど良い機会だから
こういう風にしてしまえ
という事になってると思うんですよ
普通に考えたらですよ
年末年始にLEDが
ちょっとぐらついたからって
調査なんてする訳がないし
あの凄い高い看板の上を
調査しようと思ったら
それこそ高所作業車が
無いと調査はできないですよ
でも年末年始は大雪で
舞鶴は大雪で
とれとれセンターの看板がある場所
隅っこは
除雪された雪が積み重ねられ
車なんて入って
いけないくらいの積雪
だったと思うんですよ
特に隅っこの方には
除雪した雪を持っていっている
だからこの起案書は
あからさまにおかしいですよ
1月4日に事前準備なしに
こんな書類を出せる訳がない
書類を作ったのは1月4日
なのかもしれませんけれども
こんなことを急にですね
正月 新年明けに
できるわけがないので
やっぱりこれはもっと前から
事業が計画されて
やられたんじゃないかな
と僕は考えております
時系列的にまずおかしいねですよね
それがまず第一
もう一つ不思議なのはですね
舞鶴さかなセンター協同組合は
看板が老朽化して
見栄えが悪いこともあるって言ってます
そんなに見栄え悪い看板だと
皆さん思いましたか?
別に何も普通の看板ですよね
メンテナンスするのは
別に何もおかしなことは
無いと思うんですけども
さかな協同組合が
老朽化して
見栄えが悪いと言ってる
という事なんです
多くの来客が見込まれる
四月までの早急な撤去及び
土地返還を要求しております
とも書いてあります
ということはですよ
とれとれセンターの看板は
どこの持ち物なの?
という話ですよね
なんで舞鶴市が
とれとれセンターの看板を
直すのか?
あの看板は舞鶴市の
看板だったんかい?
って話ですよ
舞鶴市の看板ならば
なんで
とれとれセンターの看板を
舞鶴市が作ったのか?
これは不思議な話でしょう

また不思議な話があります
一つの大きな公共スペースの中に
様々な団体が管理してる部分が
あったりとか
そんな事をしてるのは
かなり当初の部分から
何か不適切なやり方が
ずっと続いてるんじゃないのか?
とも思いますし

