舞鶴市が税金1億1323万円を投入した企業で娘がコンサート開催した 川端 常太 市長公室長の裏仕事

多々見市長をも操ると言われる男 川端 常太 市長公室長 舞鶴市役所の職員からは闇将軍と呼ばれ恐れられる川端 常太が溺愛する娘 川端慶子
ピアノデュオ【DuoK&R】のピアニストでもあります。
愛する娘のために舞鶴市役所TOPの権力を駆使して娘のためにコンサートを開催させるために おこなった市長公室長のお仕事を暴露します。

やばいぜ舞鶴

森本隆ならこう変える
今日は2022年6月28日です
ちょっとテンション違うんですが
掛け声が必要かなと思い
すいません
見てる方
僕がやばいぜ って言ったら
舞鶴って言うたってください
これからは掛け声することにしました
来週には忘れてるかも
しれませんけれども
そんな感じで進めたいと思います
前回の川端 常太 市長公室長
闇将軍の話ですね
かなり反響がありましてですね
放送後に色んな意見
こんな事がある
あんな事がある
いろいろ教えてもらってます
思った以上に大反響で
叩いたら埃が出ると言うより
ボコボコボコボコ
今は吹き出してるてる状態なんですね
今回は別内容の放送を
予定してたんですけれども
今回は急遽、川端 常太 市長公室長の
特集を組みたいと思います
いろいろ出てきすぎてですね
もうほんまに笑らけてくる
こんなに問題あったんやと思って
言うてみるもんですよね
いろんな人からよくやったと!
彼奴はほんまに悪いやつだから
なんとかしてくれ
励ましと応援の電話
メールフォームからも
沢山メールもらっています
反応すごいすね~大反響
やっぱり市民の皆さん
見てるんやね

You Tubeで放映してすぐなんで
寄せられた情報の全部の裏取りは
できてないんですけれども
今、分かってる内容だけでも
皆さんにお伝えしていきたいな
と思って今回
急遽 闇将軍
川端 常太 市長公室長 特集
いきましょか~
やばいぜ~ 舞鶴~
そんな感じでお願いします

まず質問 
問い合わせがありました
川端 常太 市長公室長に歯向かい
飛ばされた方は
男性ですか?
女性の方ですか?
そういう問い合わせが
あったんですけども
女性の方です
女性の舞鶴市職員さんが
川端 常太 市長公室長に逆らって
飛ばされた
立派な勇敢な女性なんです
ほんまにそういった職員さん
皆さん頑張ってください
応援します
もちろんタレコミ情報をこっそり
教えてくださったら
めっちゃありがたいです
名前とか出しません
匿名で可能です
よろしくお願いします
川端 常太 市長公室長に
逆らったのは女性の方で
閑職に飛ばされました
私が
川端 常太 市長公室長の
娘さん川端慶子さんの学校を
国立音楽大学と説明しましたけども
こくりつでは無く
「くにたち」と呼ぶそうです
くにたち音楽大学という
私立の音楽大学です
紛らわしい 国立(こくりつ)
と書いて
国立(くにたち)と呼ぶ
私立の音楽大学
名門と言われる音楽大学で
なんと年間の授業料は200万円以上
やっぱりね
特別レッスンみたいな講習も
たくさん受講しないといけないので
ほんとに
大学の四年間で
1000万円を超えるぐらいの
授業料が必要
あとは
音楽大学でピアノやってるとなると
防音マンションにも
入れなきゃいけないし
でっかいピアノ(グランドピアノ)
自宅に必要なのでピアノ購入も必要
だから凄い高いお金が
必要なんですって
私立の音楽大学に行こうと思ったら
だから
辞められへんのですわ~
多々見市長の配下として
いろんな事をする
汚れ役をやってでも
やっぱり給料もらわなきゃいけない
まだまだ働かなあかんのです
これマジで皆さんやばいっすよ
ほんまにこの人が
市長公室長として
トップに居座る限りですね
舞鶴市のお金が
どんどんどん
流出していきます
この方が
自分の娘のために
頑張ってるのは分かります
けれども
ほんまに私たちには
そんなの知ったこっちゃないんで
彼の家がどうなろうと
知ったこっちゃない
私達は舞鶴
自分たちの生活が大事なんで
そこの所を皆様、お願いします
川端 常太 市長公室長を
舞鶴市役所から無くす
これをやっていかなければならない
はっきりいいます!
多々見と川端はいらん!
舞鶴にはいらん!
こんな事をするトップは不要!
闇将軍にはほんまに
出て行って欲しいです
という事で頑張っていきましょう
色々と攻めていきますよ!
本人と直接は関係ないですけども
大きくこの舞鶴の件にも
関係してきますので
川端慶子さんの
お話しをさせてもらいます
一応、プロのピアニスト
らしいんですけども
年に数回のライブ公演
こなさなれてるくらいのプロです
最初に
第36回ピティナ・ピアノ

コンペティション全国決勝大会で
金賞を取り
舞鶴市優秀文化賞を受賞した
そんな話がありますが
ピティナ・ピアノ
コンペティションは
全日本ピアノ指導者協会 ピティナ
ピアノ協会の
コンテストなんです
もちろん難しい賞でして
日本最大級
世界的にもたくさんの
参加人数が集まる
ピアノコンテストらしいんですけれども
様々な部門があり
いろんな範囲に分かれて
参加しています
受賞したデユオ部門に関しては
参加者がめちゃくちゃ多い
わけではない
このコンクールはピアノ教室
ピアノ指導者のための
コンテスト
ピアノ学習者及びピアノ指導者の
学習研究の一つの目標となること
みたいなことが書いてありますね
言うたらですね
全国のピアノ愛好家の
裾野を広げるための
コンテストであって
参加者は
小学生から社会人まで
いろいろ多岐にわたります
でも参加者の多くは
小学生や中学生なんですよ
高校生も参加します
川端 常太 市長公室長の娘さんが
受賞したコンテストの中身を
調べてみますと
一位は川端 常太 市長公室長の
娘さんのチームなんですけど
※デユオ部門なので二人参加
二位は高校生
三位も高校生
高校1年生
四位は一般の方で
五位が高校生
高校一年生
六位が中学1年生と中学3年生
七位が小学校六年生と大学2年生
小学校から大学生まで
いろんな人が集まってきてですね
コンテストをしてる
本当にピアノ教室のコンテスト
そんな感じで
こんなこと言っては失礼ですけれども
凄いのはすごいですけれども
どうなん・・・・?
自分の娘が受賞すれば
大喜びでしょうけれども
客観的に見て
全くピアノに興味がない
私から見ると
そうなん・・・・?
そんな感じで
別に貶すわけじゃないですけどね
まあまあ立派な賞ですが・・・・
ピアノといえば
うちの息子も
ピアノやってるんすけども
もちろん趣味程度ですよ
小学校、中学校の時に
ピアノ教室通ってましたが
なんか、そんなコンクールに出たら?
と言われた
そんな記憶もあります
そんな感じで別に賞のことを
批判してる訳では無いです
こういった賞を
とられたというだけの話です
客観的に全くピアノに興味がない
人間から見るとそんな感じです
ここからです
ピアノデュオ【DuoK&R】
色々調べていくと
怪しいんですよ!
今の活動記録を調べると
公式ホームページで2021年
ライブコンサートですね
東京で1件と
もう一つは舞鶴市
舞鶴市総合文化会館の小ホールでの
リサイタル 二件だけです
公式のホームページ見ると
活動されてるは2021年は
この二件だけです
一件は舞鶴市の総合文化会館でやってる
なんかちょっと怪しいですよ
2020年の活動を
見ているとこれはアウトです
めっちゃアウトなんです
1件は国立音楽大学の小ホールで
開催されてるんですが
一個は延期になってるんですけれども
一つのコンサートが
予定されておりました
これですね
舞鶴市観光センターの
コンベンションホールです
延期になったコンサートですが
京都産業大学と舞鶴市地方創生に
関する包括的連携協定終結記念講演
その中でコンサートをする
オープニングに川端 常太 
市長公室長の娘さんの
ピアノデュオ【DuoK&R】
次が海上自衛隊音楽隊
次の講演会は皇族 彬子女王殿下
(あきこの読み間違いです)
皇族の講演会ですよ
なぜか京都産業大学と舞鶴市が
地方創生の包括連携をするためにですね
コンサートがなぜ必要なのか?
意味わからないでしょ
京都産業大学と舞鶴市の
包括協定は
舞鶴市と大学でなんか一緒に
協力しましょうっていう
約束をするために
なんでピアノの演奏が必要なのか?
なんで海上自衛隊音楽隊の
演奏が必要なのか?
なんで皇族の講演が必要なのか?
意味分かりませんよね
延期になって
実現はされてませんですけれども
これは怪しいでしょ~
京都産業大学の包括協定
ホームページを見てるんですけども
普通にですね
地域人材の育成に関する
教育研究に関すること
地域創生に資する
若者活着促進に関すること
その他、前条の目的を達成するために
双方が必要と認める事という
普通に舞鶴市と
京都産業大学が連携して
若い子を呼び込んで
様々な地域のことを
考えていきましょうという
イベント、事業なんですが
それになんで川端の娘の
ピアノ演奏が入ってくんねん?
なんで海上自衛隊 
音楽隊の演奏がいんねん?
なんで皇族の講演がいんねん?
今までの経緯を色々含めて
考えてみると
あぁこれは・・・
川端市長公室長が自分の娘を
みんなの前でお披露目したいから
作ったイベントではないのか?
思うわけです
実現はしてませんよ
コロナで延期になってます
でもこのね
ピアノデュオ【DuoK&R】をやってる
川端 常太 市長公室長の娘さんが
連弾 ピアノを二人で弾いてる
チームなんですけども
そんなん誰も知りませんやん
でも海上自衛隊の音楽隊は
めっちゃ人気ですやん
海上自衛隊の音楽隊で観客は呼べます
そのために海上自衛隊音楽隊を呼んだ
前座扱いですが
自分の娘にオープニングで
ピアノ演奏させる
最後に箔付けするために
皇族を呼んで話をさせる
それが私の読みですわ~
結局は実現しなかったから
(コロナで延期)
ええんかどうかは知らんけど
これはあかんでしょう!
市長公室長という立場の人間が
絶対的な権力を握ってる人間が
こういった自分の娘を
自分たちが仕切る講演会に呼ぶ
しかも本来とは内容を捻じ曲げて
京都産業大学との
包括連携というすごく大事な
教育機関との連携なんです
それなのになぜか
自分の娘を無理やり
お披露目しようとする
ちゃんと証拠として残ってるんです
これはどうなんすか?
川端 常太 市長公室長
市民の皆さんはどう思いますか?
無茶苦茶でしょう!
これ自分の娘が
可愛いのは理解りますが
そのためのライブの場所を作るのが
公僕 行政職員の仕事なのですか?
ありえないことです!
なんて事をしてるんですか?
もうどんどん
どんどんこんな事が出てきます
全部、舞鶴市民の皆さんから通報です
こんな事がありましたと!
通報内容も詳しいので
市役所の内部の方からの
通報だと思うんですけど
匿名の通報ですからね・・・
まあ恐ろしい恐ろしい

過去の広報まいづるを調べてますと
2020年3月号
これにはですね
催し物コーナーに先程述べた
京都産業大学と舞鶴市包括連携
記念講演会
イベント情報が出てるんですけれども
この中では
川端 常太 市長公室長の娘さん
コンサートの名前はありませんが
(オープニングだから?)
担当窓口が面白いですよ
窓口が京都産業大学同窓会の
川端さんとなっております
京都産業大学の同窓会の川端さんが
同窓会として事業を行っています
受付は市役所の中でやってる
すごいですよね~
娘のために仕事をほっぽり出して
同窓会まで持ち出してイベントを
やってる川端さん
謎の川端さんは誰でしょうか?
面白いですよね
めっちゃ面白いですよね
もう一つありますね
一見繋がらないようなものが繋がる
赤れんがのJAZZカフェなんかでも
ライブやってました
まあそれぐらいなら
まだなんかちょっと良いのかな?
どうかなとは思いますけど
もっと凄いのがあります
それがですね
2022年 今年ですわ
今年の5月29日に
ホテルベルマーレで
ピアノデュオランチコンサートが
開催されました
ホテルベルマーレは
昔あったホテルマーレが
経営者が変わり
ベルマーレに変わったんですけども
そこでランチコンサートが
開催れました
ランチ食べながらピアノを聞こうよ
そんなイベントを開催しました
それは良いんですよ・・・
あーそうなんてすねで
普通は終わると思いますやん
でもね・・・
裏があるんですよ
皆さん、びっくりますよ!
このホテル ベルマーレの
近くでホテル アーマビレという
ホテルがあります
マーレとアマービレは
同じグループ会社で
経営してるんですね
ベルマーレとアーマービレは
グループ会社
アーマビレの中には松栄館という
海軍ゆかりの古い
建築物があるんですよ
それを海軍の街みたいな感じで
色々イベントしたりしてますが
この松栄館には
舞鶴市の税金が
私達の税金がめちゃくちゃ
突っ込まれてるんですよ
なんぼや思います
信じられない金額です
1億1323万円が
アーマビレに支出されています
事業主体 ホテル アマービレに
対象事業として1億1323万円
突っ込まれてる
松栄館ってボロボロの
建物でした
昔からある由緒正しい
建築物ということで
保存を求められたんですけども
耐震改修、外壁工事、内装工事
給排水設備工事
そういうのを全部合わせて
1億1323万円が
アーマビレに税金投入されているんです
舞鶴市から
明治150年記念事業みたいな
そんな感じ
日本の歴史的ストーリーとして
日本近代化の躍動を
体感できる街として
なんかそういうのを
昭栄館を舞鶴のPRとして
使いましょう
みたいなそんな感じなんです
ホテル アマービレ
普通の一企業に対して
舞鶴市の税金が1億1323万円も
突っ込まれてると
そんな会社に対して
自分の娘が別のホテルとは
数百mぐらいしか離れてない
グループ会社の関連ホテルで
ランチでピアノコンサートを開催した
これはあるでしょう!
誰がどう考えたって・・・
お父さんがお願いしたら
断われませんよね!
まあこんなもんですわ
この松栄館の問題に関しては
ほんまになんかね
なんかそういうグループが
あるらしいんですよ

