ちゃった祭り 3年連続中止決定 市民参加型で盛り上がる新しいお祭りを作りたい 2023年舞鶴市長選挙 選挙公約7 森本たかし

選挙公約7-市民参加型の新しい祭りを作りたい

2023年2月の舞鶴市長選挙にむけての選挙公約 第7弾を公表します.
舞鶴の2つの大きなお祭り 港まいづるちゃった祭りと田辺城祭りが早々に中止が決定しました。
主催者側はもうやる気を失ってる様子です。
何の娯楽もない舞鶴市でせめてお祭りぐらいは開催したいと思い、市民参加型の新しいお祭りを公約として提案いたします。
舞鶴の新しいお祭りを皆で考えましょう!

おはようございます
森本たかしです
やばいぜ舞鶴
森本たかしならこう変える
今日は2022年6月6日 月曜日です
今日はですね
朝から雨が降っておりまして
うっとうしい天気なんですけれども
雨にも負けずに
頑張っていきましょう
今回は
私の政策
今回はちょっと個人的な
趣味の話もあるんですけれども
政策
公約を聞いてもらいたいと思います
今回のテーマは祭りです
舞鶴の祭りを何とかしよう
ということで
ちょうど6月3日
毎日新聞さんの記事に
掲載されていますが
ちゃった祭り3年連続中止
という記事が載っております
夏の風物詩 みなと舞鶴
ちゃったまつりの実行委員会は
今年の開催を中止すると発表した
コロナ禍で中止となるのは
三年連続となる
残念ながら今年も
「ちゃったまつり」は又、中止です
一応
去年の10月に街を元気付けようと
希望の花火と題した
サプライズの打ち上げ花火を
実施したところ
好評を博した
このため今年も日時を
事前に知らせない
打ち上げ花火の実施を決めた
夏から秋にかけて打ち上げ見通し
と言うことで
商工会議所の会頭は
来年度に向けて
ウィズコロナにおける新たな祭りの
在り方について
総合的に検討すると
コメントしたという
新聞に書いてあります
三年連続でちゃった祭りが
無くなるのは
市民にとっては悲しい出来事です
田辺城祭りも無いんです
今年で既に開催中止は決まっています
田辺城祭りとちゃった祭り
舞鶴の2大お祭りがすでに停止
中止をすると事が決定してまして
これはどうなん・・・・
って思いませんか?
確かにコロナで祭りが
出来ない事情もあるんですが
今の雰囲気ならば
なんか祭りは開催できそうな
感じじゃないですか
もう収束に向かっていき
小さな規模に変えても
やっていこうみたいな
そんな感じが
今は日本全国的に
あるような感じなんです
恐らく僕的には
準備しててね
急に中止になるのが嫌ですし
2年間も開催してこなかったから
3年目 面倒くせえよな~
ということになってる雰囲気だと
僕は思ってます
なかなかね
2年間、祭りが開催できなかったのは
仕方が無いことですが
僕的には今年は開催できるだろう
と思うわけですけれども
商工会議所や
田辺城祭りの実行委員会は
早々に
お祭りを開催することを諦めた
という風な事でして
もちろんこれは舞鶴市などと
いろいろ協議しての結論だと
思いますけれども
コロナで大変なのは
理解できますし、準備をやっても
無駄になるのかも
分かんないですけども
舞鶴市民としては何とか
お祭りは開催して欲しいと思います
僕もお祭りの事
色々と考えたんですが
あまりにも舞鶴市には
娯楽が少なすぎる
僕らの年代になると
さほどお祭りに関しては
そんなに心踊るわけでは
無いですけれども
やっぱりちっちゃい子
幼稚園・保育園・小学校
中学生・高校生ぐらいまでは
お祭りというのは
凄く楽しいもんでですね
大人はいいんだけども
子供達の為になんとか
お祭りを開催させてあげたいよな
という風に思うわけですわ
でもコロナ禍でもあるので
コロナ対策をしっかりした上で
お祭りを開催するのもなかなか
大変な事だとは思うんですけれども
僕が市長になったら
祭りはちゃんと実施したいと思います

別の形ででも開催したい
今までのお祭り見てると
田辺城祭りも
ちゃった祭りも規模がでかい
はっきり言って
2つのお祭りはあんまり
市民参加型では無いんですよね
祭りって皆が
参加してのお祭りだと思うんですよ
僕も地域のお祭りには
参加して
僕の地域には
うまく市という秋の市が
ありましたけれども
地元で
凄く小さな規模なんですけど
準備から楽しいですよ
準備段階から何しよう?