平成九年に看板を作ってから
20年間も大きな改修をしていない点も
ちゃんと改修しろよ
って僕なんかは思うわけです
とれとれセンターは
かなり大きな看板で
構造的にもしっかりした物ですが
かなりの風圧がかかる
海沿いですから
かなり風が強いんで
それなりの定期点検や
改修工事が必要なのに
おかしな話
20年間も放置してた
っていうのも
そこのところもおかしな話です
これ、ほんまに
色々なツッコミどころがあります
とれとれの土地を舞鶴市が借りて
看板を作ってた?
みたいな
なんか意味が分からない状態
全体として
かなりおかしな事に
なってるんじゃないのか?
と私は思ってます
一番ひどいのがですね
設置当時の図面が現存しておらず
当初の建設事業者のみが
早急な処置と
工期の短縮可能である事
と書いてあるんです
いやいや~
4メートル以上の工作物
建築で言うと
工作物っていう種類になると
思うんですけれども
広告塔は高さ4メートルを超えたら
4メートルだったと思うんですけど
間違ってたらごめんなさい
4メートル越えたら
確認申請 
工作物の確認申請が
必要なはずです
ですからちゃんとした
公的な資料として残ってるはずですし
あれぐらい大きな広告塔ならば
ちゃんと図面を残しておくのが
当たり前です
絶対に図面は残ってるはず
家でも20年前の確認申請とか
図面が無いのは
考えられ無いじゃないですか?
それをこの舞鶴市は
図面がないと言うのは
そもそも、これがおかしな話です
図面が無いから
当時、施工した業者に
頼んだと言うのなら
その施工した業者から
図面をもらえという話
設計事務所も絶対にあるはずなので
設計事務所も図面を持ってるはずやし
20年前なら
CADデーターになっており
データーくらいは
残ってるはずですから
だから
図面が無いという理由は
そもそもおかしい
4m超え工作物なので絶対に
確認申請をやってるはずなので
図面を無くしたっていうのは
またそれはそれで処分の対象に
なると思います
色々おかしい訳ですよ
この案件が
私のところに調査願いが来る
これはおかしいから
調査してくださいと
依頼があるのは当然なんですね
僕が今、データーとして出しているのは
ここまでの事です
見積内容がおかしい事と
経緯がおかしい事
これがごく当たり前に
舞鶴で行なわれてる
入札や見積だというのなら
そうなのかな?
と思うしかないですけれども
元々、設計事務所で働いていて
普通の般市民感覚としては
これはおかしいんじゃないかな?
っていう風に思います
最後に
こんな事は言いたくないんですよ
ほんまに言うのか?
言わないのか?
すごく悩んだんですけれども・・
この支出を決めた
この事業を企画した人と
この事業者
広告撤去した事業者は
めちゃくちゃ仲いいです
公私ともお付き合いがある
担当者と事業者がこれを決めた
そこは
間違い無いです
言い逃れは出来ない
不正をしてるって言ってる
訳じゃないんですよ
公私とも仲が良い
担当者と事業者
その間で随意契約工事の
発注をするっていうのは
僕は公務員としていかがなものか?
と思います
これは会社でも
僕が部下がこういう発注をしてたら
それどうやねん?
と思います
特に行政なのでこのような発注をする
あからさまに
私的な付き合いもある
二人が工事の発注をする
しかも税金で実施するのはどうなん?
僕もね
会社、企業の立場として言うと
企業の営業努力っていうのは
それはもちろんあると思います
でもですね
企業はいろんな手を替え
品を変えて
仕事を発注してもらいたい
企業はやると思います
でも行政側
発注する側は
そこは一線引いて
この人とは近いので
他の担当者に仕事を投げるとかね
他の部署に任せるとか
絶対あると思うんですよ
あまりにも仲良い人と直接
やり取りをしてしまうと
発注のやり取りをしてしまうと
自分が不正をしていると思われたら
嫌じゃないですか?
だからそこは別の担当者に
任せるだとか
そういった事を
しなきゃいけないんですけれども
それができてない
これは大問題
だと思います
工事された事業者も
担当者を私がよく知る人なんで
不正があったとは思いたくは無いです
けれども
知らん人から見たら
これは完全に癒着だと伺われても
それは仕方がないと思います
そういう
疑いのある行為に
なってくると思います
あとは
随意契約を今後
問題にしていきたい
と思っています
この発注した担当者の方は
一般職なんですよ
普通の職員さん
建築の能力など
見積を
調べたりとか
工事の内容が
分かるような人では無い
それは一般職の人たちなんで
専門知識が無いのにもかかわらず
300万近くの工事を発注して見積とか
工事の説明されて理解できるのか?
と言われたら僕は
理解できないと思います
非常に
優秀な職員さんですので
一生懸命勉強されると思いますけど
やっぱり一定規模の工事
特に建築工事とか
工作物の工事に関しては
やっぱり専門の担当部署に
仕事を投げなきゃいけないと思います
それは見積金額が
300万円、うんぬんは抜きにしてです
そうじゃないと
また後で
問題が発生する場合が出てきます
特にあのFM舞鶴電波塔事件も
普通の一般職の人たちが
見積見て
発注してる
みたいだったんですけれども
役所内の細かいことは
分かんないですけど
役所内で専門家が
チェックしてるのか?
それはわかりませんは
少なくともですね
工事の発注に関しては
公平な
競争のもとで
専門知識を持った職員が発注する
こういう不公平な
あからさまに・・・
僕が見てもこれは
不公平だと思いますね
見積内容がおかしい
こんな事がまかり通っているんですよ
舞鶴市はこの随意契約の中で
通常の
競争入札ならば
それは沢山の目があるから
そうそう簡単に不正は
できないと思いますけれども
随意契約に至っては
担当者と数人の上司決済で
決裁されたら
実行される随意契約
これはどうなん?
僕思うんですよね
こういった舞鶴市の内部体制が
今の変なこの
舞鶴市を生んでるだと思います
今回は
この書類から読み取れることを
僕が述べてるだけで
確証があるというわけではないです
ですので
皆さんにこの資料を読んで頂いて
どう思うか?
皆さんの考えをお聞かせ
願いたいです
特に建築工事に精通した人たちの
知恵を借りたいと思っています
これが当たり前のことなのか?
おかしい事なのか僕にはわからない
今の僕にはわからないですが
僕的にはこれはアウトやと思います
ただし
その業界の常識と
いうものもありますから
そこまでは僕は
踏み込めないです

今回は私の手には負えない物件なんで
皆さんの知恵を
貸していただきたいです!
問題点を整理します
無理やり指名入札にならないように
工事内容を300万円以下にするよう
工事内容を下げたのではないか?
もしくは分離発注を
してるんではないか?
という疑惑があります
本来、含まれるべき工事
アスファルト工事とフェンスの工事
車関連
必要な工事車両の価格が
見積に含まれてない事
産業廃棄物の処分が
どういう風になってるのか
分からない
特に売却収入が見込まれる
鉄くずの処分も
どうなってるいるのか
ここも分からない

見積~随意契約に至った経過に
いろんな不思議な点が
沢山ある
特に担当者と
工事業者が近しい人だった点は
大きい思ってます
過去の経過も含めておかしいです
建築工事図面が
無いという事実も
問題外、図面は
探せば出てくるはずですので
他の事業者でも
工事はできるはず
図面が無いとしても
改修工事なら
図面が無いと工事は出来ませんが
撤去に詳細図面は無くても撤去は可能