松栄館のファンクラブ
みたいなのがあって
舞鶴市のえらいさん達が
たくさん加入してるらしいんですね
まあはっきり言って
普通に考えるとですよ
普通の民間企業に1億1323万円を
リフォーム費用として
行政が出すなんて事は
ありえへん事です
それが何の混乱もなく
全く話題になることも無く
市議会の予算案が通った
いつか調べてやろうと思って
色々調べてたんですけど
なかなか
証拠らしきものが見つからずにですね
どこに利権構造があるのかと
思ってたんですけども
まあそんな感じです
こういった直接はリンクしない
こういった事実を
僕は積み重ねているだけ
自分の感想を言うてるだけなんですが
昭栄館が悪いって
言ってるんじゃないですよ
1億1323万円も
民間企業にリフォーム代を
舞鶴市が出すのはおかしい
普通ではありえないことです
グループ企業のランチコンサートに
川端 常太 市長公室長の
娘が出演している
舞鶴市役所のトップの娘さんが
公金を支出した企業で
コンサートを開催した
どう見ても臭いですよね
これらは
巧妙に隠されてる
巧妙にやられてるんで
ここからもう
これ以上はならへんと思いますけども
市民の皆さんに
知ってもらいたい事は
僕は
前回の動画で娘さんが
せっかく賞を受賞してるのに
こんな訳のわからん事をしたら
※舞鶴市優秀文化賞での特別待遇
娘さんもかわいそうやな~
よくな事をちらっと
言いましたけれども
これは一緒ですわ~
娘も親父もこれは・・・
私達、市民としては
堪ったもんじゃない
これが権力
舞鶴市の権力の使い方なんですよ
まあいろいろ
もっともっと
同じような事が
赤れんがとか
まちづくり関係
絶対にこれあるんです
地方創生に絡んで
あちこちこういった事が
隠されてるはずです
これは漸くですね
手がかりを
見つけたので
ぜひ皆さんに
知ってもらいたいなと思って
これを伝えしました
舞鶴でもピアノデュオ【DuoK&R】は
何回か公演していますが
実際に
川端 常太 市長公室長に
チケットを買わされた人
買わないと仕方がない
みたいな人もいました
行ったけど・・・
演奏自体は悪くないんやけど・・・
なんでかな~
なんでチケット買わなあかんのや
ピアノに興味ないのに・・・・
嫁さんの分も買わされたわ~
そんな人もいらっしゃいました
娘のピアノコンサートの
チケット販売をする
舞鶴市のトップ
川端 常太 市長公室長
闇将軍と呼ばれる男
どうなんすかね?
これ・・
自分の娘のコンサートチケットを
あちこち売るのは分かります
自分の部下や関係者に売りつける
コンサートに来てくれと
願いするのは
親としての仕事の
範囲なんかもしれへんけれども
それがですね
舞鶴市のトップ 市長公室長
そういった立場
利用しているとなると
大概ですよね
ほんまどうなん?
そんな感じですね
今の話は全部
前回の放送したYou Tubeのあとに
寄せられた
情報です
今後はその他の情報も精査して
情報精度を上げていくんですけれども
おもしろい
面白い!
悪いことしてる奴は絶対にバレる
簡単に今日の話をまとめますと
川端 常太 市長公室長の
娘さんがピアノで賞をとった
舞鶴市優秀文化賞
を授与されましたが
その元になる
ピアノで金賞を取ったコンクールは
小学生から社会人まで
いろんな人たちが
入り乱れるコンサートで
ピアノ教室やピアノ講師のための賞です
国際コンクール
僕らも全然わかんないんですけども
国際コンクールみたいな
そんな大層なものではない
ピアノ教室の主催する賞で
小学生から中学生
高校生と大学生が争って勝った
そんなコンテストです
娘さんの活動は
舞鶴市が殆ど
年に2~3回くらいしか
コンサート活動はされていない
舞鶴でコンサートをやるときは
舞鶴総合文化会館か
赤れんがパークのJAZカフェ
舞鶴でコンサートをされてる
そこには
お父さんの力が及んでるんでは
無いのかというふうに
私は思ってる
これは中止になったコンサートですが
京都産業大学のイベントに
無理やり
音楽を絡めてですね
自分の娘を
出演させようとした疑惑がある
娘がコンサートを出演させる
バーターとして(メインは自分の娘)
海上自衛隊音楽隊と
皇族を呼んで講演会をさせようとした
これはコロナで延期になり
実現は出来なかった
ホテル ベルマーレで
ランチコンサートを
川端 常太 市長公室長の娘が
コンサートを開催しましたが
ホテル ベルマーレの関連企業
アーマビレには

舞鶴市から税金が
1億1323万円も投入されている
そんな事を全部仕切っていたのが
川端 常太 市長公室長
これがまとめです
この話は全部が
市民の皆様からの匿名で届いている
今も私のもとにドンドン届いています
以上
これが舞鶴市の権力者だ!
それでは~

市長を操る男 闇将軍 川端常太 美人ソプラノ歌手を家族で私的利用した手口

多々見市長をも操ると言われる男 川端 常太 市長公室長
舞鶴市役所の職員からは闇将軍と呼ばれ恐れられる人物です。
私達が追求する舞鶴市のすべての問題をその剛腕で処理してきた人物 舞鶴市役所の人事権をその手に持ち、すべての職員を意のままに操ってきた 川端 常太 市長公室長のスキャンダルを暴きます。
舞鶴文化親善大使となったソプラノ歌手田中彩子さんの就任式後の講演で あろうことか自分の妻を世界的なソプラノ歌手のピアノ伴奏に抜擢したという 公私混同、私利私欲にまみれたその内幕をすべて暴露します。

以下は舞鶴市役所の公開情報です

川端 常太 市長公室長

You Tube動画と舞鶴市ホームページの比較画像
舞鶴市文化親善大使 委託式

市長の活動報告

舞鶴市優秀文化賞 募集要項

おはようございます
やばいぜ舞鶴
森本隆ならこう変える
今日は2022年6月23日
木曜日です
今回ですね
連続4回スクープを提供していく
最後の回 第4回目です
今回も
気合い入れていきたいと思います
今回ですね
私のYou Tubeを賑わしてくれる話は
舞鶴市役所の闇将軍と
呼ばれる男のお話です
前回は3回に渡って
三輪紀子 元広報広聴課長の
話をしました
その裏に控える
ほんまに舞鶴市を
舞鶴市役所で牛耳ってる奴です
その名前は市長公室長
川端 常太
舞鶴市役所を定年退職してからの
再雇用で市長公室長という
重役を担う人物です
多々見市長が

川端 常太氏の事を
余人を持って代えがたい人物
とまで評価している
かなり優秀だと言われてる人物ですね
様々な私達の活動
やばいぜ舞鶴のYou Tubeや
FMまいづるの住民監査請求など
そういった活動の裏に
市民の活動を全部を潰して
まわる人物が川端 常太氏です
事あるごとに私たちは
舞鶴市の不正を調査を行っていますが
事あるごとに絶対に名前が
出てくる人物が川端 常太氏なんですが
その人物像というのは
はっきり言って
全く市民には知られない
裏方の仕事をされております
市長の裏で様々な
舞鶴市の問題ごとや厄介事を
全部、解決している
問題案件を全部を自分で止めて
市長の耳に報告が
届かないようにしている
市民からの意見や苦情なども
全部を自分で止めている
自分で処理して
バンバンバンバン
容赦なく切り捨てる人物
市役所の職員からも
恐れられておりまして
人事権を持ってる方なんですよね
舞鶴市役所の中で
最高 一番の人事権を持っていて
この方
川端 常太氏に逆らうと飛ばされる
首切りまではちょっと無理ですが
閑職に飛ばされる
そういう事をされているので
誰も逆らえないのです
私が全部の人事権を持ってるんだから
全部を俺が判断すると言って
バサッと圧力を交渉相手に
かけて切り捨てる
非常に切れ者と
言われている人物ですね
川端 常太氏の
やってることを私たちは
昔から名前はよく聞くんですけれども
色々と調べてるんですけれども
公的な資料にも全く出てこないですし
顔写真なども無いです
舞鶴市役所のホームページを見ても
どういった活動してるのか?
ほとんど判らない
謎の人物なんですけれども
私達みたいな
市民活動をしてる人物からは
川端 常太 氏が悪い
川端 常太 氏が舞鶴を
おかしくしてるんだという
意見はたくさん聞いております
実際に地域の方からも
陳情を舞鶴市にあげるときに
川端 常太 氏に邪魔をされる
という事をよく聞きます
食わせ者だという事で
私達は注意を払って
調べてきたんですけれども
なかなか、しっぽをつかめない
ですが・・・
ちょうど1年前ぐらいから
この方の情報
ちらほらと入り初めてですね
私たちは総力を挙げて
市長公室長の川端 常太 氏の件を
調べておりました
そうするとですね
とんでもない私利私欲で
舞鶴市を食い物にしているばかりか
舞鶴の文化を冒涜する
行為をしているという事が
判明しましたので
皆さんにお伝えします
こんなことが許されて良いのか?
行政のトップに立つ人間
実際には
市長を超える権力を持っている
多々見市長を操っていると
舞鶴市役所内では言われている
闇将軍と呼ばれる人物
舞鶴市の権力を一手に握った人物が
こんなゲスな事をしてて
良いのかというお話を
皆さんにお伝えします
結論から言いますと
田中彩子さんというソプラノ歌手が
いらっしゃいますよね
国際的に有名な舞鶴市出身の
ソプラノ歌手です
歌姫と言われる美人さんです
美人ソプラノ歌手と日本では
呼ばれていますが
田中彩子さんが去年の4月18日に
舞鶴市文化親善大使を
受けられました
舞鶴市出身だということで
舞鶴の文化をPRする大役を担われて
私たち市民として
嬉しい事なんですが
田中彩子さんを川端 常太 氏が
私的に利用しているという
タレコミ・情報が何件も
寄せられてきました
森本さん調査してくれと
言うことでですね
1年間かけてですね
みんなで頑張って調査しました
非常に難しい調査で
ほんまに公的な資料が殆どない
口コミを利用し
沢山の人が歩き回って
足で稼いだ調査の結果を
今からお話ししたいと思います
パソコンの画面を
今から見てもらいましょう
これで始めたいと思います
このYou Tube動画は舞鶴市議会
6月定例会3日目 6月15日NO2に
舞鶴市長公室長の川端常太氏の
顔が写っています

動画にでているのが
川端 常太 市長公室長
皆さん顔をよく覚えといてくださいね
この方が
舞鶴市役所の闇将軍と呼ばれる
市長公室長です
多々見市長をも越える権限
市長を操る人物として
市民や行政職員に恐れられた人物です
田中彩子さんを
川端 常太 市長公室長が
私利私欲に使っている
個人的に利用してる
話なんですけれども
これはね
舞鶴市文化親善大使の委託式が
あるんですけれども
これが委託式のYou Tube動画です
なんとですね
この委託式で
田中彩子さんの記念コンサートが
委託式のあとに開催されるんですよ
その時にですね
なんと田中彩子さん 
世界的なソプラノ歌手の伴奏に
川端 常太 市長公室長の
奥さんを伴奏者につけたんです
ありえへんでしょう!
世界的なソプラノ歌手ですよ
日本が誇るソプラノ歌手ですよ
その方に権力者の奥さんを
ピアノ伴奏者にするのは
おかしいと思いませんか?
そんな事
絶対にありえないですやん!
その事が噂になって
森本さん調べてくれって
言うことですね
頑張って調べてきました
そうするとですね・・・
驚くべきことが分かってきたんですよ
これねこの動画の
23分ぐらいなんですが

ハイ ここです!

左側にいてる人物が
川端 常太 市長公室長の
奥さんでは無いのか?
という風に言われておりました
ちょっと戻ります
もうドヤ顔を決めてる
後ろの女性の方
紺色の服を着た女性の方が
川端 常太 市長公室長の
奥さんではないかな
という噂がありまして
これはあかんやろ!
世界的にほんまに
日本の宝とも言っても良いくらいの
美しい声を発する
田中彩子さん
ピアノ伴奏に
舞鶴ではピアノの
上手い人かもしれませんが
素人がですね
プロのソプラノ歌手のピアノ伴奏を
しても良いのかと思います
実際に
このYou Tubeを見て
概要欄に文化親善大使委託式の
You Tubeリンクを貼っとくんで
見てもらったら良いと
思いますけれども
もう全然、歌と
ピアノの伴奏があっていない
声楽やクラシックは
全然わかん無いですが
流石に違和感ある講演でした!
講演を聞いた人もなんかな?
という感想も実際に言われていました
いろんな人に聞いて
そんな事が実際に行われている
このドヤ顔の女性がですね
本当に川端 常太 市長公室長の奥さん
なのかという事ですよね
結構、時間かかりました
調べてきました
舞鶴で川端さん
音楽をされてる方で調べると
ここにfacebookページ出てきます
川端安子さんという方
浮かび上がったわけです
舞鶴市出身 
国立音楽大学を卒業してる
それぐらいはキャリアあるでしょうが
川端 常太 市長公室長自身は
60歳代後半だと思うので
奥様もだいたいね
同じぐらいの歳だと仮定すると
大学卒業してから
40年以上経ってる
40年前なら伴奏できるレベル
だったのかもしれませんが
既に音大卒業から40年以上も経って
音楽から遠ざかってる人
だと思いますから
流石に
世界的なソプラノ歌手の
伴奏を務めるには
完全に不釣合いですよね
他にも沢山良い人が必ずいるはずです
どうしても舞鶴の人が伴奏するなら
もっと若い人にチャンスを
与えるべきだと思うんですけれども
私は完全にはっきり
言わせてもらいます
私利私欲での川端 常太 市長公室長は
自分の奥さんを伴奏者に推薦した
というか当てたんだと
私を思っています
このFBの川端安子さんが
川端 常太 市長公室長の
奥さんだということで
仮定して
いろいろ調べていくことですね
さらに面白いことがわかりました
これがですね
平成24年9月の市長の主な活動
舞鶴市役所のホームページです
平成24年9月市長の主な活動
ここにですね
多々見市長の活動が載っていますが
平成24年9月6日木曜日に
舞鶴市優秀文化賞を授与という
記事が掲載されています
9月6日に
舞鶴市の優秀文化賞受賞
8月19日(日)に東京都で開催された
「第36回ピティナ・ピアノ
コンペティション
全国決勝大会」に出場し
デュオ部門連弾上級で最高賞である
金賞を受賞した舞鶴市出身の
川端慶子さんに
市優秀文化賞を授与しました
こんな記事が書いてあります
この記事に出てくる
この女性の方がですね
川端慶子さんだと思うんですけども
ここに先ほどの
川端安子さんらしき人がいます
FBの人物と舞鶴市
ホームページ記事の人物は一緒です
You Tubeに出てくる人物とも
一緒だと思うんですよ
顔を見たらほとんど一緒です
おそらくですね
この方が娘さん
川端 常太 市長公室長の
娘さんが佳子さんで
奥さんが安子さん
隣の二人はちょっと
わからないですけれども
一番右の方は
ピアノの先生だと
いうことが分かっております
東舞鶴にあるピアノの音楽の先生
この方も
結構有名な顔の広い方なので
すぐに調べれました
先ほどのYou Tubeの写真
舞鶴市You Tubeチャンネルの
キャプチャーと
舞鶴市役所のホームページ
市長の活動のホームページを
合成してですね
画面拡大して作ってみますとですね
はい完全に一致です
この女性とこの女性は
完全に一致ですよね
どう見ても一緒
面白いことに
これ多分、娘さんの服を借りて
コンサートに出演している
よく見ると体型も似ていますので
同じ服が着れるだろうと言うことで
何年か前の娘さんの市民文化賞
受賞時の服を借りて
田中彩子さんのコンサート伴奏で
使われたと思うんですけれども
皆さんはこれをどう思いますか?
文化や芸術
音楽を舐めてるとしか思えません
市長公室長という
最高権限を使ってですね
川端 常太 市長公室長 自らが
段取りしたとなれば
非常に恥ずかしいことでございます
色々調べていくとですね
川端 常太 市長公室長の娘さん
川端慶子さんは
今はプロとして
活動されていて
Duo K&Rというピアノデュオを
されてるみたいなんですが
ここに
川端慶子さんのプロフィールがあって
舞鶴市出身
国立音楽大学 音楽教育学科卒業
舞鶴市優秀文化賞受賞と
書いてあります

公式ホームページの
プロフィールに書くぐらいですから
川端 常太 市長公室長の娘さんは
非常にこの
舞鶴市優秀文化賞が授与されたのが
非常に自分のプロフィールに
役立つと言うことで
掲載されてると思うんですけども
また、ここでですね
おかしなことに気がつきました
市長の活動記録では
8月19日に東京で開催された
ピアノ大会で金賞を受賞
しているんですけれども
ピアノ大会から直後
9月6日に
舞鶴市優秀文化賞授与に
なってるんですよ
という事は1か月以内に
舞鶴市優秀文化賞が授与された
ちょっとこれは時系列が
早すぎやしませんか?
ピアノ大会で優勝して
その事を行政が知ってですね
直ぐに賞を与えるなんて事は
無いじゃないですか
行政ってめちゃくちゃ
仕事が遅いのになんでこれだけ
仕事が早いねん?
そこが気になって
調べてみますとですね
舞鶴市優秀文化賞のご案内という
舞鶴市役所のホームページがあります
このページには受賞の条件が
書いてありまして
舞鶴市優秀文化賞は
全国大会において
3位までの成績を収めた者
又は団体がもらえると
書いていますので
この受賞に関して何も
おかしい事はありませんが・・・
もう一つ不審な点
受賞があまりにも早すぎた件について
舞鶴市優秀文化賞は
推薦してもらったら
受賞できるという事で
だれか推薦者がいてたら
もらえる賞なんですが
その条件を見てみますとですね
表彰式は毎年2月から3月頃
前年の1月~12月の期間に
該当する方の表彰を
2月~3月頃に表彰式を
開催しています
先ほど舞鶴市のホームページを
見た通り
8月19日に東京で金賞を取ってから
9月6日にですね
舞鶴市優秀文化賞を受賞してる
こんな流れになっております
これが私達が調べたことです
以上が私達が長い時間をかけて
調べたことです
本当にこの調査に
協力してくれた皆さん
どうもお疲れ様でした
ありがとうございます
皆さんこれどう思いますか?
舞鶴で最高の権力をもつ人間が
自分の奥さんを
世界的なソプラノ歌手の
舞鶴市文化親善大使受託の
コンサートの伴奏につけた
それは紛れもない事実ですね
川端 常太 市長公室長の娘さん
舞鶴市優秀文化賞を
受賞されていますが
あからさまに本来なら
2月~3月に授与式が
行われるはずなのに
賞を取ったことは間違いないと
思うんです
舞鶴市優秀文化賞に該当する
功績ですが・・・
通常は2月~3月ぐらいに
授与式があるものを1ヶ月後
夏の8月に金賞とってからの
9月に舞鶴市優秀文化賞受賞は
超特別待遇ですよね
これはもう絶対に
市長公室長の力があっての事だと
私達、調査に携わった全員が
皆が思っております
市民の皆さんはどう思うでしょうか?

