舞鶴の国勢調査 COMMONSウェブジャーナル 2020年10月9日

5年に一度開催される国勢調査 市民目線で解説します。
コモンズ編集長 大日向輝政、地域政党舞鶴 森本隆(舞鶴市長になる予定)、舞鶴市民の安心安全を考える会 河端謙治が舞鶴市政の問題を徹底的に追求

「コモンズWEBジャーナル」YouTube始めました

舞鶴で発行されているコモンズ
知る人ぞ知る雑誌です。
主に舞鶴の政治経済の裏ネタを中心に掲載している気骨あふれる雑誌です。
今回、コモンズの編集長と一緒にコモンズのWEB版 コモンズWEBジャーナルをYouTubeで開催する事となりました。
編集技術が未熟ですがぼちぼちとアップしていきますのでご期待ください。

多々見市長の住民虐め

私がずーっと訴えている多々見市長による住民虐めの一部が報道で明らかにされました。
これを契機に多々見一派による沢山の市民いじめが明らかになってくると思います!
少しずつですがまともだった頃の舞鶴市に戻すために諦めずにがんばりましょう~!

仮説:福知山三恵バイオマス発電所の公害に対する福知山市の対応は「福知山市自治基本条例」に違反しているのでは?

上記の画像は福知山三恵バイオマス発電所に対する行政の対応について情報公開をおこなった結果、入手できた資料ですが・・・・
大部分が黒く塗りつぶされており全く資料としては意味をなしません。
黒塗りの理由は「法人の利益を害する恐れのある情報」が掲載されてるからだそうです。

ここで新たな疑念が生じました。
福知山市の一連の対応は「福知山市自治基本条例」に違反しているのでは?という疑念が生まれました。

「福知山市自治基本条例とは?」

「福知山市自治基本条例」は、平成30年4月1日に施行された新しい条例です。
福知山の条例の中で最高規範と定義されており、もっとも大事な基本理念です。

このまち(福知山市)に住む人や関わる人みんなが「まちについて考え、話しあい、行動する」とともに、「共に支えあい、助けあい、学びあう」ことで、よりよりまちを創造するため、このまちの最も基本的なまちづくりのルールとして定められた条例と定義されています。

7399

7400

この基本条例を読み込んでいくと分かりますが素晴らしい内容の条例
舞鶴市にも導入したい条例なのですが・・・・・・

三恵福知山バイオマス発電問題では

引っ越ししなければならないほど、ひどい公害に対して何もしていない現状

なのです。
福知山市自治基本条例をどう読んでも市民が健やかに暮らすための指針ですが、私には福知山市は全く対応していないし、加害者の三恵観光も被害者側を脅しているとしか見えない状態です。

素晴らしい理念の「福知山市自治基本条例」ですが全く条例に反する現状を福知山市民はどのように考えているのでしょうか?

「福知山市自治基本条例」について詳しく調べてみます!

みなさんも「福知山市自治基本条例」を読んで意見をよせてくださいね。

毎日新聞報道(9月9日)に関する資料

毎日新聞2020年9月8日 地方版に掲載されました

パーム油発電所計画 舞鶴市の「疑問」回答に住民側 「騒音予測に矛盾」 /京都

https://mainichi.jp/articles/20200908/ddl/k26/040/335000c?fbclid=IwAR2uPrR3vmj7uD9IHkgpGr-0aE4-lrJhfLRwVxisNjFUwjuPq2Uo_mehJFU

舞鶴市喜多地区に建設予定だった国内最大のパーム油発電所について、市は3日付で、地元の喜多地区環境保全委員会が出していた「市の説明資料に対する疑問」に回答した。「疑問」は騒音対策をはじめ、多岐にわたったが、環境保全委は「住民の視点に立った回答ではない」と指摘。「喜多地区の九十数%の住民が反対する中、なぜ市は前のめりになって事業を推進しようとしたのか、なぜ建設断念に追い込まれたのかを検証して市民に公表すべきだ」と訴えている。【塩田敏夫】