細かい寸法まで分からなくても
大体で目視でも
数量の拾い出しは出来ます
処分費の細かい部分まで
見積が必要なら別ですが
図面がなくても
撤去工事は目視や
メジャーで計測しても可能だと思います
改修工事
リフォームの場合は図面必要ですが
撤去する場合に
細かい数字まで拾い出しする
必要は無いので
設置した業者で無くても
十分に撤去工事は可能だと
僕は思います
そういった事を合わせて考えると
とれとれセンターのサイン塔
撤去工事は怪しい
と私は思ってます
すいませんが皆さんの知恵で
私に教えてください
よろしくお願いします
私の知恵だけでは
判断できません
今回は市民の皆さんの
力を借りたいと思ってます
よろしくお願いします
概要欄に
資料を貼り付けておきます
問い合わせフォーム
意見を書く欄もあります
クリックして書いてください
You Tubeのコメント欄に
書いてもらっても結構です
よろしくお願いします

エリート意識をぶち壊せ!行政改革と公務員改革で豊かな舞鶴市を作ります 2023年舞鶴市長選挙 選挙公約3 森本たかし

2023年2月の舞鶴市長選挙にむけての選挙公約 第三弾を公表します
多々見市政と比較してみました

多々見市政
市民よりも市長の顔色を伺いながら仕事をする公務員
どれだけ悪事を重ねても市長の指示なら犯罪犯しても大失敗しても守ってもらえる 悪徳公務員パラダイス
市長の命令だけを実行すれば出世できる舞鶴市役所

森本市政
市長よりも市民をみて政策を実行する公務員
悪・即・斬 悪事を働く公務員は全力で排除
悪徳公務員は全市民に向けて公表して同じことが発生しないように反面教師として役立てます。
ボトムアップで職員のアイデイアを実現できるように総出で頑張ります。

動画テキスト全文

おはようございます
やばいぜ舞鶴
森本隆ならこう変える
今日は2022年5月10日 火曜日です
よろしくお願いします
今回はですね
公務員改革について
公務員改革について
お話ししたいと思います
私が市長になればですね
公務員は死ぬ気で働け
市民のために必死で働けと
鞭を振ると
お思いの方いらっしゃると
思いますけれども
それは
間違いです
私は市民にはもちろん
優しいですけれども
同じ職場で働く同僚の職員
市長になったら
部下になると思いますけれども
部下に対しても
優しい舞鶴市役所を目指す
ということを
お話ししたいと思います
はい
僕が市長になれば
舞鶴市役所で働く
職員さんの労働環境は
めっちゃくちゃ良くなります
財政難なんで
幹部職員の
給料は多少は
下がるかもしれませんけれども
労働時間は
大幅削減
ジェンダー平等や
育休の促進など
舞鶴で働く企業の見本となる
労働環境を目指します
舞鶴市の企業の見本となる
労働環境を目指します
特に問題なのは
市役所内の非正規
有期契約、一年契約の職員さんたち
45歳以下の若手職員さん
教職員(学校の先生)なども
大きく待遇アップを図りたい
と思っております
今回はですね
働く人に優しい舞鶴市を目指した
公務員改革のお話をさせて頂きます
初めに
二つのおもしろい記事が
ありました
一つはこれ
共産党の4月の新聞
折込に入ってたやつです
共産党の代表質問が記載しています
僕は
ありとあらゆる資料を読み込んで
舞鶴市の事は全部チェックしてるんで
新聞折込に入ってる
議員団の報告なども
全部、隅から隅を読んでおります
今回は共産党の広告に面白いことが
書いてありました
これは
石束市議の代表質問なんですけれども
多々見市長は株式会社舞鶴市役所
儲かる自体を目標にしていますが
どういう意味ですか?
という質問に対して
多々見市長は
株式会社 舞鶴市役所
儲かる自治体を
目標としてるのですか?
石束市議の質問に対してですね
市長はこれは
民間企業のコスト意識と
スピード感を取り入れて
行政改革を実行していきたいという
答弁でした

