重大疑惑発生 とれとれセンター看板撤去工事 官製主導で競争入札を回避か?

とれとれセンター看板撤去工事に競争入札回避疑惑発生

3月に私のもとに4件のご意見が届きました。
4件とも同じ内容でとれとれセンターの看板撤去工事に不審点がある 競争入札を回避して随意契約で工事が行われているのではないのか?という 疑惑の通報です。
4~5月にかけて私達グループの調査班が念入りに調べてくれたその調査結果を舞鶴市民の皆様にお伝えします。

動画の資料

おはようございます
やばいぜ舞鶴
森本たかしならこう変える
今日は2022年5月24日
火曜日です
今日もよろしくお願いします
今回、皆さんの知恵を貸してください
よろしくお願いします
今回の件はですね
僕はアウトだと思うんですけれども
専門外 知識不足です
動画見られてる
視聴者の皆さん
私に知恵を貸してください
これが正しいことなのか?
悪いことなのか?
皆さんのご意見をお聞かせください
そうして頂けると
凄く助かります
あまりにも理解できない範囲
分野です
自分なりに
色々と調べてるんですけれども
本当、理解できないので
すいませんが
皆さんご協力お願いいたします
今回はですねえー
私が手に負えない案件は
舞鶴港とれとれセンター
サイン撤去工事についてです
とれとれセンターありますよね
あそこに
3月ぐらいにね
大きな工事やってたんですよ
おっきな看板
とれとれセンターの看板を撤去する
工事があったんですけれども
結構、大きな工事で
一ヶ月ぐらいかかってたのかな?
その工事について
私のところに
何度も数人の方が
あれはおかしいから
調査してほしい
という問い合わせ
メッセージがありました
ご意見募集の欄から
通知いただいた
お問い合わせいただいた
方たちなんですけれども
四件程同じ内容で
とれとれセンターの看板
撤去工事 
あれはおかしいんじゃないかな?
ということで
是非、森本さん調べてください
という視聴者からの
情報提供で調査をさせてもらいました
時間かかりましたけれどもですね
私のチームの調査担当が
一生懸命動いてくれてですね
しっかりとした
この資料を入手しました
その資料を
私が分析したんです
分析したことを皆さんに
今からお伝えします
ちょっと
専門外のところが入ってくるんで
公共工事について
ご存じの方がいらっしゃったら
内容を教えてください
よろしくお願いします

西舞鶴にある
とれとれセンターですよね
とれとれセンターの
駐車場にある大きな看板を
この3月に撤去しておりました

視聴者からの情報は
その看板の撤去工事が
舞鶴市の入札になっていない
あんなに大きな
公共工事なら必ず
入札案件だと思うが
今回は入札がなく
随意契約で看板の撤去をしている
こんな事が許されていいのか?
という問い合わせが
4件あったわけです
それに関しては
何か裏があるんじゃないか?
必ず裏があるはずだから
調べてほしいという
情報提供がありましたので
調べさせてもらいました
私の知る限りお話ししますと
舞鶴市の契約
工事関係に関して言えば
300万以上の案件の場合は
競争入札にする
300万円以下なら随意契約
随意契約は行政が
任意の事業者に工事発注を
指定できる制度です
今回、調べてみますと
とれとれセンターの
看板撤去工事の資料を
一式取り寄せてですね
調べてみますと
やっぱり随意契約になってました
税抜き300万円以下の
工事ということで
ちゃんと300万円以下に
なっております
名目上はです・・・・
設計額 税込みで
¥3,071,090円
設計額が税込みで
¥3,071,090円 その内
消費税が¥279,190円なので
これは300万円以下になりますね

税抜きで300百万円以下になります
これは
紛れもなく随意契約
案件なんですけれども
この中の書類を見てると
明らかにこれは
おかしいんじゃないかな?
という事が見て取れましたので
それをお話しします
まずですね
見積から言いますと
色々な
工事費用入ってるんですけれども
一番おかしいなと思ったのは
これ無理やり300万以下に
工事内容を削って
落としてるんじゃないかな?
という疑惑があります
看板を撤去した後
大きな鉄塔が建っており
それを撤去した
もちろん
大きな基礎があります
鉄塔 広告塔を撤去して
基礎のコンクリートも撤去して
元の地面(土の状態)に戻すという
工事内容になってるんですよ
見積には
アスファルト工事は
含まれて無いです
フェンス
新たに、看板があったところに
フェンスを
現在、設置していますが
フェンスの工事も
見積もりには入っておりません
ですが・・・
グーグルのストリートビューで
画像を見ると
アスファルトを敷いています
元々フェンスがなかった場所にも
新たフェンスが設置されてるんです
でも内訳には
工事の明細の中には
アスファルト工事と
フェンスの工事は
含まれてないんですよ
アスファルトは私が今朝
とれとれセンターに見に行って
面積を測ってきたんですけれども
50㎡分ぐらい
50㎡前後ぐらいの面積です
結構、アスファルト舗装って
工事費は高いもんですから