証拠の書類としてはありませんが
様々な人に聞き取り調査を
する中でですね
田中彩子さんの
舞鶴文化親善大使になるまでの
経緯というのは
ほぼほぼ、川端 常太 市長公室長が
トップダウンでやったらしいです
周りの人は選出に噛んで無い
川端 常太 市長公室長が率先して
トップダウンで決定した
それはなぜか?
単純に大ファンだそうです
田中彩子さんの
コンサートを追っかけしてるぐらい
大ファン それで
田中彩子さんを
舞鶴文化親善大使に
選出したという事です
私たちの調査結果はそうです
恥ずかしながら
僕はほんまに
クラシック関係には全く疎いので
舞鶴文化親善大使になられるまで
田中彩子さんの事は
全く知りませんでした
舞鶴市民の方でも
知ってるおられる方は
少なかったと思います
舞鶴文化親善大使を
きっかけに知る方は
増えたんだとは思います
けれどもその
舞鶴出身の素晴らしい方を
知らしめた
舞鶴市民に沢山知ってもらったのは
良いことだと思うんですけれども
この経過はコスい!
ファンとしてあるまじき行為
市民としても
あるまじき行為ですよね!
まあはっきり言って
私はいろんな場面で
川端 常太 市長公室長の噂話を
聞くんですよね
あいつが悪い
剛腕などなど
優れた公務員であったことは
僕は間違いない事だと思ってますし
敵ながらあっぱれという思いで
この方を見てたんですが・・・
様々な
私達の活動を通じて
川端 常太 市長公室長が邪魔をしてくる
そんな感じで
良きライバルとして
見ていたのですが
この事件をずっと
調べていくうちにですね
なん狡い奴だと・・・
これは私利私欲じゃないか!

人には色んな正義があると思います
僕には僕の正義があるんですけれども
公務員には公務員の
正義があるとも思います
自分たちのやり方で
川端 常太 市長公室長には
川端 常太 市長公室長の正義があり
色んなことを自分なりに
舞鶴の為だと思ってと
やってるのかもしれません
けれども・・・・
この件 一件だけでも
全てが崩れ去る
私利私欲でやってたんかい!
舞鶴市役所に勤める方々は
川端 常太 市長公室長に
煮え湯を飲まされた方
多いと思いますが
市民の方も煮え湯を飲まされた方
多いですが・・・
結局は私利私欲でやってたんかい
結局は自分の力を
私利私欲に利用した
ピアノ伴奏の件は
奥さんのプレゼントかなんか
知らないですけれども
こんな事をする舞鶴市のトップ
舞鶴市役所の闇将軍と呼ばれる
市長を超える権限
多々見市長を操る人間と
言われる人物がですね
こんな狡い事をやってるのは
はっきり言って情けないし
悲しい
嘆かわしい事です
僕は川端 常太 市長公室長を
ほんまに過大評価しておりました
こんな事がバンバンでてくる
こういったゲスな人間と
戦っていく事を
改めて決意しました
可哀想なのは娘さんです
こんな事を自分の権限を利用し
授賞式を早めたところで
まったく何の良いこともありません
いずれはこういう風に
バラされるんです
舞鶴市優秀文化賞をとった事
自体は要項を満たしているので
問題ないとは思いますが
例年2月~3月に行われる授与式が
特別に夏の9月に行なわれた
8月に要項満たして直後の9月に
舞鶴市優秀文化賞授与式があった
誰がどう見ても
怪しいじゃないですか!
仕事が遅い行政が
自分の娘だから仕事を早くする
まあそんな感じ
これが舞鶴市役所ですわ
恐るべきファン活動
気持ち悪いファン活動ですよね~
ファンやったらファンらしく
田中彩子さんのファンだったら
ファンらしくですね
もっと陰ながら応援する事が
本筋だと思うんですけれども・・・
田中彩子さんを舞鶴市の
舞鶴文化親善大使したことは
別に問題ないと思います
それは市民の皆さんも
歓迎してる事ですから
舞鶴市民としても田中彩子さんは
応援したい人なんですけれども
その裏にですよ
自分の私利私欲
自分の奥さんを
プロ声楽家のピアノ伴奏に使うのは
もうほんまに
プロに対して失礼です
芸術に対して失礼です
私は本当に情けない話だと思います
仮に僕が市長になって
権限を持つとしますやん
同じような立場で
自分の奥さんとか子供にね
賞の受賞を早くしたるとか
田中彩子さんのピアノ伴奏を
させてあげるか
私の家族に言うたらですね
我が家は確実にぶん殴られますよ
蹴飛ばされますわ
嫁さんからも子供から
お父さん、恥ずかしいことやめてよ!
めちゃくちゃ怒られます
それが普通だと思います
でも川端 常太
市長公室長の一家は
これを普通の事として
やっている
受けてるっていう事も
そういった所もですね
私はおかしいと思います
完全に狂ってますよ
モラルが狂っています
まあそんな感じで
話を閉めたいと思います
嘆かわしいというか
悲しいというかね
恥ずかしいっていうか・・・
こんな方々が舞鶴市を
牛耳ってるという事です
以上これで終わりたいと思います
今回は
プライベートの情報が
含まれてるんですけれども
あくまでも私は
舞鶴市役所のホームページと
舞鶴市役所が運営する
You Tubeの分だけを
モザイク無しで公開させてもらいます
それ以外のものに関しては
モザイクはかけさせてもらいます
私的なものと公的なものは
区別させてもらいます
本来はどちらも
モザイクをかけるべきだとは
思いますが
あまりにもこれは・・・
舞鶴市民をバカにしてる状態なので
この事実を知ってもらいたいと
思いますし
舞鶴市の情報は公開情報です
元々別に、このデーターは
僕のYou Tubeので
公開してもし無くても
市民の皆さんも
見られる状態になってます
舞鶴市の情報は
私達の税金で運営されてる資料です
それを私が勝手に使うことに対して
何もおかしいことは無いと思います
自分たちの顔がYou Tubeに
映ってる事も
そんな事もね
何も考えずに
こんな恥ずかしい事をされてる事は
皆さん
行政の皆さん
注意してもらいたいと思います
舞鶴市のYou Tubeも
市長の活動記録も
消しちゃダメですからね
川端 常太 市長公室長
これ消したら自分たちが
怪しいことをしてる事を
はっきり認めた事になりますから
データーは残されるでしょうけれども
この事についてですね
ほんまに市会議員、行政職員の皆さん
川端 常太 市長公室長に
この件はどう思うのか?
これが恥ずかしく無いのか?
私はこんな事をやってる
こういうトップの体制こそが
舞鶴を腐らせた
腐敗させた象徴なんですよ
これが舞鶴を悪くした象徴
舞鶴市の職員が無茶苦茶に
なった象徴なんです
トップが
トップの家族がこの様な
舞鶴を私利私欲に使う
しかもほんまに
素晴らしい能力を持った
芸術家を私的に利用する事は
絶対に許されないことです
市民の皆さん怒ったってください!

余談です
非常にですね
下劣なほんまに
下劣な川端 常太 市長公室長の話を
しましたけれども
舞鶴市の全ての職員が
こんなに下劣なのか言いますと
そうじゃないんですよ
この下劣な
ほんまに下劣な
公人としてて
あるまじき行為を
ちゃんと咎めた
職員さんもいらっしゃったそうです
「これはあかんでしょう!」
「プロに対して
あかんのちゃいますか?」
ということを
やんわりと言われた職員さんが
いらっしゃった
と聞いております
残念ながらその
物申した職員さんは
すぐに飛ばされて
関連部署からいなくなったと
いうことです
もう私としては
その勇気ある発言
物申してくれた職員さんには
本当に拍手を送りたいと思います
市民の皆さんも
そういう様な職員さんが
まだ舞鶴市役所には
まだ存在するということで
勇気をもって今後も
活動してもらったら
舞鶴のために尽くして
もらったら良いと思います
もう本当に嬉しいですよね
そういった物を申す
大切な職員さんを他の部署に飛ばす
そんな権限を持ったこの闇将軍
川端 常太 市長公室長を
なんとかして
私たちは戦っていきますので
ほんまに卑劣な行政職員
そんなのがトップに居座る
事をなんとかせなあかんのです!
ほんまに
こういった怖い上司にも物申す
ちゃんとした職員さんも
いらっしゃるんで
またまた舞鶴市役所も
捨てたものでは無いです
そういった本当に
心ある職員さん達が
もっと頑張れる職場を
作っていくことが
舞鶴を変える事だと私は思ってます