石塚議員は株式会社 舞鶴市役所って
なんなんですか?と質問したら
多々見市長は
民間企業のコスト意識と
スピード感を取り入れて
行政改革を実行していきたい
という意味だと
言われたわけです
2つ目がこれ
読売新聞の5月2日の記事
進む北部連携
圏域で機能維持を目指す
という記事です
5市2町
舞鶴・福知山・宮津・綾部
京丹後市・与謝野町・伊根町の事です
5市2町が
これからは人口減少が進んでいくから
一つの自治体では
インフラの維持が難しくなってくる
そのために5市2町で協力して
協議会を発足して
選択と集中
分担と連携をキーワードに
相互補完型の連携を目指すという
取り組みの新聞記事です
今後は
特に土木関係
建築分野の技術系職員
行政の技術系職員が不足して
公共設備のインフラ維持が困難になる
という見通しだそうです
多々見市長は
この協議会の会長をされており
一つの自治体では難しくても
園域で20万人都市の機能維持を目指す
そのためにも
一層の連携を進めたい
と語っています
この株式会社 舞鶴市役所と
儲かる自治体の話
5市2町で連携して
公共設備、インフラの維持を
図るという内容
どちらも
多々見市長の話なんですけれども
もっともらしく聞こえますよね
でもね・・・よく考えると
無茶苦茶と思いません?
民間企業のコスト意識と
スピード感を取り入れてですね
行政改革を実行するんやけれども
インフラの維持は無理なんで
他の市町村と連携して対処すると
多々見市長は言うてるんですよ
これおかしいと思いません?
なんかこれ聞いたことないですかね
舞鶴市民の皆さん
覚えがあるでしょう?
医療問題
私は医者だから
医療のことはよく知っている
リーダーシップを発揮して
舞鶴の医療を充実させる
医者は私のコネクションで
沢山呼んでくる
医者を誘致してくれると
言うてたんですけれども
最近は他の市町村に
お医者さんがいるので
舞鶴の医者は増やさなくても良い
他の市町村と連携して
医療体制は確保できるから
今は舞鶴の医療体制は
このままで良いと言っています
これと一緒なんですよ
他の市町村と連携するという事で
舞鶴の医療崩壊を
多々見市長はごまかしています
他市町村と連携する
めっちゃ便利な言葉ですよね
これほんまにね
医療崩壊と一緒で
舞鶴市の土木や建設関係の技術職員が
不足している事で今後の
公共設備のインフラ維持が困難な
問題をですね
他の市町村と連携する建前で
誤魔化すことが出来るんです
みんなで一緒に協力やってくやるから
舞鶴だけで頑張らんでもいいですよ
と言ってる
これは誤魔化しなんですよ
医療問題で
ほんまに一回、崩壊させてますからね
前例があるんですよ
崩壊させた前例があることを
もう一回やろうとしている
多々見市長が医療崩壊させた次に
狙ってるのは
舞鶴の公共施設、インフラの崩壊
間違いないです
多々見市長は舞鶴の公共施設
インフラを崩壊させるつもりで
やってるんだと
私は確信しております
株式会社 舞鶴市役所なら
不採算部門は切り捨て
リストラして
本体だけは助かるかも
しれませんけれども
舞鶴市は自治体なんですよ
株式会社じゃなくて自治体なんです
自治体は不採算部門を切り捨てたり
リストラもできないです
私はね
自治体は自治体で良いと思うんです
別に株式会社にする必要もないです
自治体はお金を稼ぐ必要もないし
企業と同じことをする必要もないし
企業の真似をする必要もないのです
自治体には自治体の良さが
絶対にあるんですよね
はっきり言います
公務員という職種は
世の中で
一番、商売が下手な職種
商売に手を出しては
いけない職種だと思うんです
私は沢山の
行政職員とも
話してきましたけれども
たくさんの人と話しましたけれども
はっきり言って
頭が切れる人なんて
いないです!
クリエイティブな人も
そんな人はいない
エース級と言われる
上位層の役人ですら
私からすると大概の人たちばかりです
今は
地方創生という言葉で
地方創生という言葉と
長らく不況が続いており
公務員という職種はすごく
人気です
人気職種になったことでですね
はっきり言って
自分たちがエリートだと
勘違いしている市職員は
すごく多いと思います
ごめんなさいね
こんなこと言ったら
あれだけど
僕が今49歳なんですけれども
ちょうどバブルが崩壊して
就職氷河期の最初の方なんですよ
僕以降の人達は
それなりに
公務員の競争倍率が増えて
人気になってから
入社した、それなりの人が
入ってますけれども
僕より前の世代
特にバブル期に行政職員
特に地方公務員に
なったような人たちはですね
はっきり言って
どうしようもない
人たちが公務員になってるんです
何も勉強してない人たちが
公務員になってるんですよ
こんなこと言ったら
悪いかもしれませんけれども
今、はっきり言って
舞鶴市役所の上の方
幹部クラスの人たちは
勉強せんと
何にもせんと
遊びほうけて
どうしようもなく
就職先がなく
地方公務員になった人たちが
幹部になっています
ごめんなさいね
ちゃんと頑張った人たち・・・
でも私のイメージでは
そういうイメージなんです
そんな人達が
エリートと言われて
勘違いしてるんですよね
