舞鶴市と商工会議所が派遣会社のPR?

今日の商工会議所ニュース
舞鶴市の定住促進課が移住促進の名目で都会の派遣会社と手を組み、舞鶴の企業に若者を派遣するというメールが商工会議所から届きました。
いったい何のために舞鶴市と商工会議所が派遣会社のPRをするのか?全く意味がわかりません。

派遣なの?インターンなの?移住なの?

文章を読んでみると契約は派遣 形態はインターンシップ合宿の説明会 それで定住促進なの?
どう読み込んでもただの派遣 人材派遣契約を結ぶために移住促進を隠れ蓑にしているとしか思えないです。

頭を空っぽにして信じてみると・・・

 猜疑心が強い私ですがこのスキームを理解するために信じ切ったシミュレーションを考えてみました・・・

受け入れ企業
①人手不足の企業が参加してみる→ ②都会の若者がインターンシップに参加すると勘違い→③応募→④都会の若者がインターンシップに来てくれた(実は派遣)→⑤我が社は都会からインターンに来るんやで凄いやろ~と社長が自慢→⑥他の企業も応募→⑦舞鶴は他府県の派遣で人手不足を補う

舞鶴市 定住促進課
①丸投げで苦労せずに移住促進→②舞鶴の取り組みは進んでいるとPR→③他市町村も追従→④他市町村も他府県からの派遣で人手不足を補う→⑤頭使わずに給料アップ、評価もアップ

なかなか良いスキームですね!

デメリットを考えよう

メリットがあればデメリットもあります。つぎはデメリットを考えてみましょう!

1.派遣社員の正社員化はコストが高すぎる

良い人材が派遣経由で雇用できたとします。
いずれは正社員にとも嘱望されますが実は派遣の正社員化は困難
派遣会社から引く抜くことになるので多額のトレード料的なものが必要です。
これが派遣社員の正社員化を阻む要因です。

2.予算かけて育てても他社の社員でしかない

良い人材がきたので業務をしっかりコストかけて教え込んだとします。
でも実質は他社の社員なんです。
派遣元との関係が悪化したらすぐに引き上げられる危険性もあります。
そんなスタッフに対して教育コストかけれますか?

3.人材を他社に任せるということは会社の根幹を握られると言うこと

本当に恐ろしいのは会社の人事を他社に任せると言うこと
簡単に人は来るかも知れませんが、延々と派遣会社にお金を払うことになります。
もちろん一時的な業務の拡充てきな事でしたら派遣会社もありかもしれませんが、今回のような移住とか地方創生で派遣を使うなどあり得ないとおもいます。
若い子達は大切に育てたい!舞鶴に定住して欲しいとの思いで派遣受けるとミスマッチングでお互い不幸な事になるのでは無いでしょうか?

4.舞鶴の若者が他府県へ派遣される可能性も増加します!

派遣会社が他府県から一方通行で舞鶴に人材を送り込む事などありえません。
他府県から人が来ると言うことは舞鶴から人が流出する可能性はあると言うこと!
しかも派遣会社を通じて営業活動がおこなわれれば全く意味が無い事にならないでしょうか?

舞鶴の若者を他府県へ、他府県の若者を舞鶴へ  これがこのビジネスモデルなのでは?と危惧しています。

良い会社にすれば人材は勝手に集まる

大切な人事を派遣や行政に頼る前に自分の会社の状態を考えてみましょう!
会社に人が集まらないのは時代の流れからではありません。
社長の責任です。
舞鶴、都会、業種にかかわらず集まる企業には人は集まる。
小手先のテクニックや目先の利益に囚われずに会社の事を考えてみることでもう一度考えてみましょう!
そういったアドバイスや補佐をするのが本来の商工会議所の業務だと私は思います。
もっと骨太の本質的なサポートを望みたいです。
会社の発展には地味でコツコツした施策が必要なのです!