市長のお世話で大出世 使える予算は4000万円 三輪紀子元広報広聴課課長

おはようございます
やばいぜ舞鶴
森本たかしならこう変える
今日は2022年6月21日木曜日です
梅雨に入りまして
ジメジメとして
本当にうっとうしい
季節になってきました
でもですね
舞鶴も鬱陶しいと言うか・・・
2回にわたりスクープを
今、連発してます
今回のスクープ3回目です
4回目までスクープ続きます
4回目の放送では
とにかくすごいネタ用意して
皆さんにお伝えしていきますので
ほんまにこの
梅雨のようにジメジメと
うっとうしい
舞鶴市役所を何とかして
変えていきたいと
思ってるんですけども
もうここまで腐ってるとは
ほんま信じがたい事なんですよ
でもね、皆が知っているのに
誰も声をあげない事も
大概やと思いますわ
ほんまに役人の中にも
市会議員も誰も
この事について言わない
私達は、ほんまに素人なんですが
素人が調べて分かるようなことを
役所の職員や市会議員が判らない
理由は無いじゃないですか
分からないわけがない
それを私たちが
代わって、本来やるべき
市会議員や行政職員に代わって
私たち市民が無償でやっています
それは本当にこの舞鶴を愛してるから
ほんまに大好きな舞鶴を
とんでもない人たちに
好き放題にさせたく無い
その気持ちで頑張っております
蒸し蒸ししますが
熱く頑張っていきたいと思います
今回ですね
いつもの
三輪紀子さんの仕事
第3弾です
三輪紀子さんが担当した随意契約を
ずっと調べておりますが
多くの不審な
事業に彼女は関与しております
はい
最大の事業は
累計で1億8000万円にもわたる
1億8000万円も突っ込んでですね
未だにまともに稼働していない
FMまいづるの電波塔事件の
責任者です
前回放送した
前京都府知事の山田啓二氏の
関連会社に
528万円という不透明な支出も
発覚しました
前々回放送のDMM.comという
アダルト動画配信サイト
アダルト動画配信サイトを
運営する企業に
舞鶴市のPR動画を
100万円(税抜き)で発注した
事件もあります
最近、大きく新聞でも
取り上げていますが
毎日新聞6月17日
記者の目というコラム
AV出演被害者防止
救済法措置法が成立という記事が
新聞記事で大きく載っております
これはですね
6月15日 国会で
AV出演被害者防止救済法措置法
というアダルトビデオに
出演を強要される
被害を防ぐための法律です
これはアダルトビデオを作ったり
アダルト動画を配信したり
販売したりする企業に対してですね
非常に厳しい規制を
かけるという法律です
そういった法規制を受ける
企業に対してですね
舞鶴市のPR動画の作成を
依頼するという
一般常識とは
かけ離れたばかりか
女性の権利を侵害する企業に対して
100万円(税抜き)という高額な
舞鶴市のPR動画を依頼する
しかも男性ではなく
舞鶴市役所に勤務する
女性管理職がですね
不透明な随意契約で依頼する
舞鶴市民としても
非常に恥ずかしいですよね
ほんまに情けない
舞鶴市の恥です
AV出演被害者防止救済法措置法は
国会で審議されてですね
法律は1日や2日で
出来るものではないんです
ずっともう何年もかけて
法整備されたもんなんですね
法整備中の情報を
現職の役人が知らなかったでは
済まされない問題
AV出演を望んで
出演される方も
もちろん
いらっしゃると思いますけれども
AV出演者は実は
モデルやアイドルになれると言って
騙されて出演し
性被害を受けるという女性も
多いとされています
そのために法制化された制度なんですよ
このような被害を
受けた女性達がですね
この舞鶴市のPR動画が
アダルト動画配信サイトの
企業が作った
舞鶴市のPR動画に
100万円(税抜き)も費やした事
こんな事を聞いたらですね
どんな気持ちになるか?
是非とも、
皆さんに考えてもらいたい
と思います
この件に関して
舞鶴市の見解を私は聞きたいです
舞鶴市役所の職員の皆さん
三輪紀子さんも勿論
この動画を見られてると思います
回答お願いいたします
広報まいづる
あなたの育てた広報まいづるの紙面で
是非ともこの件に
回答していただきたいので
お願いします
はい今回はですね
さらに続いて
三輪紀子さんの無駄遣い
不透明な支出の続報です
今回の不透明な支出、無駄遣いは
なんとあの
お笑いの吉本興業
総額を調べますと
この公文書 市長の印鑑を押した
ちゃんとした資料です
この資料を私たちは読み込んで
全部を調査しております
市長の公印が押された
公文書からわかる
吉本興業への支払は
総額はなんと2年間で
249万7860円
1年目は令和2年11月30日に
49万7860円
2年目は令和3年11月24日に
200万円です
また、この切りの良い
怪しい数字ですよね
怪しいですねキリが良い金額です
最初は49万7860円なのに
次は200万円で
ええわ~みたいな感じですよね
令和2年も令和3年の事業も
コロナ禍の真っ最中での
吉本興業への支出です
調べますと
この事業はSDGsが目的で
開催されたものでですね
コロナ禍であるにも関わらず
行われたイベントで1年目は
小学校のお笑い講演会と漫才とクイズ
聞いたことがない名前の
芸人さんが来ておりました
この1年目の事業は
11月30日に契約して
12月8日にイベント開催という
コロナ禍が収まった時期を
見計らってですね
取って付けたような開催日の
イベント日程でございます
2年目も微妙ですね
舞鶴総合文化会館で
1400名も市民を募集してですね
吉本新喜劇の公演となっています
これも不思議なのがですね
11月24日に
契約してるのにも関わらず
イベントの募集が
11月10日であること
2週間も前に契約前に
お客さんを募集をしています
メチャクチャ不自然
しかもですね
開催は12月12日であること
ほんまにですね
吉本新喜劇みたいな
大きな講演を
事前準備もなく
2~3週間で開催できる
わけがないじゃ無いですか
という事はですね
これも契約に
予め全部が決められたんですよね
コロナがちょっと
落ち着いたところを見計らって
イベントを突っ込んだと
私は思っております
この当時のコロナは
若干、落ち着いた状態ですが
オミクロン株が流行りだしてですね
京都でも何人か
オムロン株の感染者が
発生している状態です
本当に油断せずに警戒が必要ですと
絶えずテレビや新聞報道で
行政も国も
一生懸命に報道してる
オミクロン株が来るから
油断せずとアナウンスを続ける
そういった時期に
ちょっとした合間をついて
吉本新喜劇開催を
強行開催された形です
本当にですね
契約前に観覧者の募集を開始したり
契約から2週間ちょいで
吉本新喜劇みたいな大きな
講演を開催するなど
本当に明らかに時系列が
おかしいんですよ
どう見たって時系列がおかしい
これはSDGs
云々ではなく
吉本興業を利用する事自体が
目的だったのでは?
と思われます
この事業を進めたのが
あの三輪記子 
元広報広聴課課長なんですね
これはもう舞鶴市民の為ではなく
自分たちのレガシー(遺産)ですね
私は吉本興業との仕事を仕切った
みたいな事を言うがため
三輪さんが吉本興業に
仕事を斡旋してやったと
言うためと
吉本興業の為の事業だと
私は思います
吉本興業さんも
講演の仕事
コロナで講演のお仕事が
止まってるんで
中々、大変な時期に
舞鶴市の仕事があれば喜ばれる
吉本興業も権力者側ですから・・・
そういった事で
舞鶴市に吉本興業が来てくれる
吉本新喜劇の講演を
子供たちに見せてくれる
嬉しい部分もありますけれども
わざわざコロナ禍で
市民が苦しい思いしてる時に
それは不要でしょう!
行政の仕事としては不要でしょう!
なんでわざわざコロナ禍で
皆が自粛して
怖い思いをしてる間に
行政が不要不急の外出を
してはいけません
皆で集まっちゃいけませんと
市民に伝えている広報広聴課が
市民を集めてこんなイベントを
開催するってどうやんねん?
どの口が叩いてんねん?
舞鶴市役所が
「コロナに注意しましょう」と
毎日、毎日メールを
送って来てますやん
それなのに自分達は
大きな吉本興業のイベントを開催する
市役所の仕事は一般市民とは
違うんかいと思いませんか?
狂ってますよ・・・
ほんまにどの口が言うてんねん?
毎日、舞鶴市からはメールで
コロナに何人が感染しました
どこそこの小学校で感染者が出ました
個人の行動制限をお願いしてるのに
自分たちは吉本興業のイベントを
開催するのはおかしいですよね
こんな事を
ほんまにおかしな
仕事をしてる広報広聴課
その当時の広報広聴課の課長であった
三輪紀子さんなんですが
政界の大物である
元京都府知事
京都府知事の山田啓二氏から
吉本興業や
アダルト動画配信サイトを
運営する大手企業
そういった企業にまで
私達の税金をばらまいている
この三輪紀子さん
なんですが
この大きなお金の配分する権利を
どこから持ってきたのか?
どうやってこの力を作ったのか?
皆さん気に気になりませんか?
それを調べました
行政の職員がですね
行使する権力に
二つの大きな権力があります
それは人事と予算の編成権です
この2つの権利
人員と予算ですね
この2つの権力を持つ
この2つの権力を手にする公務員が
市役所内で権力を手にした公務員と
言われるんですけれども
実は三輪紀子さんは
つまりは
自分が好き勝手に使える
予算が大きい=自分は権力者
有能な権力者だという風に
彼女は思い込んでるんだと思います
だからこんなに
好き勝手やってですね
調子こくんですよ
自分が使える予算の編成権が増えた
この女性を調子に乗らせた
本当に大きな原因です
でもですよ・・・・
まあ言うても広報広聴課課長
まぁ出世頭と言ってもですね
たかだか課長クラスが
どうしてここまでの
権力を手にできたのか?
不思議ですよね
これを調べました
三輪紀子さんが
関連した随意契約の金額を
集計していくと
驚くべきことが分かりました
過去7年間の全事業を
一つずつ
全部を計算していきました
結構、大変な作業
やったんですけども
頑張りました!
7年間 2015年 平成27年
2015年 17,419,420円
2016年 14,442,208円
2017年 18,392,461円
この3年間は
そんなにおかしくは無い
大体1400万円~1800万円の
間ぐらいを増減しています
これが2018年 
平成30年に大きく変わります
2018年 22,858,285円
2019年 29,582,132円
2020年 29,473,345円
2021年 40,312,487円
2021年には大幅急上昇します
これは平成28年(2016年)から
令和3年(2021年)を比べますと
なんと予算は2.8倍にまで
上昇しております
一課長クラスで
広報広聴課というさほど予算が
必要でないと思われる担当課で
5年間で2.8倍にまで
使える予算が上昇するのは
完全に異常です
2.8倍ですよ!
100円が280円になるんじゃなくて
1440万円が4000万円までアップ
2.8倍は凄いですよね~
広報広聴課は
情報システム
ホームページの運用
サーバー管理
IT関連、ネット関連の保守管理
契約更新業務も行っており
年によって増減があるんですよ
それでもまあ
大体の平均は今までの
過去の推移見ていくと
平均して1800万円前後が
マックスだったんです
1400万~1800万円が
通常の範囲なんですけれども
それが今や4000万円を
超える予算を扱っている
彼女の裁量で4000万円を超える
事業費があるということです
この急激に伸びたのは
2018年の平成30年です
この年14,442,208円から
22,858,285円になっている
この2018年に急上昇した
何があったか?
そうです・・・・
皆さん 感の良い皆さん
分かりますか?
あの事件です!
土俵事件
多々見市長が
大相撲の舞鶴場所で
倒れた事件がありますよね
2018年はあの年なんですよ
あの土俵事件で
多々見市長を
手厚く介護した女性の1人が
三輪紀子課長だったんです
公私共に
手厚く多々見市長を
サポートしたとのことですね
この部分に関しては
私たちが非常に沢山の方たちに
取材をしてますので
間違いないです
その後、多々見市長の
お気に入りとなって
権力を手にした
その結果・・・・
吉本興業にアダルト動画配信サイト
大物政治家
FMまいづるの電波塔にお金を使う
透明なお金を使う
権力を手にしたのだと
私たちは状況から予想しています
もちろん病に倒れた
市長を献身的にサポートする事は
本当に素晴らしいことだと思います
ですが
病に倒れた市長をサポートするのは
良いことだとは思いますけれども
その結果としてですね
私たち市民は累計で
1億8000万円も使い
役に立たないFMまいづるの電波塔を
作ったんです
アダルト動画の配信企業に
舞鶴市のPR動画を
110万円かけて発注したり
元政治家に528万円も使って
訳のわからん事業を発注したり
コロナで舞鶴市民が
苦しんでいる最中に
吉本興業に
イベント発注したり
ほんまに無茶苦茶な
税金の使い方をされるばかりか
それだけじゃ無いんですよ!
FMまいづるの電波塔工事の
失敗を告発した
FM舞鶴と毎日新聞を
市議会で恫喝したり
挙句の果ては
毎日新聞社に乗り込んで
恫喝したという
はっきり言いまして
ポンコツ通り越して最低最悪
舞鶴市に大きな被害をもたらす
災害レベルのお仕事をされている
駄目中の駄目職員だと
私は思っています
私達が調査をすればするほど
この方は
仕事しちゃいけない
レベルの方なんです
この件についてですね
市会議員さんは勿論
追求しません
市役所内部から反省するとか
告発が上がることも無いです
これですね
私達の意見
市民の意見 この調査は
黙殺されている
状況なんですけれども
このYou Tube動画
三輪紀子さん
見ておられると思います
舞鶴市役所幹部の方々も
見ておられると思います
市会議員の皆さんも
沢山見ておられますよね
見ておられたら是非とも
三輪紀子 
元広報広聴課長本人から
広報まいづる誌上で
是非とも懺悔をしていただきたいと
思っております
お願いします!
こう言ったことをするのが
広報の仕事やと思います
自分の罪を認めてですね
何故この様な失敗が起こったのか?
自ら解明していただきたいと
思っております
全部、市民にばれてるんですからね
反論があるならちゃんと
反論して下さい
以上 お願いします

大物政治家へ528万円 元京都府知事 山田啓二氏の関連企業と不透明な随意契約を結んだ三輪紀子 舞鶴市広報広聴課長

最初に見ていただきたい動画

天空PRへのリンク

FMまいづる電波塔事件で1億6千万円の工事を失敗させ更に市民に血税2000万円を追加負担させたにも関わらずに責任を取らない担当者 
舞鶴広報広聴課元課長 三輪紀子氏の仕事を徹底追及します。
三輪氏の行った業務を情報公開した結果、不自然な契約が多数浮かび上がってきました。
その一つが大物政治家である山田啓二氏関連企業へ渡った528万円の随意契約です。
山田啓二氏は元京都府知事です。
市役所内で十分にできる仕事をわざわざ大物政治家の関連企業に随意契約で発注した意図とは・・・ 舞鶴の闇に迫ります。

天空PRへの随意契約金額と日付が分かる書類
その他企業へのシテイブランデイングに関する業務の別途発注は相手先を隠しています(舞鶴の企業及び教育機関です)

関連動画

おはようございます
やばいぜ舞鶴
森本隆ならこう変える
今日は2022年6月16日木曜日です
昨晩公開した
You Tube
見てもらいましたでしょうか?
もうすごいでしょ~
舞鶴のPR動画作成を
アダルト動画を
ネット配信している企業に
依頼したのです
ほんとに市民としては恥ずかしい
事態なんですけれども
今朝ですね
You Tubeの具合を見ようと思って
チェックしてみますと
一瞬、アカウントが
止められてたみたいです
私のYou Tubeアカウントがです
これはですね
You Tubeが
アダルト動画サイトへのリンクが
貼ってある事で
アカウントを止められました
本当にYou Tubeに
舞鶴市がPR動画を発注した企業の
ホームページへのリンクを貼るだけで
アカウントが動画が
ストップされるんですよ
それぐらいの会社へ
舞鶴市がPR動画を
発注しているということで
そこの所を皆さん
よく覚えておいてください
You Tubeが動画を
止めるくらいの企業なんです
今回、前回も含めて
合計4回のスクープを
連発していきます
いつ停止させられるかも分からない
皆さん、早めに
動画を確認してください
今回みたいに
リンク貼っていたら
リンクがアウトという事もありえます
私のYou Tube動画の下
概要欄のところにですね
リンクのURLを貼ってる時は
まず先にそれを見てもらったら
ありがたいと思います

本題に入りたいと思います
今回も大スクープです
前回と同じくですね
行政文書の開示通知
開示請求した内容
多々見市長の公印をついた
この資料を元に
お話していくんですけれども
広報公聴課
三輪紀子 元課長がやっている仕事は
非常に問題ばかりの案件が多いです
ほぼほぼ問題ある案件ばかり
私はですね
この方が実行部隊のトップだと
いう風に思っております
この裏にもう1名いるのは
分かっていますが
舞鶴市職員の裏仕事
汚れ仕事の実行部隊のトップは
三輪紀子さんだと
私たちは思っております
いいかがでしょうか?
その裏付け
今までずーっと
You Tubeで放送してきましたが
さらに有力な証拠がここにあります
これを読み上げていきたいと思います
令和2年4月1日から
令和3年5月31日
令和3年4月1日から
令和4年5月31日までの2年間に渡る
舞鶴市広報広聴課 
三輪紀子元課長が発注した
随意契約 
競争入札も
コンペでもなく
随意契約 
三輪紀子元課長の裁量で
発注し舞鶴市の税金を支払う
随意契約という
仕組みなんですけれども
とある会社
とある企業へですね
舞鶴市シティブランディング
戦略事業支援業務委託
という名目でですね
2年間にわたり1年間で264万円
合計すると528万円の血税が
舞鶴市シティブランディング
戦略事業支援業務委託
という形でですね
発注されております
2年間で528万円
私たちの血税が投入されてる事業
コンペでも競争入札でもなく
随意契約でやってる
この528万円の
行き先はどこか?
皆さん興味ありますか?
相手は株式会社 天空PR
という企業です
聞き覚えがないですよね~
誰も知らないと思います
この天空PRは
前 京都府知事 
山田啓二氏の
関連する会社です
舞鶴市のシティブランディングを
行なう戦略支援業務委託としてですね
前京都府知事の関連する企業に
随意契約で
528万円が渡っている
これはいかがなものでしょうか?
「天空PR」
で検索してください
その中に所属タレントという形で
山田啓二 前知事が
入っております
まあ~そういう事ですわ・・・
天空PRさんはKBS京都なんかで
よくテレビに出られている
山田啓二さんですよね
京都府知事時代には
非常に優秀で
全国知事会の会長も務められたという
大物政治家ですが
今は一般タレントみたいな活動を
されております