どうしようか?
こんなイベントにしよう!みたいな
そんな話をしてね
準備から参加して楽しいのであって
祭りだけを楽しむのは
僕の中ではあんまり無い
僕は祭りの裏方に入るのが好きなので
イベントに参加する
遊びに行くよりは
参加する方が
好きな方なんですけれども
この参加する楽しみっていうのを
今の若い子たち

子供たちに教えてあげたいな
と思うわけですわ
でも今はコロナ禍という事情があって
出来ない、難しいことは
理解できますので
僕が市長になったら
もっと新しいお祭りの形を
市民の皆さんと一緒に考えて
行政や団体など
商工会議所等の主導ではなく
市民主導のお祭りを
何とか開催できた良いよね
と思っております
田辺城祭りにしても
ちゃった祭りにしても
地元の人が
動きはるのは動かれるんですが
それはあくまでも
地元の商売されてる方だとか
なんちゃら団体が後ろにいて
どっちかというと
僕も参加した事、手伝った事
ありますけど裏方ですが
凄いやらされてる感があるんですよ
もう完全に
上の方が全部こうする
ああする
全部シナリオを決めて
下の方はやらされてる感だけで
特に仕切ってるのが
年寄りばっかりなんで
僕らの年代からしても
面白くない訳ですわ
やっぱなんかこんな事しよう
あんな事しようとなど
ある程度アイデアを持って
それが実行出来るのであれば
もっと手伝おうかな
っていう気分になれるんですが
面倒くさい会議があって長ったらしい
年取ったえらいさん話があって
ああでも無い
こうでも無い
歴史あるこのお祭りが
どうたらこうたらって
どうでも良い話を延々として
最初の会議に参加で
やる気をくじくっていうのかな
祭りをする気をくじく
みたいな
実際にはすでに
事務局が全部決めて
現場に行ったらグダグダみたいな
そんな感じ
あるあるだと
思うんですけれども
祭りに参加する人も
実はあんまり面白くない
祭りを見に行く人は
ずっとマンネリやし
参加する人もやらされてる感が満載
そんな事が積み重なり
市民参加型の祭では無いから
ちゃった祭りも田辺城祭りも
開催しないでおこう・・・
という事になるんだと
思うんですよ
舞鶴に祭りが無かったら
生きていかれへんわ~
みたいな
そんな感じでは無い
っていうのかな?