これは個人の
技能と言うよりは
組織として
商売だとか
クリエイティブな仕事には
向いてない
と私は思っております
だから観光誘致や
商品開発(地方の名産を開発する)
だとか
地域の魅力発信とか
イベントなど
こういった華やかな仕事は
民間に任せて
舞鶴市の職員は
民間ができない
本当に地道で光が
当たらないんですけれども
大切な仕事は沢山あります
それをコツコツ
やる事
その事にもっと
誇りをもって真剣に
取り組んでもらいたい
と私は思ってるんですよ
バカにしてるんじゃないですよ
沢山の仕事がある中で
今の舞鶴市役所は華やかな仕事
広報や観光ばかりが
注目されております
赤れんがパークの
件になりますけれども
再開発も
官民連携と言うておりますけれども
これは昔
5年ぐらい前から
公務員がずっと
仕組んでることなんですよ
ビアガーデンや
サウナの話も
ほんまに
今のウッデイハウスが実施する事業
さも自分のところで考えた
みたいに言ってますけれども
前からサウナとかスパ
温泉を作ろうとかそんな話は
昔からあるんですよ
結局それをですね
公務員がコントロールして
民間がやったように
見せかけてるだけなんです
だから絶対に成功しないです
舞鶴の官民連携は
完全に官が主導で
民間は手駒なんですよ
民間にはやらしてるだけ
実行させてるだけ
考えているのは官がやってるんです
面倒臭いとこだけ全部
民間に投げてるっていう
ただそれだけ
公務員は
こういう仕事
収益が発生する事や
儲ける仕事
クリエイティブな仕事には
絶対に向いてない
私はこれ断言します
公務員が真価を発揮できる仕事は
ほんまにこれ
地道にコツコツ
コツコツ 無くなって
初めて大切だと
わかるような
そんな仕事だと
私は思っております
あって当たり前の
町の機能を
維持し続ける事が
公務員の仕事だと
私は思っております
インフラの維持も
本来の業務なんですよ
公務員のメイン業務は
公務員のメイン業務は
観光では無いんです
インフラ整備や社会保障
福祉や
教育、あと大事なのは
除雪の手配とか
そういった事
ほんまに目立たないですけれども
あって当たり前の仕事がですね
本来の業務なんです
これを僕は
ほんまに素晴らしい仕事だと
思ってるんですよ
地道にこつこつ
目立たない所で一生懸命働く
これほんまに
すごく良い仕事だと
僕は思っております
私は若手時代
二十代の頃にはですね
設計事務所で働いてました
たくさんの公務員さんと
お付き合いさせてもらいました
確認申請や
都市開発
様々なん開発案件で
役所をずっと周り
許認可をとるために
役所の人たちと
いろんなお話を
重ねてきましたけれども
その中には
ほんまに地道にこつこつ
地元の人
現地の人のことを考えてですね
一生懸命に市民に尽くす
行政職員さんを
沢山見てきました
私はほんまに
公務員さんから教わった事は
すごく多いです
だからこそ
あえて言わせてもらいます
公務員の本来の業務に立ち返って
もっと
自分たちの仕事に誇りを持って
仕事をやってほしいと
私は思っております
公務員の仕事は
地味で目立たないですけれども
ほんまに素晴らしい仕事だと
私は思っていますので
そういった事が胸張って言える
舞鶴市役所にしたいと
私は思ってるんですよ
じゃあ具体的にはどうするか?
という話ですね
まずは
ほんまに必要なのは意識改革です
自分たちがエリートだと勘違いしてる
公務員が増えております
はっきり言いますが、それ違います
公務員は公僕です
公僕は公衆に奉仕するべきもの
公衆に奉仕する人たちなんですよ
それとあとね
大切な税金を使ってるっていう感覚が
これも非常に薄い
意識が薄い
だからエリート意識と
税金を使う
意識が低いから
業務で自分の仕事が
失敗してですね
多くの損失を与えたあの
電波が届かない電波塔
FMまいづる電波塔事件の
担当公務員が逆ギレしてですね
事件を公表した新聞社を
襲撃したりするんですよ
そんな事が起こってるんですよ
自分たちがエリートだと
勘違いしてるから
俺たちがやってることを
邪魔するなと思って
失敗した事実を報道した
マスコミを叩いたりするんですよね
工事発注ミスを
さらなる架空発注で誤魔化して
詐欺を働いた職員もいます
これは
西舞鶴駅の詐欺事件です
そんな
公務員が増えてるんですよ
でもね
ほんまにあかんのは
犯罪行為を受け入れてですね
不正を働いた職員と一緒になって
誤魔化して隠蔽した
多々見市長もどうにかしてると
思うんですけれども
それもあるんやけど
それを受け入れる舞鶴市職員
団体としての職員も
これはおかしいですよ
これ狂ってますよ
こんな事が発生したら
自浄作用で内部から
「おかしいです」と
職員グループが内部で訴えないと
あかんねんけども
市の職員は黙って、
皆が見て見ぬふりを
やってる・・・これはね
ほんまに私は
こういう問題をずっと発信していて
よく分かるんですけれども
公務員は
失敗を認めてはならない
そんな風潮が
根本にあるのではないかと
思っております
ですからそれを引っ繰り返すために
過去20年間の失敗
舞鶴市の全ての失敗や
事件、事故を
包み隠さずに舞鶴市民に公表します