出演先はKBS京都ですけれども
はっきり言って
こんなこと言っちゃ
申し訳ないですけれどもKBS京都
誰も見ないじゃないですか
そこにね
山田啓二さんという
元京都府知事が関係する企業に
2年間で528万円使っている
私たちの税金が投入されている事を
舞鶴市民の皆さん
京都府民の皆さん
これをどう思いますか?
明らかに可怪しいですよね?
普通はそんな事しませんよね
シティブランディングですよ
シティブランディングの戦略事業を
元京都府知事の
関連会社に発注するのは
誰がどう考えたって
何か裏があるとか
裏金だとか賄賂的な
ものではないのか?
そういう風に勘ぐるのが
普通だと思います
正当な競争で得た業務ではないです
コンペじゃないですからね
競争入札でも無いです
随意契約ですから
市民の知らない間にスポットっと
舞鶴市に入り込んでいる
こういう事業をやります
予算だけ組んで
この会社が優秀です
天空PRです
ああそうなんか・・・
で済むんですが
会社を調べたら山田啓二 
元京都府知事の関連企業
非常に力がある方ですから
私はですね
シティブランディングの戦略事業
という名目よりは
山田啓二氏に
お金が渡ることを
目的としているのでは無いのか?
と私は思っております
舞鶴市民の皆さん
京都府民の皆さんがどう思うかは
それは自由なんですけれども
今までの流れを考えて
何か表に出せない
お金なんでは無いのか?
と私は思ってます
なぜ山田啓二氏に
元京都府知事の会社に
お金が渡ったのか?
普通ならですね
こういう事業
行政が発注する仕事は
もっと公平、公正ないと
あかんじゃないですか
ちゃんと
実力を伴った
企業に発注しなきゃ
いけないんですけれども
その部分が全く不透明なまま
お金出すことが決まってるんですよ
天空PRが舞鶴で行った
業務内容を色々調べてみました
そうすると
一応なんか
会議みたいなのは
実施されていますが
到底これは
1年間で264万円支払うに
値する事業ではない
と思うんですよ
しかも事業の中身を見てると
舞鶴市役所内で
十分できるような事業なんです
普通に行政ができることをですね
わざわざ、天空PR 山田啓二氏
元京都府知事の会社に
発注する必要なんて
無いんですよ
この程度の事業は舞鶴市単独で
出来るはずですし
そもそもシティブランディングを
今まで実施してきたのは
この広報広聴課や
企画政策課という部署が
今まで実施してきた訳で
市民がやらなきゃいけない
市民と行政が
やらなきゃいけない仕事なのに
なぜ 元京都府知事の会社に
業務を発注しなければいけないのか?
そこが大きな疑問です
実際に行われた仕事もなんかもですね
色々と調べましたが
同年度内の別の随意契約には
色々な事業があり
他の企業に迷惑かかるので
詳しく言えないですけれども
同年度内で別の随意契約を受けてる
舞鶴市の企業の多くは
善意で随意契約されてると思います
同年度内の別事業に振り分けて
いろんな経費が
別項目で突っ込んであります
例えばお土産代みたいなもの
シティブランディングの
会議の食事代として
舞鶴市の企業に支払われています
これ本来なら
天空PRが発注しなきゃいけない
経費だと思います
シテイブランデイングに
関する印刷代とか
そういった諸々の経費
あとはアンケート調査も某大学に
安い金額で発注されています
天空PR以外の企業
地元や善意であろう会社はですね
すごく安い金額で
請負されておるんです

賞品
インスタグラム投稿による賞品も
シティブランディングの一貫ですが
これも同年度内の別事業として
随意契約で経費計上されている
パンフレットも
同年度内の別事業として
舞鶴の地元の企業に
発注されています
大元で大きな
528万円の随意契約の発注があり
その他、付随する仕事
安い仕事は
舞鶴市内の企業が請け負っている
形式としては
本来は全部を一式として
天空PRさんに仕事を
任せないといけないのに
チラシやパンフレットなどの
経費も含めて
発注するべきなんですけれども
事業に使用された経費は
別途となっています
ほんまにこれは仕事をしているのか?
どうかなっていう事も分かりません
面白い事があります
イベント
このシティブランディングの
アンケートに関するイベントを
東舞鶴のラポールで
開催されているんですけれども
その時に
東舞鶴高校の学生を使って
アンケート調査をやっています
天空PRが経費を出した形跡
無いんですよね
殆どが舞鶴市と
地元の人たちが調査
アンケート調査を
やってるのにもかかわらず
天空PRには528万円の
仕事として支払われている
如何にこれが不自然な事であるのかが
よく分かると思います
このアンケート調査の動画が
KBS京都で配信されてますので
この動画は下の概要欄に
貼り付けとくんで
皆さん見てください
その動画の中には
驚くべき人物が顔を出しております
概要欄にあるKBS京都の
動画のリンク絶対に見て下さい
驚くべき人物
私たちが追及してる
某人物が顔出しで
舞鶴の事を語っています
某人物が現場で先頭に立って
仕事されているんです
さらに某人物が天空PRに528万円支出
も決めているんです
メチャクチャ可怪しいでしょう!
どう考えても可怪しいでしょう!
私は何故
山田啓二 元京都府知事に
お金が渡る必要があるのか?
まあ言うてもね
元副知事なので権力はありますが
あからさまにこの様な
行為をすることは
どうなのかな?
普通ならおかしいって思いますよね
普通に調査したら
僕たちは色々調べてきていますが
はっきり言って
やるんならもっと上手に隠せやと
思いますけれども
あまりにも
隠し方が下手くそだと思っています
まあまあこの
山田啓二元京都府知事に
お金が渡る理由は1つだけ
僕に思い当たる節があるんですよ
それはパーム油火力発電です
あのパーム油火力発電誘致に関しては
多々見市長がリーダーシップを
とって誘致をした
という経緯があります
ですが・・・
舞鶴市の多々見市長が誘致した
その裏には
もう一人の人物が隠れていました
その率先した誘致した人物の一人が
山田啓二氏
その当時 山田啓二元府知事は
パーム油火力発電所問題が
表になった時には

今の西脇知事に代わっていました
当時は既に現場からは
退いた元府知事だったので
私たちは問題にすることはなく
山田啓二元京都府知事の行った
誘致に関してはあまり
突っ込まなかったんですが
こういう資料が残っています
パーム油火力発電の建設をお願いする
書類(信書)がここにあります
日立造船の会長に対してですね
山田啓二元京都府知事が
4枚の書類
最後に山田啓二元京都府知事の
サインが記載されています
日立造船の代表取締会長に対して
山田啓二元京都府知事
サイン入 信書には
舞鶴市にパーム油火力発電を
建設してくださいという願いを
文書にしています

あのパーム油火力発電問題
多々見市長が単独で
誘致できるレベルではなく
必ず裏が存在すると
私たちも調べてたんですけれども
それが山田啓二元京都府知事
それは間違いないと思います
多々見市長と
山田啓二元京都府知事2人で
誘致に動いたのだと
思うんですけれども
これはもう終わった話なんで
仮定なんですけれども
山田啓二元京都府知事も一生懸命に
誘致に関わっていたのは
そこは間違いない
それなのに
舞鶴市の大失敗
多々見市長の大失敗によって
パーム油発電計画は止まったんです
無くなったんです
私たちが頑張って
止めたんですけれども
そうなると
多々見市長は
私にお任せくださいと言って
大見得を切り
事業を推進したにも関わらずに
大失敗してしまった
この件は、パーム油発電失敗の
詫び金では無いのか?
私たちは思っております
かなりですね
京都府もそうですし
日立造船もかなりのお金を
突っ込んでるはずなんですよ
それを回収しなきゃ
いけないということで
前にもYou Tubeで放送しましたが
舞鶴クインブリッジの修繕金額
発注金額が凄く高額です
舞鶴クインブリッジの修繕の為に
日立造船に工事を
発注しているのですが
それがパーム火力発電 
誘致失敗の代償ではないのか?
過去のYou Tubeで放送していますが
今回の山田啓二元府知事の関連企業に
渡ったお金は
パーム油発電誘致失敗の代償としての
詫び金では無いのか?
私たちはそういう風に思っております
実際のところはね
証拠が無いので分かりませんしですね
一応シティブランディング
という名目で
お金出されています
一応、名目上は書類としては
通っていますので
これ以上の追及は無理だと
思いますけれども
舞鶴市の裏事情を詳しく知る
私達としては
これもパーム油発電誘致失敗の
ツケを支払された
多々見市長の大失態の
ツケを支払わされた
私たちの税金で支払ったと
思っております
シティブランディングに関しても
色々と調べてるんですけれども
シティブランディング関連で
様々なお金が投入されております
様々な助成金や補助金
交付金を使い
舞鶴市シティブランディングに対して
税金が投入されております
私たちのこの
やばいぜ舞鶴に対抗して作った
ずるいぜ舞鶴 ずるいづる
あれもこの
シティブランディングの一環です
ずるいぜ舞鶴 ずるいづる にも
税金が600~700万円
使われています
これらシテイブランデイング
関連の予算を総合すると
結構なお金
相当な金額です
私たちもですね
全部はまとめきれて無いのですが
シティブランディングという名目で
不自然な予算がたくさん集められ
いろんな所に流れているんです
ずるいぜ舞鶴 ずるいづる
そんな事業
どうでもいいじゃ無いですか!
ずるいぜ舞鶴 ずるいづるを
PRするのに
600~700万も払ってるんですよ
明らかにこのお金の流れは
不自然だと言うことで
今回はこれで終わりたい
と思っております
もうね~舞鶴市のお金
私たちの税金 528万円も
山田啓二 元京都府知事の
関連企業に流れている
これはもう紛れもなく
紛れもない事実です
その周りには
様々な
不自然なお金の流れがある
これは絶対におかしい!
この件も
今後、追求していきますが
広報公聴課の三和紀子課長が扱う
随意契約による不自然なお金の流れに
皆さんも注目してください
こんな仕事を行っているのが
舞鶴市役所の広報広聴課です
私達はこのような汚れ仕事を
舞鶴市役所の広報公聴課が
担当しているのではないのか?
と睨んでいます
皆さんも情報があったら
よろしくお願いします
どんどんどん追求していきます
もう一回言いますが
舞鶴市の税金 528万円が
山田啓二 元京都府知事の関連企業に
流れている
しかも随意契約で流れた
三輪紀子課長の裁量で支出を決めた
もちろん上司の決裁は
あるとは思いますが
この事業のからくりは
トップダウンで決められた
お金の支出だと
私達はにらんでおります
頑張って追求していきたいと思います
以上終わりです!

アダルト動画配信企業に舞鶴市のPR動画を市民の血税110万円で発注 三輪紀子 広報広聴課元課長

三輪紀子広報広聴課 元課長がおこなった随意契約一覧

市長の公印がついた証拠書類

FMまいづる電波塔事件で1億6千万円の工事を失敗させ更に市民に血税2000万円を追加負担させたにも関わらずに責任を取らない担当者
舞鶴広報広聴課元課長 三輪紀子氏
三輪氏の行ったその他の仕事で不審な点は無いのか?
やばいぜ舞鶴 調査班が懸命な調査を行った結果、新たな事実が浮かび上がってきました。
それが今回の三輪紀子 広報広聴課元課長が随意契約でアダルト動画配信企業に舞鶴市のPR動画を市民の血税110万円で発注した事件です。
その事件の詳細を公開します。

舞鶴の老害 VS 良い高齢者 舞鶴を変えるには良い老人のパワーが必要です 2023年舞鶴市長選挙 選挙公約8 森本たかし

2023年2月の舞鶴市長選挙にむけての選挙公約 第8弾を公表します
舞鶴市には今、2つのお年寄りグループがあります
今年72歳になる多々見市長を筆頭とする権力に巣食う老害グループ
一方で 子供たちの見守り当番や地域活動に励んだり、現役で働く素敵で勤勉な高齢者も沢山います。
私は高齢者を一括りにせず、高齢者対策、高齢者向けの政策を良いお年寄りたちと一生に考え、舞鶴に巣食う悪い高齢者達から舞鶴市を守っていきます!

文字起こし

おはようございます
やばいぜ舞鶴 
森本たかしならこう変える
今日は2022年6月9日木曜日です
今日も頑張っていきましょう
えっとですね
今回は高齢化問題についてお話しします
高齢化問題について
私の公約をお伝えします
高齢化問題の話を
するんですけれども
最初に言うときますけれども
私は子供と女性と年寄りの味方です
これはっきり言うときます
一番、守るべきなのは
子供です
子どもを一番大事にしていく
育んでいく
舞鶴市を作りたいと思ってますが
その次には女性と高齢者
大切にしていきたいと思っております
ですが
子供は守るべき者
なんですけれども
女性とお年寄りは
守るべき者というよりは
私は尊敬するべき人たち
もっとリスペクト(尊敬)
していくべきだと
と思っております
今の舞鶴市は
はっきり言いまして
女性と高齢者を軽んじすぎです
めちゃくちゃ軽く見てると思います
あの文庫山問題は
めちゃくちゃ酷いじゃないですか!
今まで
舞鶴市を支えてくれた高齢者の方々が
ですね
安らぎと安寧
憩いの場として使ってきた
この文庫山をですね
一方的に行政が奪い取ってですね
今からしょうもないスパ?
サウナを作ろうとしてる
そんな赤れんがパークの再開発計画が
ありますけれども
この文庫山の部分に関しては
ほんまに年寄りを
軽視している
舐め腐ってると僕は思います

高齢者を大事にする
もっとリスペクトする
僕は良くリスペクトという
言葉を使うんですけども
リスペクト=尊敬する
という言葉です
私は高齢者をリスペクトしていますが
高齢者を
大事にするという事になると
どうしても僕たちの世代になると
年寄りに色々と
邪魔をされる
事業を邪魔をされるとか
意地悪をされるっていう
言葉が出てきます
一言で言うと
老害という言葉として
よく聞くんですけれども
僕の周りにおられれる高齢者
お年寄りの方々たちは
全然、そんな老害なんて人はいません
本当に皆さん、勉強熱心ですし
よく働きます
親切だし、本当に行動的
活動的な人たちばかりです
全く、僕の周りには老害に該当する
年寄りはいません
ただ、多々見市長を筆頭とする
舞鶴市議会の中には
ほんまに老害って呼ばれる
私が老害って呼んでる
人たちも沢山います
多々見市長なんかも老害ですよね
舞鶴市には
様々な団体があってですね
歳を重ねた重鎮達
引退すれば良いのに
まだまだその団体に
踏ん張って留まろうとする人たち
そんな老害はすごく多いです
舞鶴スポーツ協会なんかは
ほんまに老害の巣窟ですよね
私が今からお話しする高齢者の話は
本当に尊敬できる
普通の一般市民の
高齢者の方たちの話です
多々見市長とか
舞鶴市議会の老害の話ではありません
そんな人たちは関係ない話です
普通に舞鶴市内で頑張っている高齢者
子供たちの見守り当番など
様々な活動をしてくれてる
舞鶴市の為に動いてくれる
お年寄りたちの話を
今からやります

高齢化問題なんですけれども
この舞鶴市の
高齢化問題を
最初、調査しようと
思ったんですけれども
舞鶴市の統計データー
調べましたら残念な事に
最新のデーターは
平成27年のデーターしか無いんですよ
国勢調査も終わってるはずなのに
なんで
平成27年のデーターしか
無いんですか?
年齢別・男女別の人口
私が調べ足りないだけかも
しれませんけれども
調べても出てきません
舞鶴市はちゃんと仕事しろよ
統計データも無しに
舞鶴市の指針が
決定できるわけがないと
まずこういった細かい仕事
ちゃんと舞鶴市役所の人は
やってください
データー無くして
舞鶴市の行政なんて
運営できないですよね
まあ仕方が無いので
私がこの
総務省統計局のデーターを
調べてExcelでバチバチ
いじってですね
舞鶴市が公表している
最新の人口データー
これは公表していました
それと組み合わせて
私が独自に舞鶴の
高齢化について計測しました
その結果
今、最新の舞鶴市の人口は
78,633人
高齢者と呼ばれる
65歳以上の人口は
舞鶴市の人口のなんと32.2%
25,319人が高齢者なんです

統計データから計算してるので
多少の増減はあると思います
つまり舞鶴市の3人に1人は
高齢者です
32.2%
日本全体の高齢化率は28.4%
舞鶴市は
全国平均よりも高齢化率は高いんです
京都府全体の高齢化率は
29.3%なんです
京都府平均の高齢化率よりも
高いということですね
舞鶴市は京都府内平均
日本平均と比べて
高齢化率が高い街です
僕は舞鶴市問題を色々と調査して
抗おうとしておりまして
この高齢化問題に対しても
抗いたいと
思いたいところですが
けれどもまあもうこれはですね
もう国として
こういう事態になってしまったので
高齢化を食い止める事は
不可能です
ほんまに
子供を沢山生んで
育てていくしか方法はない
それには時間がかかる
そう簡単には高齢化率の増加は
収まらずに
逆にどんどんどんどん
高齢化率は増えていきます
知らん間に
40%、50%になっていきます
それに対しての街づくりを
舞鶴市でも
やっていかなきゃ
いけないんですよ
では舞鶴市で
どういう風に高齢化対策を
やっていくのか?
具体的な案があります
起死回生の
今、無いって言いましたが
裏技があります
ほんまに
裏技、インチキに近い業
なんですけれども
私が思ってるのは
舞鶴の70歳以上を
高齢者として設定しましょう
ただそれだけですね
本来、国としては
65歳以上が高齢者なんですけれども
舞鶴だけは
制度は変えられない
国の制度は変えられないんで
建前上、舞鶴市は
70歳以上を高齢者にしましょう
そういう概念を持ってもらいたい
それしか方法はない
と思っています
ざっくりと調べましたけれども
舞鶴の65歳から
69歳の人口は大体
7200人前後なんですよ
25,319人から