㈱ハッシャダイ × 舞鶴の企業 
  若者インターン合宿若者インターン合宿説明会の案内

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
舞鶴に滞在し、働き、生活を送り、舞鶴生活を模擬体験し深く知ることで、就職
先としての選択肢の一つになるとともに、将来的な移住へとつながる第一歩の取
り組みとして実施されます。

説明会:2019年5月28日(火)17時~18時半(於 赤れんがパーク3号棟2階)

【事業の概要】
参加者:  既卒の若者
人 数: 5名程度~
期 間: 3ヶ月程度~長期
     就労希望している若者(1000件問/月))
職 種: 未経験でもできる業務(人命に関わらないもの)
     ※労働基準法に基づく雇用形態(1日8時間程度)
生 活: ・期間中、フルで舞鶴に滞在(寮や社宅、住みこみ等を希望)
雇用契約:舞鶴の企業 ⇔ ㈱ハッシャダイ…人材派遣契約
      (給料+社会保険料)
スケジュール:・6月頃  受入企業の決定
       ・7月上旬 希望者の募集
       ・7月中旬 企業とのビデオ面接
       ・7月中旬 最終決定

問い合わせ・申込先:舞鶴市政策推進部移住・定住促進課
           TEL 0773-66-1085 

かわいそうな舞鶴市の防災担当

4月19日に下記の報道がありました。

消防団の公金50万円を職員が流用 「自分のお金と区別付かず」

4/19(金)  京都新聞から引用

 京都府舞鶴市消防本部は19日、3月まで本部職員だった40代の男性主幹が、消防団関連団体の公金約50万円を私的に流用していたと発表した。
 市消防本部によると、男性主幹は2015年度から、市消防団長連絡協議会など四つの消防団関連団体の会計を担当していたが、4団体の現金を混在させ不適切に管理。今年4月の人事異動の際、引き継ぎで18年度の収支決算書が提出できず、上司が問いただしたところ4団体で合計約50万円不足していると説明した。「自分のお金と区別が付かなくなった。自分の飲食代に流用していた」と話しているという。
 消防団員から提出された消防団員福祉共済への支払い請求事務も怠っていた。今後さらに調査し、処分する。

仕事が楽しくないのだろうな・・・て感じました

普通ならけしからんとか、弛んでるとか、これだから公務員は・・・という感想になるのかもしれませんが、私は違いました。
仕事がつまらないからこんなことをしでかしたのだろうと思ったのです・・

防災って花形じゃなかったの?

私は民間で防災活動に従事していますが非常に楽しい!
他の仲間達も同じく楽しく、誇りをもって活動しています。
人に感謝されこそすれ文句言われることもほとんど無いし(偶には言われるけど・・)
何より人の命を守るための仕事という使命感が高く進んで防災活動に従事しています。
ですが防災の現場(訓練や打ち合わせなど)で担当職員達をみているとかなりのダメダメ
プロ意識が欠如してる風に感じられます。
仕事楽しくなさそう・・・とは感じていたのですが・・・
私たちからすると防災に従事できるというのは誇らしく名誉でもあるのですが、なぜこのような事になってしまったのでしょうか?
防災は花形部門ではないのでしょうか?

防災は難問山積み・責任感も必要 だから面白い!

難しいのは分かるし、責任感が問われるのも分かります。
それを負担と思うのか?やりがいと感じるのか?
これは人次第と思われるかもしれませんが経営者から言わせると職場の雰囲気に大きく影響されると思うのです。

きつい職場でも雰囲気がよければ頑張れる!

仕事でもBBQでも防災でも私が一番大事にしてるのが雰囲気作り
仲間やスタッフのやりがいを引き出すことが重要だと考えています。
ですので基本現場では細かいことは言わない事を心がけています。

トップダウン方式の防災は古い

想像ですが問題の職員も最初から腐ってたわけでは無く、頑張っていた時期もあったのだと思います。
でも提案しても却下、ちぐはぐな指揮系統 その他色々あって腐っていたんだと思います。
傍からみていて舞鶴の防災ってなんかおかしいですもの・・・
防災はコミニケーションが一番大事だと私は考えています。
TOPダウン方式の防災ではコミニケーションは育たないのです。

楽しい防災を行政職員にも伝えたい!

この事件はショッキングですが今後の私の方針(舞鶴市長を目指す為の)を考えるためのきっかけとなりました。
被害は大きいですがこの事件を反面教師として「防災を楽しい」と感じさせる施策を市民のみならず職員にも広めていかねば!と考えるきっかけになりました。

このような舞鶴の体質を変えていくのが私の使命なのかも知れません!