市役所の失敗を市民に知らしめます
この失敗
市役所の同僚同士ででも
知らない失敗は
沢山あると思います
舞鶴市の職員は
20年間の過去の失敗を
全部、頭に入れて
反面教師として
こんな事をしちゃ
いけないんだっていう事を
学び取って

一旦、エリート意識を
改めてほしいと思います
自分たちをエリートだと
思ってるかもしれませんけれども
実際、たくさんの隠された失敗が
沢山有ることを舞鶴市の職員さんに
知ってもらいたいと思います
一回、反省してそこから
新規でやり直す為に
一回全部を潰しましょう
一旦、全部の悪事を
全部、白状しましょう
ばらしましょう
そして反省した上で
一回、やり直さなきゃいけないですね
誤魔化した上で更に誤魔化し
続けるのは絶対に駄目
一回、全部
ありとあらゆる
失敗を反省して公表して
市民に知らしめて
自分たちも反省しましょう
それがまず大事です

一回、恥をかいて
一旦リセットしてですね
そこから舞鶴市役所を
ナンバーワンの職場にしましょうよ
舞鶴で一番
ナンバーワンの素晴らしい職場に
変えていきたいと
私は思っております
舞鶴の企業の
見本になる職場に
したい思っております
私が今から考えてる事
話します
これは私が
実際に市の職員さんからも聞いてる
要望も含まれております
まずですね
待遇改善なんですけれども
行政職員さんの待遇って
めちゃくちゃ良さそうですけれども
実はそうじゃなくて非正規
定期雇用、一年契約の職員さんが
たくさんいます
その方たちの待遇は
めっちゃ悪いです
特に私が酷いと思ったのはですね
一年契約の職員さんは
三月の末ぐらいまでに
ならないと
次の4月以降に
働けるかどうか分かんないですよ
あり得ますか?
それはないでしょう~
せめて3~4ヶ月くらい前には
次、また4月から働ける
働いてもらいたいと契約職員には
はっきり伝えてあげないと
あかんと思います
三月ぐらいになって
ドキドキドキドキ
もう一年間、働けるんだろうか?
どうだろうか?
そんな心配をしております
これは舞鶴市の仕事を請け負っている
他の団体の職員さんも
そうなんですけれども
結局、予算がつくか?つかないか?
の話なんですけれども

そんなもん
十二月ぐらいには
次の予算を申請するか?
しないかは分かってる事なので
あらかじめ、
ある程度は教えてあげても
良いと思うんですよ
そういった事
何ていうのかな
次回も同じ職場で働ける働かれへん
という事を
なんていうか
武器にして
私からすると
定期雇用や期間雇用の職員を
牛耳ってる?
支配してるとしか、私には思えない
そういった事
そういったシステムをですね
可能な限り
改めていきたいと思っております
だって3月になってから
4月以降も働けるかどうか?
心配するなんて凄く嫌でしょ
それをまずは
改めてあげないといけない
と思っております
今、普通にですね
人事評価の改正します
もう完全に今は
完全に成果主義になってると
中の人からは聞いております
ですが私が目指すのは
ほんまに地道にコツコツ
コツコツした仕事ですので
地道にこつこつしてる
仕事はやって当たり前なので
なかなか評価されづらいと思います
そういった評価する制度を
改めてですね
派手なことをする職員ではなくて

ちゃんと地道にこつこつ
頑張ってる職員さんを
評価できる評価制度に変えていく
っていうのと
あとは
上司の命令は
絶対的なイメージが
あるんですけれども
やっぱりね
今は、そんな時代じゃないので
ちゃんと上司に意見を言える
職場環境を作って
いかないといけない
今は市民を見ずに
多々見市長を向いて仕事をしていると
これは舞鶴市の職員
沢山の証言があります
市民じゃなくて市長を見て
今、仕事をしてるのです
それをちゃんと
市民を見るように
仕事を変えていくと
そういった事ができてない
上司にも、ちゃんと部下から
意見を言えるように
ちゃんと相互で両方とも
やり取りしてね
良い職場を作っていきましょう
上司も部下も一緒になって
舞鶴市民の方向を向いて
市長じゃないですよ
僕の方向は見なくていいので
市民の方向を向いて仕事をして
もらいたいと思っております
そういった事が
できるようにしましょう
俺の方は向かなくていいから
市民を向いて仕事をしろ
これは声を大にして言いますよ
あとは普通ですけれども
育休を取りやすくする
これは特に男性職員ですよね
男性職員も子育てに
参加しましょ
子育てに参加しない男なんで
これからはあかんですよ!
そんな社会の事が
何にも分かっていないのに
仕事をバリバリバリバリ
やってると言って
育児を疎かにするような
男子は、これからはあかんです
僕もかなり
子供育てには一所懸命
参加してます
子供のご飯作ったりしてます
それでも
まだまだだと奥さんには
言われますけれども・・・・
子育てに参加する男性を増やす
男性の育休を増やす
もちろん女性の育休は
当然取ってもらう
あとは
ジェンダーレス職員の登用や
女性活用も
当然やらなきゃいけないことです
流行り廃りで言えば
流行りではありますけれども
やって当たり前の社会なんで
そういった事は当然、
ちゃんとやって行きます