岸和田のだんじり祭りって
ありますよね
大阪のだんじりは市民参加型で
何があっても
この祭りには参加するみたいな
そんな気持ちの市民が
沢山いてだんじり祭りなどは
市民が一生懸命
やってはるんですけれども
だんじり祭りとは
逆に行く
舞鶴のお祭り事情だと
思っております
でやっぱりね
祭りを開催するにしても警備費用や
宣伝費
様々なコストがかかるし
舞鶴の財政事情から言うと
やっぱり祭りは無くしていきたいのは
本音やと思います
祭りを開催することで
税収が増えるわけでも無いですし
人口が増えるわけでも無いですから
はっきり言って
多々見市長からすると
お祭りなんていうのは無駄金
惰性でやってる
そんな気が僕は
ありありと感じます
そこを私は改めていきたい
と思っております
祭りって大事ですよ
娯楽ってものは凄く大事です
ほんまに
舞鶴市民にとっての娯楽が無い
この舞鶴市で
大きな街をあげての娯楽
はすごく大事です
ちゃった祭りと
田辺城祭りの存続が
どうこうっていうのは
それは別の話なんで
皆さんとじっくりと
市民ともじっくりと
お話していかなきゃいけない
問題ですから今ある祭りの継続
云々の
話は別に置いときますけれども
僕は一回、市民の皆で話し合って
舞鶴の街の
祭りのあり方は
考えるべきだと思います
ここからは皆さんと
対話する前提なんですけど
僕の考え方としてはですね
やっぱり祭りの大規模リニューアルは
必要ですし
運営体制や
執行委員や執行体制も
がさっと変えるべきだと思います
お祭りに関しては
50代以上は
運営には参加しないほうが
良いと思うんですよ
やっぱ若い子
若い子達が常に
祭りを運営していくなど
そういった
新しいお祭りを一度作って
そっちをメインにやっていく
祭りの運営に参加するのなら
引退する年齢を決めて
お手伝いはできるんだけども
執行する立場
段取り考えたり
イベントの内容考えるのも
若い子達に任せる
そんな事を今から祭りには
組み込んでいかないと
街の力 舞鶴の力は
どんどんどんどん
弱くなっていきますし
やっぱり若手の商売人さんや
事業をやられてる方々
団体の方々も
どんどんどんどん
若返りを図っていかないといけない
今の祭りは70歳、80歳の人たちが
舞鶴を仕切っています
祭りもそうですから
だから祭りから
舞鶴の世代交代
若返りを図っていかないと
ニューアルを図って
いかないとあかんのです
祭っていうのはやっぱりね
色んな人にお願いして
動いてもらう
いろんな人を使って
お願いして
実行するもんなので
そういう力をつけるための訓練としても
すごく良いんです
それを若い人たち
若い世代の人たちにやらせないのは
舞鶴としても凄く
大きな損失だと思うんです

若い子達が
実行委員会に入って
指揮できるお祭り
若い人たち中心で
やっていかなきゃいけないな
と僕は思ってます
もし私が祭りをするのなら
若い子が仕切る祭りを開催します
今、舞鶴市は観光のために
めちゃくちゃ沢山の金を
使ってるんですけれども
僕はもっと市民のために金を
使うべきだと思うんですよ
もちろんね
医療の充実だとか
インフラの充実など色々あります
普通にこの社会
インフラ・市民サービスを
豊かにするための
税金の投入も少ないんですが
今の舞鶴に必要なのは直接
市民に喜んでもらえる
楽しんでもらえる政策に
お金は多少なりとも
突っ込まないといけないと思ってます
舞鶴の政策は全部が
観光向けなんですよ
だから田辺城祭りにしても
ちゃった祭りにしても
観光客を呼び込むみたいな
そんな感じのもんが
メインになっててですねま
規模もどんどんどんどん
アップして予算をつけろみたいな
そんな感じで
大きなイベントを開催したい
気持ちは理解できますが
祭っていう物は
本来、地元の人が
楽しむためのもんなんで
舞鶴市民のための祭りを
新たに作り上げていくべきだと
思ってます
しかも出来るかぎり
若い人たちが実行委員会に入って
実行していく
コストもかけずに祭りを開催したい
これは僕の案なんですけれども
ハロウィンパーティ
なんかええんちゃう?