7,200人を引くと
18,119人
なってですね
こうなると
高齢化率は23%になりまして
こうなると
4人に1人が年寄りになります
ここは単なる数字の遊びですから
そんなに深く考えないでくださいね
ここは重要ではありません
高齢者の概念をもっと引き上げる
と思ってください
正し、これは良いお年寄り限定です
多々見市長や市議会の老害
重鎮の老害は除きます
その人達は年寄りで良いです
僕が言ってるのは
良いお年寄り限定で70歳以上を
高齢者にしましょうということです
老害の年寄はさっさと引退して
もらわないといけないので
早くやめてください 多々見市長!
まあそんな感じですね

舞鶴の概念
舞鶴では七十歳以上を
高齢者で呼ぶと
するだけで
制度設計を変えるわけでは無いんです
国に対して反旗を翻したり
文句をいうわけでも無いです
そんな事で
無駄な議論に
時間を費やすのも無駄なんで
ほんまに気持ちの問題
70歳以上を高齢者とする
そんな感じです
何でこういう事を
僕が考えたと言いますと

ちょっと古いデータなんで
すいませんが
2019年(令和元年)
時点でですね
男性の平均寿命は
81.41年
健康寿命は72.68年
女性は平均寿命が87.45年に対して
健康寿命は75.38年
点が入るとややこしいんで
男性の平均寿命は84歳
健康寿命は72歳
女性の平均寿命は87歳
健康寿命は75歳

ややこしい言い方ですね
つまり男性は72歳までは健康です
舞鶴市では健康である限り
年寄り扱いせずにですね
しっかりと働いてもらう
そのための社会基盤を構築するのが
政治の役目だと思っております
本来なら
引退して
ゆっくりしてもらいたい
所なんですけれども
残念ですが舞鶴はボロボロです
この12年でぼろぼろにされました
ほんまに高齢者でも
高齢者と言われる人たちでもですね
健康なうちは申し訳ないですけれども
舞鶴のために、私達のために
子供達や孫世代のためにですね
一生懸命頑張ってください
それをお願いする
こういう制度を作っていけたらなと
思っております
もうね舞鶴だけじゃないです
日本もほんまに
今、ボロボロなんですよ
そのために
ほんまに高齢者は
資産であり資源だと私は思ってます
お年寄りが働きやすい環境を
舞鶴市の行政主導で
作っていきますの
なんとかお年寄りの
高齢者の力を貸していただきたい
健康に働けるうちは
みんな一生懸命
働いてください
そのための働きやすい環境は
行政が用意します
そういう提案でございます
もともと高齢者の設定は
今は65歳以上になってますが
元々は60歳だったんですよ
それがどんどんどんどん年齢は
今、引き上げてられていますが
高齢者 定年の定義から
始まりましたが

大正末期から昭和初期の時に
定年制が設けられたんですよで
元々はですね
その頃の定年制は
昭和初期は定年55歳だったそうです

その頃の平均寿命は
45歳だった
おそらく戦争で若死にした
ことが大きいと思いますが
昔は平均寿命は今より
めちゃくちゃ若かった
45歳だった
その時の定年制が55歳なので
ほんまに死ぬ直前まで
昔から働いていたのが
正直なところです
今の健康寿命
長寿化している中では
65歳っていうのは
明らかに働ける年代です
かなり速い段階で
リタイアを設定している
ということなので
高齢者にはもっと
頑張って働いてもらいたいと
私は思っております

確かに高齢者になるとある程度
一定の年代では
一旦、リタイアはしてもらわなきゃ
いけないと思います
ずっとね
会社に残るだとか
リーダとして
年を重ねた方が残っていると
それは古い考えのままになるんで
やっぱり組織の変革
新陳代謝が生まれ無いので
やっぱりある程度になれば
一旦は引退してもらわないと
いけませんが
引退後は再雇用や
別の会社で頑張ってもらえる
新しい場所で頑張ってもらえる
この体勢を舞鶴市が
総力あげて作っていく

僕は高齢者だから
こんな仕事ができないとか
あんな仕事ができないなど
よく言われるんですけれども
そんな事は無いと思います
僕の周りでもパソコン
使える高齢者は多いですし
どっちかというと
ほんまに
僕の周りでは
僕よりも年齢が
かなり高い層の人たちと
お付き合いしています
年寄り、年寄り
言いましてすいませんが
年寄りパワーに驚かされる
僕らの世代よりも
かなりエネルギッシュで
仕事をされている
この力を
使わないのはほんまに
もったいないですよ
だから
逆に老害と呼ばれる悪い高齢者が
エネルギッシュなのは敵わないので
そいつらは
なんとか
倒していかないと
いけないんですけれども
ほんまに良いお年寄りの人たちは
舞鶴のためにも
健康であるうちは
働いてもらいたいんです
そのための制度を
高齢者の皆さんとで
相談して作っていきます
どんどんどんどん
頼りにさせてもらいますので
若い人達、僕ら世代とかね
僕より若い世代の人たちは
ほんまに気付いて
無いのかもしれませんが
良いお年寄りは
めちゃくちゃ沢山います
私たちの生活が成り立ってるのは
高齢者のおかげなんです
スーパーに行っても結構、
年取った方が多いでしょう
レジ打ちしている高齢者
小学校の登下校の見守り当番
みんな高齢者です
地域のことをやってるのも
皆さん年寄りばっかりでしょ
草刈りしてるのも
高齢者ばっかりです
ほんまに今ね
道路工事の現場とか
でも高齢者は多いですし
大工さんなどの職人さんも
高齢者が多いです
昔みたいに
若い人と一緒の
分量、同じ力で働き続けられるか?
それはやっぱり体力的な事もあるし
精神的な事もあるので
なかなか無理ですけれども
それに代わる経験があります
経験も実績もあるので
そういった人たちを上手に使い
若い人たちの妨げにならない
分野で活動をしてもらいたい
と私は思ってます
それができるぐらい
舞鶴のお年寄りは元気なんです
そのためには
私はお年寄り達が
本当に働きやすい環境を
作っていきたい
と思っています
そのためにはですね
文庫山問題もちゃんと
最初からゼロから
考え直していかなきゃいけない
と思っています
文庫山の件は議会で決まった事なので
なかなか覆すのは
大変だと思いますけど
可能な限り、僕はこれからの
舞鶴の高齢化
舞鶴はドンドン高齢化していきます
今は
そんな年寄りなんか知らんがなと
思ってる方も
いらっしゃると思いますけども
もう気がついたら高齢者になってます
僕は今年
50歳になります
あと15年で高齢者の仲間入りします
ほんまに気づいたら
あっという間に高齢者です
高齢者の福祉が今
全くない状態
今まで高齢者の
福祉がすごく充実していたのに
今もうゼロというか
逆にマイナスになってます
そういった事からも
しっかりとお年寄りたちの意見を
元にしてですね
高齢化問題を
考えていきたいという思います
でもまずはお願いしたいのは
高齢者の皆さん
ほんまに申し訳ないですけれども
ギリギリ働けるまで
働ける間は
頑張って働いてですね
舞鶴のために頑張ってください
子供や孫のためにですね
頑張って余生を過ごしてください
健康で働ける事は
すごく僕は良いことだと思います

引退するにはまだまだ早い
舞鶴には悪い奴が沢山います
お年寄り達の力が必要なんですよ
僕たち世代はまだまだ経験不足
力不足の部分が大きい
だから年寄りの力を結集して
なんとか
舞鶴市を立て直す為に
ご協力をお願いします
以上です

ちゃった祭り 3年連続中止決定 市民参加型で盛り上がる新しいお祭りを作りたい 2023年舞鶴市長選挙 選挙公約7 森本たかし

2023年2月の舞鶴市長選挙にむけての選挙公約 第7弾を公表します.
舞鶴の2つの大きなお祭り 港まいづるちゃった祭りと田辺城祭りが早々に中止が決定しました。
主催者側はもうやる気を失ってる様子です。
何の娯楽もない舞鶴市でせめてお祭りぐらいは開催したいと思い、市民参加型の新しいお祭りを公約として提案いたします。
舞鶴の新しいお祭りを皆で考えましょう!

おはようございます
森本たかしです
やばいぜ舞鶴
森本たかしならこう変える
今日は2022年6月6日 月曜日です
今日はですね
朝から雨が降っておりまして
うっとうしい天気なんですけれども
雨にも負けずに
頑張っていきましょう
今回は
私の政策
今回はちょっと個人的な
趣味の話もあるんですけれども
政策
公約を聞いてもらいたいと思います
今回のテーマは祭りです
舞鶴の祭りを何とかしよう
ということで
ちょうど6月3日
毎日新聞さんの記事に
掲載されていますが
ちゃった祭り3年連続中止
という記事が載っております
夏の風物詩 みなと舞鶴
ちゃったまつりの実行委員会は
今年の開催を中止すると発表した
コロナ禍で中止となるのは
三年連続となる
残念ながら今年も
「ちゃったまつり」は又、中止です
一応
去年の10月に街を元気付けようと
希望の花火と題した
サプライズの打ち上げ花火を
実施したところ
好評を博した
このため今年も日時を
事前に知らせない
打ち上げ花火の実施を決めた
夏から秋にかけて打ち上げ見通し
と言うことで
商工会議所の会頭は
来年度に向けて
ウィズコロナにおける新たな祭りの
在り方について
総合的に検討すると
コメントしたという
新聞に書いてあります
三年連続でちゃった祭りが
無くなるのは
市民にとっては悲しい出来事です
田辺城祭りも無いんです
今年で既に開催中止は決まっています
田辺城祭りとちゃった祭り
舞鶴の2大お祭りがすでに停止
中止をすると事が決定してまして
これはどうなん・・・・
って思いませんか?
確かにコロナで祭りが
出来ない事情もあるんですが
今の雰囲気ならば
なんか祭りは開催できそうな
感じじゃないですか
もう収束に向かっていき
小さな規模に変えても
やっていこうみたいな
そんな感じが
今は日本全国的に
あるような感じなんです
恐らく僕的には
準備しててね
急に中止になるのが嫌ですし
2年間も開催してこなかったから
3年目 面倒くせえよな~
ということになってる雰囲気だと
僕は思ってます
なかなかね
2年間、祭りが開催できなかったのは
仕方が無いことですが
僕的には今年は開催できるだろう
と思うわけですけれども
商工会議所や
田辺城祭りの実行委員会は
早々に
お祭りを開催することを諦めた
という風な事でして
もちろんこれは舞鶴市などと
いろいろ協議しての結論だと
思いますけれども
コロナで大変なのは
理解できますし、準備をやっても
無駄になるのかも
分かんないですけども
舞鶴市民としては何とか
お祭りは開催して欲しいと思います
僕もお祭りの事
色々と考えたんですが
あまりにも舞鶴市には
娯楽が少なすぎる
僕らの年代になると
さほどお祭りに関しては
そんなに心踊るわけでは
無いですけれども
やっぱりちっちゃい子
幼稚園・保育園・小学校
中学生・高校生ぐらいまでは
お祭りというのは
凄く楽しいもんでですね
大人はいいんだけども
子供達の為になんとか
お祭りを開催させてあげたいよな
という風に思うわけですわ
でもコロナ禍でもあるので
コロナ対策をしっかりした上で
お祭りを開催するのもなかなか
大変な事だとは思うんですけれども
僕が市長になったら
祭りはちゃんと実施したいと思います

別の形ででも開催したい
今までのお祭り見てると
田辺城祭りも
ちゃった祭りも規模がでかい
はっきり言って
2つのお祭りはあんまり
市民参加型では無いんですよね
祭りって皆が
参加してのお祭りだと思うんですよ
僕も地域のお祭りには
参加して
僕の地域には
うまく市という秋の市が
ありましたけれども
地元で
凄く小さな規模なんですけど
準備から楽しいですよ
準備段階から何しよう?
どうしようか?
こんなイベントにしよう!みたいな
そんな話をしてね
準備から参加して楽しいのであって
祭りだけを楽しむのは
僕の中ではあんまり無い
僕は祭りの裏方に入るのが好きなので
イベントに参加する
遊びに行くよりは
参加する方が
好きな方なんですけれども
この参加する楽しみっていうのを
今の若い子たち

子供たちに教えてあげたいな
と思うわけですわ
でも今はコロナ禍という事情があって
出来ない、難しいことは
理解できますので
僕が市長になったら
もっと新しいお祭りの形を
市民の皆さんと一緒に考えて
行政や団体など
商工会議所等の主導ではなく
市民主導のお祭りを
何とか開催できた良いよね
と思っております
田辺城祭りにしても
ちゃった祭りにしても
地元の人が
動きはるのは動かれるんですが
それはあくまでも
地元の商売されてる方だとか
なんちゃら団体が後ろにいて
どっちかというと
僕も参加した事、手伝った事
ありますけど裏方ですが
凄いやらされてる感があるんですよ
もう完全に
上の方が全部こうする
ああする
全部シナリオを決めて
下の方はやらされてる感だけで
特に仕切ってるのが
年寄りばっかりなんで
僕らの年代からしても
面白くない訳ですわ
やっぱなんかこんな事しよう
あんな事しようとなど
ある程度アイデアを持って
それが実行出来るのであれば
もっと手伝おうかな
っていう気分になれるんですが
面倒くさい会議があって長ったらしい
年取ったえらいさん話があって
ああでも無い
こうでも無い
歴史あるこのお祭りが
どうたらこうたらって
どうでも良い話を延々として
最初の会議に参加で
やる気をくじくっていうのかな
祭りをする気をくじく
みたいな
実際にはすでに
事務局が全部決めて
現場に行ったらグダグダみたいな
そんな感じ
あるあるだと
思うんですけれども
祭りに参加する人も
実はあんまり面白くない
祭りを見に行く人は
ずっとマンネリやし
参加する人もやらされてる感が満載
そんな事が積み重なり
市民参加型の祭では無いから
ちゃった祭りも田辺城祭りも
開催しないでおこう・・・
という事になるんだと
思うんですよ
舞鶴に祭りが無かったら
生きていかれへんわ~
みたいな
そんな感じでは無い
っていうのかな?
岸和田のだんじり祭りって
ありますよね
大阪のだんじりは市民参加型で
何があっても
この祭りには参加するみたいな
そんな気持ちの市民が
沢山いてだんじり祭りなどは
市民が一生懸命
やってはるんですけれども
だんじり祭りとは
逆に行く
舞鶴のお祭り事情だと
思っております
でやっぱりね
祭りを開催するにしても警備費用や
宣伝費
様々なコストがかかるし
舞鶴の財政事情から言うと
やっぱり祭りは無くしていきたいのは
本音やと思います
祭りを開催することで
税収が増えるわけでも無いですし
人口が増えるわけでも無いですから
はっきり言って
多々見市長からすると
お祭りなんていうのは無駄金
惰性でやってる
そんな気が僕は
ありありと感じます
そこを私は改めていきたい
と思っております
祭りって大事ですよ
娯楽ってものは凄く大事です
ほんまに
舞鶴市民にとっての娯楽が無い
この舞鶴市で
大きな街をあげての娯楽
はすごく大事です
ちゃった祭りと
田辺城祭りの存続が
どうこうっていうのは
それは別の話なんで
皆さんとじっくりと
市民ともじっくりと
お話していかなきゃいけない
問題ですから今ある祭りの継続
云々の
話は別に置いときますけれども
僕は一回、市民の皆で話し合って
舞鶴の街の
祭りのあり方は
考えるべきだと思います
ここからは皆さんと
対話する前提なんですけど
僕の考え方としてはですね
やっぱり祭りの大規模リニューアルは
必要ですし
運営体制や
執行委員や執行体制も
がさっと変えるべきだと思います
お祭りに関しては
50代以上は
運営には参加しないほうが
良いと思うんですよ
やっぱ若い子
若い子達が常に
祭りを運営していくなど
そういった
新しいお祭りを一度作って
そっちをメインにやっていく
祭りの運営に参加するのなら
引退する年齢を決めて
お手伝いはできるんだけども
執行する立場
段取り考えたり
イベントの内容考えるのも
若い子達に任せる
そんな事を今から祭りには
組み込んでいかないと
街の力 舞鶴の力は
どんどんどんどん
弱くなっていきますし
やっぱり若手の商売人さんや
事業をやられてる方々
団体の方々も
どんどんどんどん
若返りを図っていかないといけない
今の祭りは70歳、80歳の人たちが
舞鶴を仕切っています
祭りもそうですから
だから祭りから
舞鶴の世代交代
若返りを図っていかないと
ニューアルを図って
いかないとあかんのです
祭っていうのはやっぱりね
色んな人にお願いして
動いてもらう
いろんな人を使って
お願いして
実行するもんなので
そういう力をつけるための訓練としても
すごく良いんです
それを若い人たち
若い世代の人たちにやらせないのは
舞鶴としても凄く
大きな損失だと思うんです

