悲報 森本たかし用の対策費が舞鶴市役所の予算に計上される事になりました なお、その他、一般市民への対策も合わせて強化される模様です 

悲報森本対策費として舞鶴市予算に計上される

https://youtu.be/WEKXKvL9RgM

やばいぜ舞鶴
森本たかしならこう変える
今日は2021年10月12日火曜日
今回4回目~
疲れた・・・
赤れんがパーク再開発の話
長いです
今回も赤れんがパークの話
再開発の話題です
はい
赤れんがパーク再開発
問題について
調べていますと
面白い資料を見つけました
赤れんがパーク官民連携型
賑わい拠点創出事業協定書案です
とんでもない資料で
読んだら嫌になります
その中の

第7条を読みます
乙による資金調達
甲が舞鶴市 
乙は今回の指定管理者
認定される指定管理者が乙

甲が舞鶴市
乙による資金調達
第7条
本事業の実施に関し
乙が必要とする資金調達は
全て乙の責任において行う
本事業の実施に関する一切の費用は
公募設置等指針等及び本協定で
特段の規定がある場合を除き
全て乙が負担する
とあります
過去に僕が指摘した事ですが
舞鶴市の税金が
公募事業者に吸い取られるのでは?
という主張をしたことで
この条項
第7条が加えられた
と思いますが
その次が問題なのです
前項の規定に関わらず
本事業の実施自体に
基づく近隣住民の反対運動
訴訟、要望及び苦情等
以下「反対運動等」という 
への対応に関する
費用は甲の負担として
(甲=舞鶴市)
舞鶴市の負担とし
それ以外の事由に基づく
反対運動等に関する費用は
乙の負担とする
本事業の実施自体に基づく
近隣住民の反対運動
訴訟、要望及び苦情等
以下「反対運動等」という
への対応に関する
費用は舞鶴市の負担とし
それ以外の事由に基づく
反対運動等に関する
費用は事業者負担とする
以上の項目が記載されています
資金調達の項目中に
反対運動対策は
舞鶴市の負担
つまり
公費で負担すると
書いています
訴訟、要望や苦情を
反対運動と位置づける
舞鶴市側は
根本的に狂ってますよね!
訴訟はともかく
要望・苦情が反対運動に
該当するのです
仮の
基本協定書協定書
協定を結ぶ前なので
(仮)がついていますが
仮の基本協定書と言っても
苦情や要望を
反対運動に舞鶴市は
位置づけているのです
それも大概ですが
7条2の項目に関しては
実際、私を対象にしてる
項目と認識しております
私、森本たかしを対象にした
項目が7条の2だと
私は思っております
舞鶴市の事業計画は
私、森本たかしの意見を
相当意識して
作成し直したと
聞いています
森本たかしの対策を
協定書の項目に書くというのは
そんなに僕は怖いですか?
ぶっちゃけ僕は
普通のおっちゃんですよ

料理上手で
ガーデニングが趣味な
女子力高い
おっさんですが
普通のおっさんなんで
そんなに怖いです?
僕は一般市民ですし
一般市民の対策として
訴訟費用まで確保する
協定書に書くというのは
はっきりいって無茶苦茶です

一般市民の意見に対して
予め協定書に
訴訟費用として舞鶴市が
負担すると記載するのは
かなり異常な状況だと思います
この動画を見てる皆さん
舞鶴市役所に言ってやってください
「森もっさん優しい人やで~」
私は自分で言うのもあれですが
正義感が強くて曲がったこと
嫌いです
そのために
私のために裁判費用まで
用意していただく必要はない
と思いますけどもね・・・
折角
舞鶴市役所が
万全の対策取るために
私のために
訴訟費用まで
確保してくれるという事
ですので、それに乗って
行政訴訟をするのも
面白いかもしれません
けれどもですね
前向きに
前向きにその時がきたら
考えさせて
いただきたいと思います
先程あった
それ以外の事由として
それ以外の事由に基づく
反対運動という項目があります
この部分が意味不明ですが
おそらく
行政側が何かあった時のために
逃げ道として書いた項目と
私は思っていますが
だから
そんなに気にする必要ないですが
様々な方法で
行政が逃げようとしていると
感じています
でもね
こういった項目
それ以外の事由に基づく
反対運動の費用を
事業者が負担をする
負担させるために
なんか絡めて
様々な変わったやり方で
問題提起するのもありかな?
と思ったりしたり(笑)
この反対運動 
アイデイアが広がっていきます
舞鶴市側の提案からも(笑)
私は色々なアイデアを考え出して
反対運動を
広めていきたいと思います
舞鶴市役所の
皆さんが心配するのも
当然だとは思いますが
私はあなた方(舞鶴市)が
読めるような
手は打ちません
舞鶴市に対して私は
意見をするだけ
無駄、時間の無駄だと
思っております
だって要望や
苦情なども反対運動に
位置づける行政ですよ!
何したって、何言うたって
建設的な
前向きな意見を言っても
反対運動にしか
捉えることが出来ないのです
舞鶴市役所の人たちは・・・
行政は市民のことを
全く理解していない
行政に対して
訴訟だけをするなんて
そんな生ぬるいことは
私はやりません

赤れんがパーク再開発の
反対運動をやるのではなく
僕は阻止するんです
赤れんがパークの再開発は
絶対に阻止します
反対運動ではなく
赤れんがパーク
再開発を阻止するのです!
ありとあらゆる手を使い
皆さんの協力を得ながら
私が考えて実施していきます
是非ともご協力お願いします
防衛費を流用し
観光事業に使用しちゃ駄目ですし
お年寄りを騙して
奪った施設でスパなんて
作っちゃ駄目です
多々見市長が許しても
お天道様が許しません!
僕は許しません!
必ず赤れんがパーク再開発
阻止しますので
皆様、
本当に応援よろしくお願いします
一緒にアイディア考えてください
色々な情報を出してください
よろしくお願いします
頑張っていきましょう!
疲れました~
はい終わりです