女性管理職の登用は絶対に
五十パーセント以上に
した方が良いと思います

世の中は男女平等
男性がどうこうとか
女性がどうこうって
言うのではなく
普通に、ごく当たり前に
半々ぐらいにならなきゃいけないと
私は思っております

次に働き方改革になりますけれども
これは労働時間の削減を
大きな部分で絞り込んで
お話ししますけれども
その先に述べたように
技術職員増加は絶対に必要です
でも、なかなか技術職員の
なり手がいないと
言いますけれども
舞鶴には舞鶴高専がありますやん
だから高専生時代から
囲い込みをして
舞鶴市役所に
ルートをちゃんと敷いて
技術職員を徹底的に増加しましょう
あとはですね
一般職員の技術職化
専門職化には
取り組んでいきたいと
思っております
それをするには
学び直しや
資格取得へのサポートも
大事ですし
1~2年で
部署が変わるということも
改めてですね
できる限り異動を減らし
専門職化していく事が
大事だと思います
業務に特化した人材を育てる
事がすごく大事で
私が
20代の頃に
大和ハウスさんの仕事を
してたんですけれども
大和ハウスさんはその当時
営業職を設計の技術職が
営業に取り変わる仕組みにする
という風に
僕が20代
20数年前の話なんですけれども
その時の担当の人から
色々教えてもらいました
その時は設計やってるのに
営業に行かされるのは嫌だな~
と思ってたんですけれども
今、私がこの年になって思うのは
僕は実際に技術系の
人間だったんですが
今は社長として
営業をやっています
やっぱり技術が分かっている
人間が営業する事は
もうめちゃくちゃ良いんです
もう凄い だって
技術が分かってる人間が直接
お客さんと話をする事は
凄く営業がしやすい
結局
舞鶴市の行政職員も一緒で
それなりの技術を持った人間が
色んな事をやっていくのが
ほんまに凄く大事な事なんです
それができれば
市民生活が本当に良くなる
と思ってます
普通に文系で入社した人も
技術系を目指してもらい
出来る出来へん
適合する、適合しないという
事はあると思いますけれども
基本的には皆さん
技術を持った人間に
変わっていってもらう
これを実施したいです
そのためのサポート
資格への補助は
徹底的にやっていかなきゃいけない
と思っております
どうしても、汎用職
一般職が良い
という職員もいらっしゃると
思いますけれども
そういった人たちは
一般職に関しては完全な
マニュアル化を図り
誰でもできる仕事に変えていく
業務を簡略化して
単純化してですね
色んな仕事を複数
出来るように変えていく
そういった制度を作る
ということが必要だと思ってます
そういった職種(一般職)
に関してはですね
AI化もしやすいと思っています
AI化やICT導入関してはですね
なんかね
システムを導入したら
仕事がすぐに自動化出来ると
思われて方はいらっしゃると
思いますけれども
やる前にIT化 AIの
導入の前にやらなきゃ
いけない事があります
まずですね
仕事を減らさなきゃいけないんですよ
仕事を減らして効率化してから
さらにAIを使って
更にスピードを加速させるとか
自動化する事にしないと
複雑な仕事のままAIを
導入しても
多くの仕事は処理できないです
仕事を単純化して簡単にしてから
AI化を進めていく
具体的に言うと
一文字でも文字数減らすとかで
一項目でも記入欄を減らすなど
不要な作業を
どんどんどんどん
絞り込んでいって単純にして
仕様書など
書類なども
全部をマニュアル化
テンプレート化にしてから
そこから更にAIやICT導入で
さらに業務を削減する
っていう事が大事なんで
AI導入したから
仕事が簡単になるとか
そんなんでは無いですからね
今の市役所の体制のまま
AI導入したら
仕事は余計に増えて
煩雑になります
そういったことを
まず、やっていかなきゃいけない

あとは単純に
会議を減らすだとか
今の舞鶴市の仕事を見てると
自分の評価アップのための仕事
仕事のための仕事が
凄く多いように感じております
そういった無駄な仕事も
削減していきたい
そんなのが大体、大雑把な
仕事なんですけれども
あとは
給料体系の見直し
これやらないと
いけないですよ
これは一回ね
ほんまに気合いいれて
やんないとですね
若手職員の皆さん
絶対に損しますよ
今の舞鶴市を散々
ボロカスにした人達は
高い給料のまま
抜けていくんです
そのしわ寄せが全部
若手の職員や
市民に来る訳です
だから、やり逃げするような
職員をとどめて
そこから給料削減を実施して
今の若手、頑張ってる若手がですね
損をしない給与体系構築は
今からすぐにやっていかないと
若ければ若いほど
しわ寄せがいきます
若手職員さんと
中堅職員もなんとか
救いたいと思ってます
僕は給料なんか下げたくないのです
でもやっぱり
そのなんていうか
舞鶴の財政を無茶苦茶にしといて
やり逃げする人間を止めて
そいつらから搾り取って
今、頑張っている人たちの
待遇が下がらないようにしていきたい
と私は思っております

特に
若い人の給料や非正規
有期契約の職員さんたち
そういった職員さん達
一生懸命に頑張って
現場で頑張ってる職員さんたちの待遇
僕はそっちの方を良くしていきたいと
思っております
将来的にはですね
舞鶴市役所を
舞鶴市内の優良企業並みの待遇
絶対にここは
確保していきたいと思います
舞鶴市役所では
舞鶴市内の優良企業並みの待遇を
必ず確保する
その部分は
約束していきたいと思っております
待遇を下げたら
単純に
予算が削減できますが
それはちょっと違うと思います
待遇も維持しつつ
支出も減らしていく
全部を良くする事は絶対に出来る
と思ってます
皆さん、舞鶴市民と行政職員の皆さん
ご協力お願いいたします
但し・・・・
不正に対しては
厳罰化をやっていきます
不正行為は許しません
僕は詐欺する職員は
速攻で警察に引き渡します
過去にやった人たちも一緒です
特に不正は
僕は絶対にあっては
ならないことだと思ってるし
そんな不正をしてですね
市民生活が良くなると
私は全く思ってません
そんな感じで
行政改革やっていきたいと
思っております
舞鶴市役所にお勤めの皆さん
ご意見があったらください
私が一人でやっていく
つもりではありません
皆さんの意見を聞いてですね
行政改革をやっていきますので
ちゃんと意見を取り入れて
舞鶴市を一緒に
良くしていきましょう
僕は行政の仕事を
リスペクトしてます
一緒に頑張って
特に若手の人達は
頑張っていきましょう
よろしくお願いします