若い子達が
実行委員会に入って
指揮できるお祭り
若い人たち中心で
やっていかなきゃいけないな
と僕は思ってます
もし私が祭りをするのなら
若い子が仕切る祭りを開催します
今、舞鶴市は観光のために
めちゃくちゃ沢山の金を
使ってるんですけれども
僕はもっと市民のために金を
使うべきだと思うんですよ
もちろんね
医療の充実だとか
インフラの充実など色々あります
普通にこの社会
インフラ・市民サービスを
豊かにするための
税金の投入も少ないんですが
今の舞鶴に必要なのは直接
市民に喜んでもらえる
楽しんでもらえる政策に
お金は多少なりとも
突っ込まないといけないと思ってます
舞鶴の政策は全部が
観光向けなんですよ
だから田辺城祭りにしても
ちゃった祭りにしても
観光客を呼び込むみたいな
そんな感じのもんが
メインになっててですねま
規模もどんどんどんどん
アップして予算をつけろみたいな
そんな感じで
大きなイベントを開催したい
気持ちは理解できますが
祭っていう物は
本来、地元の人が
楽しむためのもんなんで
舞鶴市民のための祭りを
新たに作り上げていくべきだと
思ってます
しかも出来るかぎり
若い人たちが実行委員会に入って
実行していく
コストもかけずに祭りを開催したい
これは僕の案なんですけれども
ハロウィンパーティ
なんかええんちゃう?
と思うんですよね
10月にハロウィン
ハロウィンの祭りを舞鶴市をあげて
参加していく
みんなでコスプレして
赤れんがパークで市民が集まって
市民の主導でコストかけずに
色々な人達が
仮装して集まる
それだけだったら
そんなにお金が
かからないじゃないですか
普通に
大きな
イベントするよりは
昼間にハロウィンのために
皆でコスプレして市民が集まります
そこには
舞鶴市内の色んなお店がね
屋台として
露天形式で参加する
赤れんがパークの中で
小さなイベントブース作っても
良いじゃないですか
舞鶴の色んな人たちが
好きに来ていいですよ
会場自体で
特に事前準備するわけでもなく
みんなが取り敢えず
コスプレして集まりましょう
そして舞鶴のお店に色々協力
お願いして屋台を
出してもらいましょう
それだけでも結構、面白いもん出来る
と思います
もしも出来れば
ちょっと予算があったら
ステージ組んで
そこで舞鶴のバンドや
ミュージシャン
お笑いやってる人たち
パフォーマンスやってる人たち
皆が好きに来て勝手に集まる
ほんまに
地域で活動してる踊り
普通の日本舞踊など
練習されてる方が
参加しても良いですし
お花の展示しても良いし
絵の展示しても良いし
写真の展示しても良い
なんかこう、皆で
舞鶴市民で持ち寄って
何か大きな事
みんなで一緒にイベントする
みたいなそんな祭りを
やるべきだと僕は思うんですよ
どっかの芸能人呼んできて
トークショーさせるとかでは無く
市民だけで完結する持続可能
今、流行の持続可能なお祭りを
若い子たちに仕切ってもらって
開催するほうがお金もかからへんし
楽しい今っぽいイベントができる
と思うんですよ
特にコスプレして集まるっていうのは
特に若い子達
そんな事をする機会が
今は無いので面白いです
ハロウィンっていう名目で
やれば良いんじゃないかな
っていう風に思います
市と祭りが
集まったようなバザール?
様々な夜店、出店などが集まり
食で人を集めるのと
コスプレが合わさり
バザール+お祭り
+ハロインみたいなそんな感じのね
総合イベント 持ち寄り型の
イベントを開催できると
僕はすごく楽しいと思うんですよ

ハロウィンの季節になれば
子供たちが
今年はどんなコスプレする?
みたいな感じで
そわそわし始めるみたいなね
そういった
ワクワクする
市民が参加するイベントが必要だと
僕は思うんですよ
今の舞鶴に無いのは
お祭りの一体感や
ワクワクする
この祭りがめちゃくちゃ楽しみ~
この祭りのために
子供がお小遣いを貯めるだとか
そんなようなことが必要で
やっぱり子供が喜ぶって事を
特に大事にしたいと思います
まあね大人にしても
コスプレするのは楽しいし
趣味の方も沢山いらっしゃいます
このイベントはあくまで
舞鶴市民がメインなんです
けれども
将来的に市民参加型の
大きなハロウィンパーティ
中々そんなイベントは無いですから
色んなとこから観光客も
来ると思いますし
そういった事
これは僕のほんまに
単純なアイデアです
もちろん
市民の皆さんと
話し合わなきゃいけないですけども
何かの形で大きな祭りをするのは
すごく大事だと思ってます
バザール 市 なんですけどね
やっぱり
行政主導の押し付け型
イベントでは無く
ほんまに市民参加で
市民の有志だけ集まって
とりあえず、例えば
第3土曜日に赤れんがパークに集まって

バザール 定期市を
開催するというのは
すごく面白いと思うんですよ
第3土曜日は仮の話です
第3土曜日に赤れんがパークに行けば
たこ焼きだとか
お好み焼き、焼きそばが
食べれるだとかね
屋台のカレーが食べれる
かき氷が食える
そんな事でも凄く楽しいと思うし
それにですね
コスプレして参加も良いでしょうね
これは一年中、ずーっと
通年イベントで
やってもいいと思います
一年間あるイベントでコスプレもやる
夏のコスプレ、冬のコスプレ
秋のコスプレみたいなのもあります
イベント時だけは誰にも
後ろ指、刺されることなく
手軽にコスプレできると
イベントを月イチで続けて
年に一回、10月だけは
ハロウィンの時に
大きなイベントにするとか
こういう祭りもやっぱり
地道にコツコツコツコツ
積み上げていく
それが大事なんでやりましょうよ
これはそんなにお金も
かかることないと思うんで
盆踊りとかね
定期市 バザールにプラスして
例えばじゃあ今回は
盆踊りがありますよだとか
市民のバンドコンクールがあるとか
市民のお笑いコンクール
開催するだとか
市民のカラオケ大会とかね
そういった
プロを呼ばずに
お金かけずに市民の有志だけで
皆がボランティアでやっていく
この祭りが凄い楽しいから
参加したい気分にさせる
やってると
ほんまに町の一体感も出来てくるし
やっぱり若い世代の子たちと
年寄りの交流もできる
年寄りは
若い子たちの意見が
スムーズに実行出来るよう
裏で頑張るんですよ
僕ら世代からは出しゃばること無く
ほんまに
二十代とか三十代の子たちの
バックアップに周り
舞鶴を盛り上げていく
っていう風にしたら
街が活性化
街に気力が生まれてくる
元気になるエネルギーをもらえるんで
ほんまに十代、二十代
三十代ぐらいが
企画して作れる祭は
すごく大事だと思います
やっぱそこが今の舞鶴に欠けている所
ほんまに観光ばっかりに
お金を使わずに
やっぱり市民の楽しみのために
僕はお金を使うべきだと思います
舞鶴市民が納税しているからこそ
この街があるんですからね
他所から来る
観光客のために舞鶴市は
あるじゃ無いんです
僕たち市民のために
舞鶴市はあるんです

あんまりね
いきなり大きな規模で
祭りを立ち上げると
コロナ対策等で
なかなか今は難しいと思うので
1年間ぐらいはテスト的に
小規模で開催し
ほんまに
ちょっとずつちょっと実施して
少しずつ少しずつ
規模が広がっていく
っていうのが良いと思います
最初は何やってんのかな?
20~30人しか集まらない祭りで
良いんですよ
祭りの回数が増加するに従い
舞鶴市は第三土曜日に
市場を開催してるで~
お祭りやってるみたいだね~
そんな感じになって
少しずつ少しずつ広がっていく
イベントに参加したら
お店が儲かる事になれば
少しずつ、参加店舗も
増えていくと思います
うちの商品は
赤れんがパークに
置いてもらえないか?
みたいな感じになって
月に一回とかのペースでやったら
全然
参加するのも
難しくは無いと思いますし
初めて屋台を出すような人達にも
参入する障壁が低いシステムにしたい
今までの舞鶴のイベントは
ほんまに参入障壁が高いんですよ
何をするにしても
上で陣取ってる
上の方にいてる
人たちの采配で動かなきゃいけない
あいつ嫌いやから
あいつは参加出来ないみたいな
そんな事がいっぱいある
あそこはライバル企業だから
参加させるな見たいな事を
上の人たちは平気で言うんで
そういった事を無くすように
しがらみのない若い子達にですね
ちゃんと仕切ってもらって
やっていくべきだと思います
今までの舞鶴の祭りのやり方
めちゃくちゃ古いんです
本来はみんなで参加して
市民総出で祭りを作っていく
事が大事だと思う
それが欠けている
偉い人たちが考えた事だけ
やってきた
これをやれで
誰かが実行してきた
お金かけて実行してきた
それに対して
それを見に行くだけの
お祭りでしたので
やっぱり不平不満も
出てきますわ
観光客メインにして見に来るだけの
お客さんだけでは無く参加する
人を育てるお祭りが
僕は大事だと思うんですよ
僕も結構イベントは好きで
色んなイベントに参加させて
もらってですね
イベントの裏方だとか
屋台などに
参加するのはめちゃくちゃ
面白いんでですね
そういった楽しみも市民の皆様にも
考えてもらいたい思います
特に今、コスプレは凄く来ています
すごい多くの方がコスプレしています
舞鶴にも大きな
コスプレイベントもありました
僕らも
お手伝いさせて
もらってましたけれども
ほんまに若い子たちがもう
生き生きとして
アニメとかゲームの
格好したりだとかね
ドラマの主人公の格好したりとかする
すごいクオリティ高いですからね
コスプレのために大きなイベント
日本全国で沢山開かれたりしてますし
それをなんかこうね
観光イベント的にやっちゃうと
これはもう完全に失敗するんで
これはもうほんまに
市民が楽しいからやっていく
みたいなそんな事が出来たら良いな
と僕は思ってます
このコスプレとか
ハロウィンっていうのは
単純に僕が
今、思ってるアイデアなんで
それを強制するわけでは無いんですが
こんなイメージで
舞鶴のお祭り
イベントを考えていけたら良いなと
思います
もうほんまに観光客に
金使うぐらいだったら
市民の娯楽のために
お金使いましょう
他所から来る人なんか
金かける必要はない
観光客など舞鶴の風景でも
見てたらそれでよろしい
でも舞鶴の人たちは舞鶴の
風景を見慣れてるから
別に風景見ても
ワクワクもドキドキしません
でも
月に一回、小さな祭りがあって
年に一回
総合の大きな祭りがあったら
そのために
毎月毎月、テンションを上げていく
最後にハロウィンイベントで
大盛りあがりする
みたいな
そんな事ができれば
すごく素敵だと思いませんか?
とにかくやっぱり若い子達
子供達にですね
舞鶴を好きになってもらう
楽しんでもらう
このイベントがあるから
舞鶴に住み続けたいみたいな
そんな子たちが生まれるぐらいの
凄く素敵なイベントを本当に
若い子達と一緒に
考えていけたらなと僕は思ってます
今の舞鶴って
なんか金になる金になるかならへんか?
そんな事だけで
イベントやってると思うんですよ
市民なんかどうでも良いんです
観光客に金使ったら
お金を落とすやろみたいな
そんな事なんです
けれどもそんな事やってても
絶対に楽しくないですから
何も今の舞鶴には
魅力が無いですからね
ワクワクもドキドキも
ハラハラはしない
舞鶴で楽しみな事なんかあります?
舞鶴のこの季節は今から
凄い楽しみみたいな
そんな事は無いじゃないですか
やっぱりね
舞鶴に
今、必要なのは祭り 
大事だと思います
市民がみんなで一緒に祭りをやる
行政はお金出すだけね
お手伝いするだけ
行政の人間なんで
つまんない人たち
もうほんまに世の中で
一番つまんない人たちが
集まって行政をやってる
そんなつまらない人たちが
噛んだら絶対につまんない
お祭りやイベントになるのは
それは当たり前
やっぱり面白い考えを持ったのは
民間の人たち
特に若い子たちだと思うんです
そんな人たちのアイデアをいただき
市民主導型の
新しい祭を僕は
作っていきたいと思ってます
そのための予算は
しっかりと出す
観光客に使うお金を
市民のために使う
ただそれだけです
観光客が来たって
観光客が喜んだって
舞鶴市民の腹が膨れるわけでも
何でもないです
楽しくなる訳でも何でもないです
そんな金があったら
市民のために使いましょう
ただそれだけのことです
そんな感じで
皆さんも舞鶴の楽しい
新しいお祭りを一緒に考えて
そして参加してください
以上 
これが私の政策 公約
新たな公約は
舞鶴に新しいお祭りを作る
できたらコスプレイベント
ハロウィンなどが楽しいだろうな~
定期市(バザール)みたいなものが
良いよな
ただそれだけの事です
以上、皆さんの
ご意見をお聞かせください
勿論、コロナ対策は
ちゃんとしっかりと考えて
みんなで考えて
やっていかなきゃいけない
と思ってます
以上です
よろしくお願いします

地元住民を激怒させた市会議員 川口孝文議員の評判 これが舞鶴の市会議員です

品位を重んじると自称する舞鶴市議会 市会議員の本質を暴く人気シリーズの11回目は 私の地元 志楽地域の市会議員 川口孝文市議の地元の評判を調査しました。
現在、私に通報が届く市会議員の中では加佐地区の今西 克己議員と1位、2位を争う評判の悪さです。
威張ってる議員NO1は今西 克己議員 仕事しない議員NO1は川口孝文議員 ですが今回は川口孝文議員を特集します