と思うんですよね
10月にハロウィン
ハロウィンの祭りを舞鶴市をあげて
参加していく
みんなでコスプレして
赤れんがパークで市民が集まって
市民の主導でコストかけずに
色々な人達が
仮装して集まる
それだけだったら
そんなにお金が
かからないじゃないですか
普通に
大きな
イベントするよりは
昼間にハロウィンのために
皆でコスプレして市民が集まります
そこには
舞鶴市内の色んなお店がね
屋台として
露天形式で参加する
赤れんがパークの中で
小さなイベントブース作っても
良いじゃないですか
舞鶴の色んな人たちが
好きに来ていいですよ
会場自体で
特に事前準備するわけでもなく
みんなが取り敢えず
コスプレして集まりましょう
そして舞鶴のお店に色々協力
お願いして屋台を
出してもらいましょう
それだけでも結構、面白いもん出来る
と思います
もしも出来れば
ちょっと予算があったら
ステージ組んで
そこで舞鶴のバンドや
ミュージシャン
お笑いやってる人たち
パフォーマンスやってる人たち
皆が好きに来て勝手に集まる
ほんまに
地域で活動してる踊り
普通の日本舞踊など
練習されてる方が
参加しても良いですし
お花の展示しても良いし
絵の展示しても良いし
写真の展示しても良い
なんかこう、皆で
舞鶴市民で持ち寄って
何か大きな事
みんなで一緒にイベントする
みたいなそんな祭りを
やるべきだと僕は思うんですよ
どっかの芸能人呼んできて
トークショーさせるとかでは無く
市民だけで完結する持続可能
今、流行の持続可能なお祭りを
若い子たちに仕切ってもらって
開催するほうがお金もかからへんし
楽しい今っぽいイベントができる
と思うんですよ
特にコスプレして集まるっていうのは
特に若い子達
そんな事をする機会が
今は無いので面白いです
ハロウィンっていう名目で
やれば良いんじゃないかな
っていう風に思います
市と祭りが
集まったようなバザール?
様々な夜店、出店などが集まり
食で人を集めるのと
コスプレが合わさり
バザール+お祭り
+ハロインみたいなそんな感じのね
総合イベント 持ち寄り型の
イベントを開催できると
僕はすごく楽しいと思うんですよ

ハロウィンの季節になれば
子供たちが
今年はどんなコスプレする?
みたいな感じで
そわそわし始めるみたいなね
そういった
ワクワクする
市民が参加するイベントが必要だと
僕は思うんですよ
今の舞鶴に無いのは
お祭りの一体感や
ワクワクする
この祭りがめちゃくちゃ楽しみ~
この祭りのために
子供がお小遣いを貯めるだとか
そんなようなことが必要で
やっぱり子供が喜ぶって事を
特に大事にしたいと思います
まあね大人にしても
コスプレするのは楽しいし
趣味の方も沢山いらっしゃいます
このイベントはあくまで
舞鶴市民がメインなんです
けれども
将来的に市民参加型の
大きなハロウィンパーティ
中々そんなイベントは無いですから
色んなとこから観光客も
来ると思いますし
そういった事
これは僕のほんまに
単純なアイデアです
もちろん
市民の皆さんと
話し合わなきゃいけないですけども
何かの形で大きな祭りをするのは
すごく大事だと思ってます
バザール 市 なんですけどね
やっぱり
行政主導の押し付け型
イベントでは無く
ほんまに市民参加で
市民の有志だけ集まって
とりあえず、例えば
第3土曜日に赤れんがパークに集まって

バザール 定期市を
開催するというのは
すごく面白いと思うんですよ
第3土曜日は仮の話です
第3土曜日に赤れんがパークに行けば
たこ焼きだとか
お好み焼き、焼きそばが
食べれるだとかね
屋台のカレーが食べれる
かき氷が食える
そんな事でも凄く楽しいと思うし
それにですね
コスプレして参加も良いでしょうね
これは一年中、ずーっと
通年イベントで
やってもいいと思います