上記記事の

「舞鶴市の説明資料に対する疑問等について」に対する回答書を掲載させていただきます。

一見して誠意ある回答のように見える長文での回答書ですが全く住民としては受け入れる余地のない回答書です。
沢山の矛盾があり、住民の指摘に対して誤魔化す部分も多い内容です。

特にP17 ページの一番下
「自主アセス(環境アセスメント)の資料はオーナー企業の財産であり、弊社の判断では開示は出来ません。」という回答が本件のすべてを表していると考えています。
地元の環境を守る為に必要な環境アセスメントを地元にたいして開示できない企業とそれに対して異を唱えない舞鶴市政に憤りを感じています。

20200909095408874

舞鶴市長リコール運動の進捗

長らくお待たせしましたが舞鶴市長リコール運動 舞鶴に多々見良三はいらん!
の活動に進展がありました。
まずは舞鶴市長リコール運動のホームページが完成しました!

舞鶴市長リコール運動
https://maizuru.site/

反対運動に必要な「のぼり旗」も2旗試作してみました。

舞鶴に多々見良三はいらん バージョン 
舞鶴市長リコール運動バージョン
元データー

二種類作ったので一緒に戦うメンバーと相談して最終的には1旗に絞りたいと思いますがどちらも勇気出てくる戦うイメージののぼりです!

コロナも終息見えませんし暑すぎて人を集めて決起大会するには至りませんが、できることからボチボチと多々見市長のリコールに向けて活動を進めたいと思っています。

皆様のご支援をお願いします!

パブリックコメントを出そう!

舞鶴市民の皆様へ東の市民病院跡をリフォームして多世代交流施設「まなびあむ」という施設を舞鶴市が建設しようとしています。
なんとリフォームに9億以上もかけるという情報もあります。
1Fカフェと産直市場、2F3Fはお年寄り利用を主とした公民館施設、4Fは若者の簡易宿泊所を主として交流施設どれもあったら嬉しい物ですが9億以上もかけて作るべきものではないと私は思います。
特にコロナの時代に入り半年先の見通しが付かない時代に多額の税金を使い箱物を整備するのは狂気の沙汰私は大失敗するのは間違い無いと確信しています舞鶴市はこの件について意見を募集しています(パブリックコメント)


https://www.city.maizuru.kyoto.jp/kyouiku/0000006980.html?fbclid=IwAR0W48A7JhWqkCwhMbLGGFZMsNXUyzh-nHXVEoNjG68pAbh93qZ8meKFBZU

私も意見をおくりましたが私の意見は行政には届きません確実に排除されますが、皆様の意見は届くかもしれません。
少しでもまともな舞鶴市にする為、未来の舞鶴の為に勇気を出して行政に意見を届けてくださいお願いします1名でも意見が多い方が良いです
締め切り:8月21日(金)

私の提出した意見です。参考にしてください

「多世代交流施設「(仮称)まなびあむ」管理運営基本方針(案)に関する意見」

総工費が記載されていないが9億以上の予算と聞いています。
財政が悪化している中で多額の税金を投入して使う価値のある施設なのでしょうか?
しかもリフォームです。
長期にわたる使用と保守メンテナンスを考えると費用対効果が最悪だと思います。
現状のまま安価で改築するなら理解は出来るが9億以上の予算をかける意味がわからない。
仮に9億の予算として4Fにわけると1Fあたり2億2500万

1Fカフェ、産直施設
民間ではこのような経費をかける カフェ、産直施設もあり得ない
普通に考えて投資を回収できる収益はあり得ないし、そもそも民業圧迫市民はカフェは欲しいと思うがそれはスタ-バックスのような民間のカフェであって行政が作ったカフェでは無い
産直も彩菜館といううわさがあるが、今のプレハブで十分ですし、近隣スーパーに産直野菜は増えてきている。
フクヤ、サトウ、ニシガキなどの努力を無駄にしてしまいます。
そもそも 彩菜館といううわさが流れてる時点で出来レースではないか?
公正ではない