でもその前に現金扱うシステム自体を改めようね!
そもそもそのシステムがおかしいよ・・・

Part3 赤れんがパークにコワーキングスペースって必要なの?

今回から批判するときは代案出すことにしました。
前提条件
・コワーキングスペースが舞鶴にできる事は歓迎
・行政がやる仕事ではないと思う
・赤れんがパークでやるべき事ではないと思う
・やるのなら民間だけで簡潔する事業とするべき
もし
街の未来のためにどうしてもこの事業をやりたいという人や行政職員がいたならば・・・
こうしたらどうかな?
・地元フリーランス30人あつめて体験
・機密性の薄い市役所の部署を週替わりで赤パーで体験
・市民にも解放
・出張で来舞者が多い企業に声かけ
・コピー機は市役所の持ってくる
・元々のフリーWi-Fi使用(セキュリテイは自己責任)
・ホームページぐらい自前で作れ
・毎日、ブログSNSで情報発信
・緊急時・イベント時は立ち退き条件で赤パー利用
これやれば、ほぼ経費かからず内部調整だけで実験は出来ます。
事業化出来そうなら地元企業やフリーランスにまかせればよいだけ(当事者たち)
あと講演会は地元で活躍するフリーランスの対談を実況中継すれば盛りあがるしPRにもなる!
これならローコスト・ローリスクで実験できます。
地元フリーランス30人あつめるのが一番難しそうですが、これくらいは最低限募集できないと事業の持続性はないよね~

どうやろ?

Part2 赤れんがパークにコワーキングスペースって必要なの?

赤れんがパークのコワーキングスペースを色々調べてみると・・・・
営業時間9:00~17:00 
売上げ目標12,960円/日
数十億かけた施設で売上げ目標の低い殿様商売されます。
さらにはコワーキングの裏で
若者就業支援と観光インバウンドの包括連携を集結 (東京&京都市内のコンサル)
どうもこれらセット販売っぽい
おもしろいのが
「舞鶴赤れんがパークで学ぶシリコンバレーの今」 という講演会を後日行うらしい・・・・
今時、シリコンバレーの話ししてイケてるって思うの?
色々突っ込みどころ満載!
そんな話しをFacebookに書いてると新情報!

友人、知人、中の人 数人から今回の件は舞鶴市の税金投入無し、市外の事業者の単独事業みたい~っていう情報がありました。
※教えてくれる仲間がいるのはありがたい 感謝!
税金投入無しならまあ、ええか・・・・って所なんですがそうじゃないんです!
それはそれで大問題!
なぜ市外の事業者の収益伴う事業に対して3ヶ月も公共財である赤れんがパークを貸し出すのか?
舞鶴市民の多額の税金が投入された施設を税金負担していない事業者が実験とは言え貸し出していいものか?
これを「フリーライダー」っていうんです。
言い換えると「ただ乗り」
今までもイベントで2~3日ならあったけど、3ヶ月の期間は異例だと思います。
同じ事を舞鶴の事業者が行おうとすると恐らく無理です。
それを市外の事業者に貸し出すっておかしくないですか?
これをやるのは大きな方向転換になるのだからそれなりの総括してからでないと駄目だと思います。
今までの観光一辺倒の事業にほころびが見えてるとしか思えないのですが・・・


苦言 赤れんがパークにコワーキングスペースって必要なの?

赤れんがパークにコワーキングスペースが出来ました。

赤れんがパークにコワーキングスペースが出来たとのことですがこれは本当に必要な物なのでしょうか?

コワーキングスペースなんて私の知る限り6年くらい前から舞鶴でも作ろうって動きはあった。
今頃になって大企業のJCBグループが赤れんがパーク使ってやるとかもうナンセンスとしか言い様がない・・・
ノマドとは対局の位置にあるコワーキング
地元事業者にたいして公然といじめにかかる舞鶴市らしい政策としか言い様がない・・・・
ワーキングスペース作る前に地元企業がどういう業務内容してるとか、どういったことに悩んでるとかまずは地元企業のことをよく知る事から始めるべきだと思います。
舞鶴市の産業支援は支援っぽいこととか観光っぽいことばかりで全然身になることをやっていない・・・
無駄金使う前に舞鶴市のすべての企業の悩みを調査すべきだと私は思う・・・

以下舞鶴市ホームページから抜粋

■「Coworkation」とは?