一年間あるイベントでコスプレもやる
夏のコスプレ、冬のコスプレ
秋のコスプレみたいなのもあります
イベント時だけは誰にも
後ろ指、刺されることなく
手軽にコスプレできると
イベントを月イチで続けて
年に一回、10月だけは
ハロウィンの時に
大きなイベントにするとか
こういう祭りもやっぱり
地道にコツコツコツコツ
積み上げていく
それが大事なんでやりましょうよ
これはそんなにお金も
かかることないと思うんで
盆踊りとかね
定期市 バザールにプラスして
例えばじゃあ今回は
盆踊りがありますよだとか
市民のバンドコンクールがあるとか
市民のお笑いコンクール
開催するだとか
市民のカラオケ大会とかね
そういった
プロを呼ばずに
お金かけずに市民の有志だけで
皆がボランティアでやっていく
この祭りが凄い楽しいから
参加したい気分にさせる
やってると
ほんまに町の一体感も出来てくるし
やっぱり若い世代の子たちと
年寄りの交流もできる
年寄りは
若い子たちの意見が
スムーズに実行出来るよう
裏で頑張るんですよ
僕ら世代からは出しゃばること無く
ほんまに
二十代とか三十代の子たちの
バックアップに周り
舞鶴を盛り上げていく
っていう風にしたら
街が活性化
街に気力が生まれてくる
元気になるエネルギーをもらえるんで
ほんまに十代、二十代
三十代ぐらいが
企画して作れる祭は
すごく大事だと思います
やっぱそこが今の舞鶴に欠けている所
ほんまに観光ばっかりに
お金を使わずに
やっぱり市民の楽しみのために
僕はお金を使うべきだと思います
舞鶴市民が納税しているからこそ
この街があるんですからね
他所から来る
観光客のために舞鶴市は
あるじゃ無いんです
僕たち市民のために
舞鶴市はあるんです

あんまりね
いきなり大きな規模で
祭りを立ち上げると
コロナ対策等で
なかなか今は難しいと思うので
1年間ぐらいはテスト的に
小規模で開催し
ほんまに
ちょっとずつちょっと実施して
少しずつ少しずつ
規模が広がっていく
っていうのが良いと思います
最初は何やってんのかな?
20~30人しか集まらない祭りで
良いんですよ
祭りの回数が増加するに従い
舞鶴市は第三土曜日に
市場を開催してるで~
お祭りやってるみたいだね~
そんな感じになって
少しずつ少しずつ広がっていく
イベントに参加したら
お店が儲かる事になれば
少しずつ、参加店舗も
増えていくと思います
うちの商品は
赤れんがパークに
置いてもらえないか?
みたいな感じになって
月に一回とかのペースでやったら
全然
参加するのも
難しくは無いと思いますし
初めて屋台を出すような人達にも
参入する障壁が低いシステムにしたい
今までの舞鶴のイベントは
ほんまに参入障壁が高いんですよ
何をするにしても
上で陣取ってる
上の方にいてる
人たちの采配で動かなきゃいけない
あいつ嫌いやから
あいつは参加出来ないみたいな
そんな事がいっぱいある
あそこはライバル企業だから
参加させるな見たいな事を
上の人たちは平気で言うんで
そういった事を無くすように
しがらみのない若い子達にですね
ちゃんと仕切ってもらって
やっていくべきだと思います
今までの舞鶴の祭りのやり方
めちゃくちゃ古いんです
本来はみんなで参加して
市民総出で祭りを作っていく
事が大事だと思う
それが欠けている
偉い人たちが考えた事だけ
やってきた
これをやれで
誰かが実行してきた
お金かけて実行してきた
それに対して
それを見に行くだけの
お祭りでしたので
やっぱり不平不満も
出てきますわ
観光客メインにして見に来るだけの
お客さんだけでは無く参加する
人を育てるお祭りが
僕は大事だと思うんですよ
僕も結構イベントは好きで
色んなイベントに参加させて
もらってですね
イベントの裏方だとか
屋台などに
参加するのはめちゃくちゃ