2F,3F 高齢者施設
 コロナで3密が問題になってる時期になぜ集客施設(カフェ、産直市場、簡易ホテル)など不特定多数が集まる場所に高齢者の文庫山を移設するのか?
年寄りにコロナウイルスが移る可能性も高く一端コロナが終息するまで見送り再検討するのが本筋では無いかと思います。
危険すぎます
市外、府外から人が押し寄せて舞鶴の高齢者にコロナを移したらだれが責任を取るのか?
はっきりさせてから事業をしてください。
元市民病院からクラスター発生などしゃれにならない。
ICTを活用するとありますがICT活用で自宅からも障害学習するのなら、そもそもこの施設はいらないしスタジオにするのならここまで予算は不要です。
コロナが終息するまで計画は凍結すべきです。
コロナ前の計画をごり押しして無事に運用できるとは思いません。

4F 簡易宿泊機能を備えた若者交流拠点
コロナで環境業界が瀕死のさなかに新たな簡易宿泊所など民業圧迫以外の何物でも無い。
どうしても必要なら若者世代に対して民間ホテル利用の助成をするべきであって2億2500万も使用して簡易ホテル作る意味がわからない。
そもそも2億2500万かけたホテルが簡易宿泊所とか採算度外視すぎて民間では絶対にやらない

まとめ
大切な税金の無駄遣いをやめて欲しい少なくとも1F,4Fは収益施設なので民間投資でやるべき公共事業で整備するものではない。
コロナが終息するまで計画は凍結すべきです。
コロナ前の計画をごり押しして無事に運用できるとは思いません絶対に反対します

最悪の市長コラムから1年と2ヶ月

舞鶴市民の多くに不快な思いをさせたドクターTの独り言と称する市長コラムが発行されてから明日で丁度1年2ヶ月です。
少数派議員団の公約は実現不可能であると多々見市長は広報舞鶴を使い断言したが彼はまだそう思っているのであろうか?
数多の少数派意見を蔑にする多々見市政ではあるがパーム油火力発電所反対運動は大成功、与党議員の力を1ミリも借りずに少数の住民運動でも社会を変えれることを知らしめたと思います。

ここで敢えて舞鶴市長に言わせていただく

「市民軽視の政策を市民が簡単に許すと思うな!」

↓↓舞鶴市を多々見市長の好きにはさせないぜ↓↓

やっぱり頼りにならない舞鶴市役所

近所にできたアスファルト工場が超絶臭い
300m離れたDIYSTYLEの倉庫で吐き気がするレベルです。
買い物に出かけてかなり離れたコメリでも臭いがしました。
そこで
保健所TEL→「府の仕事ではない」

舞鶴市TEL→「苦情が沢山来てるので工場には伝えています。明日調査に行きます」
とう回答
明日やる、工場に伝えるって・・・やっぱり舞鶴市はこの程度のレベル

パーム油火力発電所はアスファルト工場の22倍くらいの規模なので考えただけで恐ろしいし、保険所も舞鶴市も頼りにならないことが改めて理解できました!

尚、その後に苦情を言うために工場に突撃すると・・・

すでに喜多地区の皆様からの苦情攻撃で撃沈された後でした。
直ぐに機械止めて臭いは消えてしばらくしたら再稼働
その時は臭いは軽減されて耐えれるレベルに落ち着きました。

多々見市長の言葉

舞鶴市民新聞4月7日 掲載の新聞記事
舞鶴市の新規採用職員の辞令交付式の市長の言葉に耳を疑いました・・・

常に市民目線で考えること、情報収集、専門知識、専門技術を高めることの大切さ、仲間とチームワークでやる事の大切さ等を訴え、やり甲斐と達成感を感じて頂きたいと思っています。
と多々見市長は述べていますが・・・・

私の知る限り多くの市役所の職員さんは
常に市長と上司の顔色をうかがい、情報収集も専門知識も専門技術も無く、市民を虐めるときだけチームワークを発揮する最悪の職場です。
職員の多くがやり甲斐も無く市長の下僕として働いており、顔は土色で腐った魚の目をして働いています。

多々見市長は現場を全く見ない方のようですね・・・
多くの職員さんがあなたの顔色伺いながら疲弊していますよ!

多々見市長、新入社員に偉そうに話す前に現場をしっかりと把握しなさい!
あなたが諸悪の原因です!