【裏話】多々見市長が誘致したバイオマス発電 経営不振で破綻が続出しています

今、日本の各地でバイオマス発電事業が破綻しています。
原材料の高騰による経営不振と輸入材料の供給不足が主な要因です。
舞鶴のパーム油発電問題のときにも私達市民と環境NGOは繰り返し事業計画の脆弱性と 国際的な規制等を多々見市長と堤副市長に訴えていましたが相手にもされずに私達は嘘つき呼ばわりされてきました。
ですが今の日本のバイオマス発電の現状は私達の予想通りとなっています。
先見性がまったく無く、市民や専門家の意見すら聞くことがない多々見良三市長 あの時、市長の思惑通りに舞鶴にパーム油火力発電が建設されていたら今頃は巨大廃墟のまま延々と放置され続ける発電施設だけが残ったのは間違いないです。

資本金1万円の企業が資本金1万円負債総額は60億円ものバイオマス発電事業を破綻させたニュース
https://maonline.jp/articles/tsr0384-biomass-project?fbclid=IwAR3AfW209yx-N74Xcgc9zpuBymgrTLgL7Hu6zTyxmKfdLsz8j05c1D0PoIw

舞鶴のパーム油火力発電問題は舞鶴西地区の環境を考える会のホームページで見ることが出来ます。 現在の記事の多くは石巻と田川市になっていますが過去記事は舞鶴です https://maizuru-palm.org/

田川バイオマス発電所反対運動オンライン勉強会 2022年5月1日開催

勝てる反対運動の法則 地域の力で行政・大企業主導のパーム油発電を阻止 講師 舞鶴西地区の環境を考える会 代表 森本たかし 田川バイオマス発電所反対運動オンライン勉強会1
事業者と行政に騙された地元住民の苦悩 三恵バイオマス発電の深刻な公害被害 講師 三恵パーム油バイオマス発電所 公害問題被害者の会 代表 三谷義臣さん 田川バイオマス発電所反対運動オンライン勉強会2
地域と地球の環境を守るために コミニテイパワーの三原則 講師 環境NGO  ウータン・森と生活を考える会 事務局長 石崎雄一郎 田川バイオマス発電所反対運動オンライン勉強会3
田川の環境を守るための秘策を教えます 反対運動Q&A 田川バイオマス発電所反対運動オンライン勉強会4

福岡県田川市に南国殖産の子会社によるバイオマス発電所が計画されています。
木質材を用いたバイオマス発電所ですが住宅街に近いため、住民からは排気ガスによる健康被害の懸念と、通学路と多量の発電用木材を運ぶ運搬車の経路が重なるための重大事故の懸念、水害のおそれがある河川沿いに建設するための水害時の二次被害が住民からは心配の声が多数上がっています。
本来ならば住民説明を徹底した上で合意の上での建設が進められるべき、バイオマス発電所ですが住民側の納得の行く形での説明は未だ行われていません。
また田川市会議員の調査により、田川市長 二場公人(ふたばきみと)が地元住民、議会への説明をすること無く事業者側と秘密裏に協定を結んだことが発覚しました。
これを私達、バイオマスチャンネルを運営する市民団体と環境NGOは重大事件と認定しました。 バイオマス発電に関しては賛美両論あり、住民との真摯な対話が求められるはずですが、住民不在の状況で市長と事業者が発電所建設の為の協定を結ぶのは前代未聞、言語道断の出来事です。
緊急に地元住民と連絡を取り、バイオマスチャンネル有志一同にて田川バイオマス発電所反対運動オンライン勉強会を開催させていただきました。
2022年5月1日 バイオマスチャンネル 森本隆
発電所の概要 発電事業者︓田川バイオマスエネルギー㈱(南国殖産㈱100%出資)
設 計 施 ⼯︓㈱コスモテック
資 材 調 達︓加賀デバイス㈱/イナジージャパン㈱
事 業 費︓約 27 億円
事 業 場 所︓福岡県田川市⼤字糒 751-1 他
発 電 規 模︓1,999kW(発電端)
年間発電量︓1,5992,000kWh ※4 使⽤量換算︓3,520 世帯/年
※5 使 ⽤ 燃 料︓林地残材(国産材 100%) 発 電 方 式︓ランキンサイクル発電方式のうち、ORC 発電方式を採⽤