背水の陣で戦う決意!

木質バイオマス・パーム油を燃料とするバイオマス発電など「持続的で自立的な再生可能エネルギー」を導入し、災害時の非常電源確保、エネルギーの地産地消などの施策を統括するため、生活環境課に「地域エネルギー推進担当課長」を配置、「環境に優しい持続可能なまちづくり」を目指すとしている。

今までの私のパーム油火力発電の反対運動が甘かったと反省、今日から退路を断って全力で舞鶴市と日立造船の悪事に立ち向かいますので御支援下さい!

理由:住民をなめすぎてる舞鶴市政と日立造船

木質バイオマス・パーム油を燃料とするバイオマス発電など「持続的で自立的な再生可能エネルギー」を導入し、災害時の非常電源確保、エネルギーの地産地消などの施策を統括するため、生活環境課に「地域エネルギー推進担当課長」を配置、「環境に優しい持続可能なまちづくり」を目指すとしている。

これは今朝届いた舞鶴市民新聞の記事です。

舞鶴市との信頼関係が崩壊

住民説明会では「住民の反対を押し切ってまで計画は進めない」との回答があり、私たちは行政との対話を信じて対話の準備を進めていました。
私自身も環境条例の制定など住民説明会で提案もさせていただきましたし、条例策定に向けての有識者の選定などにも着手していました。
行政と対話ができると信じて・・・・・
でも時間の無駄でした。

住民理解を装いながら推進課を新設する舞鶴市 まさしく非道 血の通った人間がする事では無い!

私の考えが甘かったというだけの事ですが、まさか行政が住民説明会で住民に寄り添う姿勢を見せながらもこの非道の仕打ちはありえません。
どんな相手でも対話によって理解して頂けると信じていましたが私の考えが浅はかでした。

今後はパーム油火力発電所を推進する輩には私も同じく非道で対応して参ります!