あえて会社を離れてリラックスできる環境で仕事をする、コワーキング。働き方が多様化している今、コワーキングスペースは多数存在しますが、そのほとんどが、人の多く集まる中心地に位置し都会の喧騒の中にあります。

人はリフレッシュや気分転換を求めて、休暇をとり、旅に出ます。

働き方に縛られず、働く場所を自由に選べる時代だからこそ〝仕事をしに旅に出る”。そんな選択も可能なのでは、と考えます。

CO×WORK×VACATIONをコンセプトにした、全く新しい働き方です。

■利用者ターゲット

・都市圏就業者(大企業社員等)

・地域就業者

・地域フリーランス、地域学生

・外国人デジタルノマド

・舞鶴市内の事業者、市民、学生 等

■利用者のメリット

・日常空間から離れリラックスできることによる、効率性と創造性の向上

・普段の生活圏からの離脱によるマインドセットと自己コミットメント

・世代や地域を超えた利用者間の交流による新たな視点の獲得

・自分の時間の創出による、ワークライフインテグレーションへの進化

・地域の歴史、産業、観光資源とのふれあいによる、深みのある知徳

■ご利用案内

≪期間≫4月1日(月)から6月28日(金)

≪時間≫9時から17時 

≪ご利用料金≫※4月末まで無料開放。7月以降継続の場合は

  ●法人/個人 月額 17,280円(5月利用分から料金発生)

           日額  1,296円(5月利用分から料金発生)

  ●学生 無料

≪席数≫40席

≪その他≫Free-Wifi、冷蔵庫、プロジェクタ、クローク、各種コネクタ等

    飲食の持ち込み自由(ミネラルウォーター、お茶を提供)

■イベントの開催

 期間中、様々なイベントを開催予定。詳細が決まり次第、お知らせします。

 ≪4月≫

 ・ハッシャダイリゾート 企業説明会(対象:市内の事業者)

 ・シリコンバレーに学ぶこれからの起業(対象:10代から30代の学生・社会人)

「NHKラジオ 関西ホットライン」 に出演しました

今日はラジオ出演の日です。
7:46~51の間に出演させていただきました。
本日は舞鶴のアート情報
「いさざ会館」の話題を提供しました。
今回で1年間継続してのラジオ出演となりました。
おかげさまで好評のようで来期も継続は決定です。
次回は5月7日と連休の間の出演ですので皆様、聞いてやってくださいね!
次の話題は5/19開催の艦これイベントかな?

フェンネルが美味い!

フェンネル美味い!
舞鶴マルシェで見つけてなんとなく買いましたがめっちゃ美味い!
茎をスライスして塩、レモンで和えてからオリーブオイルでコネコネ
ロメインレタスと水菜を合せてドレッシングで食べたんやけど超美味い!
京丹後市は食材の宝庫やん〜

フェンネルが美味しすぎてメインの牛すじカレーが霞みます・・・

綾部校特別講座 カードゲーム「2030SDGs」から学ぼう! 綾部里山交流大学

綾部里山交流大学のSDGSを学ぼうに参加してまいりました。
SDGSに一目惚れして会社の目標にした私ですが、より深く学ぶために参加です。

SDGs(エスディージーズ)と言う言葉をみなさんはご存知でしょうか?「2015年9月の国連サミットで採択された、国連加盟193か国が2030年までに取り組む開発目標」です。では、なぜこのような目標が必要なのでしょうか?
ユニセフが発行する中学生向け副教材には、「2030年-社会の主役になっている君たちのミッション‐」とあります。その前に「2019年-社会の主役になっている筈の私たちのミッション‐」を共に学び、共に考える時間を、行政/NPO/福祉/企業/学生/教員/子供/親/他、すべての持続可能性社会における「主役となるみなさま」とご一緒したい。その様な思いから、本講座を特別に開催する事となりました。

レア食材 生キクラゲ

友人からの紹介で生キクラゲの生産者と知り合いになりました。
京丹後市で生キクラゲの栽培を開始されたのですが、まだまだ認知度が低いとのこと、
これは面白いって新しい物が大好きな私が飛びついたのは当然です。
生キクラゲを使って新たな名産物にチャレンジ 
試作にとりかかりますよ~

思った以上にクラゲっぽい!