面白いんでですね
そういった楽しみも市民の皆様にも
考えてもらいたい思います
特に今、コスプレは凄く来ています
すごい多くの方がコスプレしています
舞鶴にも大きな
コスプレイベントもありました
僕らも
お手伝いさせて
もらってましたけれども
ほんまに若い子たちがもう
生き生きとして
アニメとかゲームの
格好したりだとかね
ドラマの主人公の格好したりとかする
すごいクオリティ高いですからね
コスプレのために大きなイベント
日本全国で沢山開かれたりしてますし
それをなんかこうね
観光イベント的にやっちゃうと
これはもう完全に失敗するんで
これはもうほんまに
市民が楽しいからやっていく
みたいなそんな事が出来たら良いな
と僕は思ってます
このコスプレとか
ハロウィンっていうのは
単純に僕が
今、思ってるアイデアなんで
それを強制するわけでは無いんですが
こんなイメージで
舞鶴のお祭り
イベントを考えていけたら良いなと
思います
もうほんまに観光客に
金使うぐらいだったら
市民の娯楽のために
お金使いましょう
他所から来る人なんか
金かける必要はない
観光客など舞鶴の風景でも
見てたらそれでよろしい
でも舞鶴の人たちは舞鶴の
風景を見慣れてるから
別に風景見ても
ワクワクもドキドキしません
でも
月に一回、小さな祭りがあって
年に一回
総合の大きな祭りがあったら
そのために
毎月毎月、テンションを上げていく
最後にハロウィンイベントで
大盛りあがりする
みたいな
そんな事ができれば
すごく素敵だと思いませんか?
とにかくやっぱり若い子達
子供達にですね
舞鶴を好きになってもらう
楽しんでもらう
このイベントがあるから
舞鶴に住み続けたいみたいな
そんな子たちが生まれるぐらいの
凄く素敵なイベントを本当に
若い子達と一緒に
考えていけたらなと僕は思ってます
今の舞鶴って
なんか金になる金になるかならへんか?
そんな事だけで
イベントやってると思うんですよ
市民なんかどうでも良いんです
観光客に金使ったら
お金を落とすやろみたいな
そんな事なんです
けれどもそんな事やってても
絶対に楽しくないですから
何も今の舞鶴には
魅力が無いですからね
ワクワクもドキドキも
ハラハラはしない
舞鶴で楽しみな事なんかあります?
舞鶴のこの季節は今から
凄い楽しみみたいな
そんな事は無いじゃないですか
やっぱりね
舞鶴に
今、必要なのは祭り 
大事だと思います
市民がみんなで一緒に祭りをやる
行政はお金出すだけね
お手伝いするだけ
行政の人間なんで
つまんない人たち
もうほんまに世の中で
一番つまんない人たちが
集まって行政をやってる
そんなつまらない人たちが
噛んだら絶対につまんない
お祭りやイベントになるのは
それは当たり前
やっぱり面白い考えを持ったのは
民間の人たち
特に若い子たちだと思うんです
そんな人たちのアイデアをいただき
市民主導型の
新しい祭を僕は
作っていきたいと思ってます
そのための予算は
しっかりと出す
観光客に使うお金を
市民のために使う
ただそれだけです
観光客が来たって
観光客が喜んだって
舞鶴市民の腹が膨れるわけでも
何でもないです
楽しくなる訳でも何でもないです
そんな金があったら
市民のために使いましょう
ただそれだけのことです
そんな感じで
皆さんも舞鶴の楽しい
新しいお祭りを一緒に考えて
そして参加してください
以上 
これが私の政策 公約
新たな公約は
舞鶴に新しいお祭りを作る
できたらコスプレイベント
ハロウィンなどが楽しいだろうな~
定期市(バザール)みたいなものが
良いよな
ただそれだけの事です
以上、皆さんの
ご意見をお聞かせください
勿論、コロナ対策は
ちゃんとしっかりと考えて
みんなで考えて
やっていかなきゃいけない
と思ってます
以上です
よろしくお願いします