過去動画

川口たかふみ議員のホームページ
https://kawaguchi-kouenkai.jp/

毎日新聞9月26日新聞記事

公明党よ、お前もか!舞鶴市会議員 小谷繁雄 最悪の選択 FMまいづる電波塔事件


舞鶴市民有志で行ったFMまいづる電波塔事件の監査請求が残念ですが却下されました。
1億6千万円もかけて作ったラジオ塔に電波が届かないという巨大事業の大失敗に対して設計者の責任を問う監査請求でしたが公明党の市会議員 小谷繁雄 氏の監査で却下されました。
却下により住民負担の税金2000万円 誰一人責任を取ること無く工事失敗を是正する工事に使われることになりました。
2000万円の追加費用は市債(舞鶴市民の借金)となります。

動画中の資料
住民監査請求の結果(通知)

住民監査請求(申請)

管理技術者経歴書(全て黒塗り)

監査請求についての問題点

4月2日に公開した動画 舞鶴の7人の侍たちが市長に住民監査請求を提出 FMまいづる電波塔事件


文字起こし
おはようございます
やばいぜ舞鶴
森本たかしならこう変える
今日は2022年5月30日月曜日です
おはようございます
今回はですね
また嫌なお話ですね
4月2日に7人の侍が
住民監査請求を出したという
You Tubeを放送しました
その結論が出ました
結論から言いますと
住民監査請求は棄却ということで
毎日新聞の5月27日金曜日の毎日新聞
朝刊に大きく掲載されております
この件について
お話ししていきたいと思います
事件の概略を説明します
FM舞鶴が

加佐地区と大浦地区に
電波を届けるための電波塔
を作りました
これは舞鶴市が
1億6千万円かけて
作ったんですけれども
加佐地区に届くはずのFM放送電波
1億6000万円も
かけて大工事したんですけれども
電波が届かなかった
電波が届かない電波塔を
作ってしまったんです
その大失敗によってですね
2000万円の追加工事を行い
電波を通るようにした
そういう大失敗した事業が
あるんですけれども
追加工事には
2000万円がかかっております

2000万円の追加工事費が
かかったということは

恐らく設計ミスか
施工ミス
そういった失敗が
考えられるんですけれども
その大失敗の損失補填
2000万円の支出するのは
私たちの税金です
私たちの税金が
事業の失敗によって
追加で税金として捻出される
しかも舞鶴市の借金(市債)として
賄われるという事です
私も含めて
舞鶴市民数名で
住民監査請求というのを
行ないました
住民監査請求により
電波が届かない電波塔を設計するって
何やねん?
これは設計ミスでしょ?
電波塔の設計者
監理者を選んだ時にも
競争入札に不審な点も沢山あるので
それももう一回、間違いがないか?
調べてください
舞鶴市に不審点を調べてください
というお願いとして
住民監査請求を出しました
そうするとですね
全面的に
舞鶴市がそんなことは
知らんがな
何も舞鶴市は悪いことをして
おりませんという回答が
返ってきた次第です
私たちの税金二千万円
工事の失敗なのか?
設計の失敗なのか?
分かりませんが
とにかく失敗をした
それに対して誰も責任を取らない
という事が確定したのです

過去動画でこの件は
沢山、You Tubeに
アップしていますので
細かい経緯を知りたい方は
過去動画見てください
概要欄に過去動画の
リンクを貼り付けておきます
かなり長いボリュームで
やっておりますが
大体の概略はこの通りです
住民監査請求を棄却ということで
何ひとつ
私たち市民が求めた
こういう事が
おかしいんじゃないのか?
市民が求めたことに関しては
全部バツです
舞鶴市は悪くない
一切悪くない
業者も悪くないという
監査請求に対して全否定の回答が
書いてありました
舞鶴市には市会議員が沢山
在籍していますが
舞鶴市会議員の一人である
小谷繁雄さんという市会議員が
舞鶴市の監査委員として
この事業を調べていただきました
小谷 繁雄さんという
市会議員の方は公明党の議員さんです
公明党
公明党の議員さんが監査を行いました
もう一人は瀬野 淳朗さん
という名前の監査委員
この方はどういった
人なのかわからないですけれども
恐らく元市役所の職員か
元職員か分かりませんけれども
そういった方だと聞いております
この
公明党議員団の小谷 繁雄さんが
監査を行い
舞鶴市側は一切悪くないという
回答をしておりました
議会
舞鶴市の議会の会派の話
をさせてもらうんですけれども
まず舞鶴市にはですね
創政クラブと
新政クラブというのがあります
これは完全に市長派ですね
反市長派といえば共産党です
反市長派まではいかない
ですけれども市長寄りでは無い
議員団が市民クラブ舞鶴です
あとは無所属の方が一人います
もう一つ大きな会派で
公明党議員団が議会会派であります
今まで私達の認識では
公明党さんは一応
与党寄りではあるけれども
中立くらいかな?
そんなくらいのイメージ
と僕は思ってましたし
皆さんも思われてるかもしれません
ですがですね
小谷 繁雄さんは公明党の方です
今の舞鶴市の中でも
監査をしたのが
新政クラブや創政クラブの
方が監査をしたのならば
こういった回答は十分に
予測できたんですけれども
中立だと思われた
公明党の議員さんが
このような住民監査請求に対して
全否定をされるということは
私にとっては非常にショックです
事前に
小谷 繁雄 市役所のホームページ
を見てますと
報恩感謝 誠実・勇気をもって
市民の皆様と同じ目線に立ち
一人の声を形に
住みよい舞鶴のさらなる発展に
取り組んで参ります
という信条・モットーが
書いてありました
誠実と勇気
市民の皆様と同じ目線とありますが
実際には勇気も無ければ
市民と同じ目線でも無いということが
判明しました
この心情とモットーを読んで
私達、少しだけ期待させて
もらいましたけども
その気持ちは
無残に打ち砕かれたというわけです

はっきり言ってですね
話にならんレベルなんですよ
皆さんよく考えてみてください
これがね
FM電波 ラジオ局の電波塔工事は
非常に難しい工事だと
聞いてるんですけれども
私たち色々調べましたけれども
ラジオの仕組みというのはよく
理解できません
確かに難しい工事なのかも
しれませんけれどもですね
1億6千万円もかけて
電波塔を作りました
その電波塔がまともに機能しない
それは普通なのでしょうか?
あっていい事なんでしょうか?
僕の考えでは
そんなことは普通はないと思います
1億6千万円も事業費に費やし
建てたラジオの電波塔が使えない
という状況なんて
誰も想像しないと思います
でも
そうなってくると
普通に考えたら
設計ミスや施工ミスが
考えられるんですけれども
舞鶴市はこれは設計ミスでも
施工ミスがでもなんともない
これは仕方が無い事だと
回答した
小谷監査委員の回答になっております
電波が届かない理由は難しいから
仕方が無い事だと回答されている
僕には全く意味が分かりません
普通はですね
契約というのはちゃんと
物事をなし得て契約
最後に引き渡しするまで
ちゃんとした完成物を持って
引き渡しで終わりだと
思うんですけれども

完成しない
ラジオ局なのに
ラジオの電波が届かない
ラジオ電波塔を作るなんて
そんな物は完成物でも何でも無い
いや~それはちゃんと
完成するものを引き渡してください
そう言うのが
当たり前なんですけれども
舞鶴市はこれは仕方が無い事だから
市民の税金2000万円を使って
追加工事で電波塔を直します
と言うてるんです
そういった内容が
色々
住民監査請求の結果通知に色々と
書いてあるんですけれども
僕にはさっぱり
理解できません
車を買って走らへん車を買えば
お金払わないでしょ?
飛行機 飛ばない飛行機とか
ありえないじゃないですか
船だって 航行しない船は
ありえないじゃないですか
ラジオだって電波が届かない
ラジオ塔なんて意味が
無いじゃないですか
パソコンだって
インターネットつながらない
パソコンなんて
そんなの不要です
それらと同じようにですね
ラジオの電波が届かない
使えない電波塔なんて
1億6千万やら
2億~10億円かけたところで
そんなものは不要ですが
それを舞鶴市は
おかしくないと言っている
あなた達が私はおかしい
と私は思っております
まずこれが第一ですね
この事業の契約に関しては
いろいろ不自然な点がありました
契約 入札と随意契約
色んな手続きがありますが
手続きの手順がおかしいんですよ
電波塔を設計した技術者
(失敗した技術者)が
本当にちゃんとした技術を持っている
設計事務所が設計したのか?
そんな疑問を抱いて
住民監査請求でも色々と
調べてもらいました
それに関しても
舞鶴市は全くおかしい事はありません
と舞鶴市は回答しております
小谷 繁雄さんが調べて
監査を全て棄却しております
設計に関する事でも
手続きにも
何もおかしなことはありません
ちゃんとした舞鶴市の手順に従って
設計業務を行なっております
入札にも何も不自然がありませんよ
という事を舞鶴市側
小谷 繁雄さん達は
回答されていますが
私たちが
入手した書類
設計や監理などを
行った技術者の書類を
情報公開によって取り寄せました
この情報公開でとった資料はこれです
もうすごいでしょ
どんな経歴の方が設計や監理を
されたのかを情報公開請求したら
もう全部黒塗り・・・・
こんな事ばっかりですよ
真っ黒クロスケ出ておいで~
舞鶴市が損失出した電波塔を
どんな人が設計したのか?
調べたら・・・
全部黒塗りで過去の実績は分かりません
黒塗りの中には
何も経験が無いです
と書いてるかもしれません
この資料には
設計に関連する
資格の有夢すら判らない
判らない
これ全部なんですよ
全部黒塗り
一枚だって
まともに公表しない
大事な部分が全部黒塗り
設計を失敗した技術者の経歴書が
全部、真っ黒塗りなんていうのは
私達には判断しようが
ないじゃないですか
この技術者が
本当に適した人物なのか?
ラジオの電波塔を設計したり
監理するのに値する人物なのか?
さっぱり分からないですよ
技術者の部分が
真っ黒クロスケて
黒塗りにされており
市民に公開しないにも関わらず
舞鶴市は技術者の選定は
問題ないですよと言っています
私たちの税金
二千万円を使い
工事し直したら良いのです
でも、誰一人責任は取りません
舞鶴市も工事業者も設計者も監理者も
誰一人責任を取らない
これがFM舞鶴の電波塔事件の
舞鶴市の最終的な見解です
ほんまに
今回はこうなるとは思ってましたけど
ここまで酷い完全否定とは
僕たちも予想外でした
多少なりとも一応は
公明党の議員さんが監査担当
誠実と勇気を持って市民の皆様と
同じ目線に立つと語る市会議員
小谷繁雄 市会議員が
監査をされるということで
少しだけ期待させて
もらいましたけれども
この人達も他の
市長会派の人達と一緒だったんだな
というのが凄く残念です
市長に刃向かうは
大変だと思います
怖いと思います
でも勇気を持って
立ち向かってもらえると
僕は思ってました
願ってました
それも叶わない事でした

何ぜ住民監査請求を棄却したのか?
のらりくらりと
ずっと書いてある訳です
ほとんど禅問答
言い訳に近いような事が
色々書いてあります
あ~でもない 
こ~でも無い
こんな事なんです
これが常識なんです
っていう風に書いてありますけれども
それらは私たち市民の常識からは
かけ離れた言葉です
しかもですね
私達のこの部分がおかしいと言う事
詳細は監査請求書に書いていますが
回答の多くはゼロ
ゼロ回答の部分も非常に多いです
全ての質問に対して回答して
いただいた
究明して頂いたとは
私達は
到底思うことは出来ません

ここにですね
いろんな疑問をまとめています
解明されていない疑問についても

You Tubeの概要欄に
アップしておきます
もう私達 市民では
調査する権力
調査権が無いので
どんなに調べて
不審な点を届けた所で
舞鶴市側が
それは全く問題が無いと
回答されたら
どうしようも無い
これがほんま
今の舞鶴市の現実だと
思っております
悲しい限りですね
市民がどんなに頑張っても
こんな、おかしいことがあると
舞鶴市に訴えても
舞鶴市には
聞く耳を持った人はいない
という事が
分かりました
ほんまに残念なことに
議員団
新政クラブ 創政クラブ 公明党
舞鶴市の三大会派
大人数がいる三大会派と
市長が
完全にタッグを組んで
舞鶴を動かしている
ということが判明しました

このままの状況が続く限り
私達
舞鶴市民にはもう未来が無いことが
今はっきりしております

住民監査請求に関しては
次どういった手を打つか?
私達は今メンバーで話し合って
今、考えてる最中です
ですが非常に
厳しい状態
こういった回答にはなるとは
予測しておりましたけれども
多少なりとは
折り合いをつける
住民のことも少しは聞き入れてもらい
少しずつ舞鶴がよい状態に
変わっていく事を期待していました
行政側が私たち悪くないんだけども
住民のいうことも
一理あるので今後は気を付けます
舞鶴市は悪くは無いんですが
今後は気をつけていきます
みたいな
そんな回答をですね
少しは期待したんですけれども
完全に市民の言うことなんて
聞かへん!そんな回答を舞鶴市と
舞鶴市の市会議員さんたちは
そういう回答をされたわけです
どうしていきましょう?
住民監査請求などの
真っ当な手法
正規の手続きを踏んで
舞鶴市政を変える事は
これは完全に不可能
という事が分かりました
僕たちも
パーム油発電反対運動の時から
色々な訴え
新聞に訴えたり
行政に訴えたり
市会議員に訴えたり
国会議員に訴えたり
いろいろな方々に訴えてですね
色んなルートを駆使して
やってきたんです
僕がYou Tubeで
文句を言ってるだけでは無いんです
沢山の人たちが
本当に手を替え品を変え
色々お願いしてきました
今回はFMまいづるの件は
住民監査請求という形
法的手続きをとらしてもらいましたが
それですらアウト 
これが舞鶴市の現状なんです
こうなってしまったものは
仕方が無いない
舞鶴市民を救ってくれる議員は
今の市会議員の中にはいない
そんな実力がある議員もいない
完全に多数派が占めています
舞鶴市をちゃんとしていくためには
みんなで考えていく
必要があるんですね
今回はほんまに
私達の完敗ですわ
公明党議員団まで抱きこんでいれば
そうそう、なかなか
並大抵のことじゃ
舞鶴市を変える事は出来ないんですが
まあまあ別に
諦めた訳ではございません
皆さん、一緒に
僕と僕たちと一緒に
僕と一緒に戦ってくださいよ!
この変な舞鶴と!
なんで電波が届かない
電波塔を作って
一億六千万もかけて失敗して
誰も責任を取らない!
そんな馬鹿な税金の使い方
税金の使い方があるわけない
ある訳じゃないですか
腹立って、舌が回らないですけれども
ほんまにふざけんなよ!
小谷 繁雄
ふざけんな公明党
お前もか 公明党
そんな感じですね
もう舞鶴市政 舞鶴の議員なんて何一つ
何一つ 一ミリも期待する事がなく
今後はもう俺たちで変えていくんだ
そんな気持ちしかないです
ほんま腹立つんですけれども
このまま腹立ったままで
今回は
終わっていきたいと思います

次の手を考える
舞鶴を変えるためですね
みんなで頑張っていきましょう!
こんなふざけた奴らに
負けちゃダメなんで
もうふざけるなとしか
言いようがないですね
ふざけるな舞鶴市
ふざけるな多々見
ふざけるな公明党
ふざけるな小谷繁雄
ほんまにこいつら
ぶっ潰してやります
舞鶴市を市民のもとに
取り戻しましょう!
まともな舞鶴市しましょう
今回あらためて決意をしました
皆さん、頑張っていきましょう
以上終わりです