50平米だと
40~50万円は必要と思ってます
フェンスも高いので
アスファルトとフェンスだけでも
最低50万円以上は必要だと思うんです
けれども
随意契約された見積には
アスファルト工事もフェンス工事も
計上されていません
このアスファルト舗装と
フェンス工事を誰がやったのか?
そこは今は掴み切れて無いですが
これを別々で発注したとしたら
明らかに入札を回避するために
こういうことを
やったんじゃないかな?
と私は思います
普通はそう思うんですけれども
一般市民の感情からするとね・・・・
これ実際どうなんですかね?
建築工事やられている方
これが普通なんでしょうか?
僕は競争入札に参加したことが無いので
分からないんですけれども
どう考えても
広告塔を撤去して
その後に土砂をほりかえし取り
アスファルトを設置して
フェイスまで作り上げて
ひとつの工事だと思うんですけれども
そこだけ分離発注にして
随意契約にする
入札なし 競争入札なしで
工事を発注するっていうのは
かなり不適切じゃないかな
と私は思います
何度も見積を見なおしましたが
アスファルト工事
フェンス工事は見積もりに
入っておりません
金額的にも必ず大きなはずなんで
参入されてないのは
私はすごくおかしいと思います
工事の発注では
元々存在した
土を基礎のコンクリを撤去し
そのまま埋め戻して整地したら
それで終わりという
発注内容なんですけれども
アスファルト工事
フェンス工事が抜けております
あとは
色々見てるんですけど
見積の金額の内訳が隠されてるので
名称しかわからない
金額から内容を読み取ることが
できないんですけれども
広告塔の看板って
看板本体は鉄塔だと思うんですよ
鉄塔の処分費が計上されていません
産業廃棄物になるのに
鉄塔の処分費が計上されて
無いんですよ
鉄塔の処分も
誰がどこでどうやったのか?
不思議なんですよね
大きな鉄くずや
コンクリートくずが
出ないはずはない
それが計上されて無いのは
おかしな話だと
思います
一応、花壇処分
コンクリート処分として
場外に持っていく
26㎡とは
記載していますが
どういう風に処分されたのか
記載されていません
どっかの廃棄処理場に
持っていったのか?
どうなのか?
この見積もりではわからないです
この経費で基礎コンクリート関係は
処分したのかもしれませんけれども
問題は鉄塔なんですよ
鉄塔の鉄は結構、高く売れます
あれぐらいの大きな鉄ならば
それなりの値はつくと思うんですよ

処分費では無く
売却利益がでてくる方だと思うんです
鉄を処分(売却)することによって
処分した人にお金が
入ってくると思うんです
鉄塔が元々
舞鶴市の物ならば
舞鶴市に鉄くずの売却益が
入ってくるはずなんですけど
そこの処理が
どうされたのか?
記載されていません
これは公有財産管理の面から言っても
おかしいんじゃないか?
と私は思います

この見積で不審な点は
アスファルト工事が入ってない
フェンスの工事が入って無い
鉄くずの処分が
どうされるの記載されてない
産業廃棄物関連が
どうしたのか?
資料には
記載されていません
また細かい話なんですけれども
かなり高い広告塔ですから

高所作業車や
クレーン車を使ったと思うんですよ
あの工事をクレーン車も使わずに
撤去できるとは思えないんです
車両関連経費には
レッカー車と搬出用トラック
だけしか記載されていない
結構、大きな工事車両が必要
特にクレーン車は
一日10万円以上のレンタル料
だったと思います
クレーン車も入っていないので
見積自体がどうなのかな?
あからさまに見積もり
300万以下に抑えるように
してるんじゃないかな?

裏を勘ぐってしまいます
これがもうほんまに
業界の当たり前なのか?
どうなのか?
僕にはそこのところ分から無いので
何とも言えませんけれども
普通に
一般市民の感情
元設計事務所で働いていた
人間の感情からすると
大事な部分の見積が
抜けてるんじゃないかな?
と思います
抜けてる部分を参入すると
余裕で300万円超えるですよ
だから、うちの方に通報された方々
絶対に入札案件に
なるはずの工事が入札に
ならないの?と不審がるのは
当たり前だと思います

こういうことを行政が
やってるっていうのは
これがテクニック
行政のテクニックなのか?
それとも何か裏があるのか?

解明には
皆さんの知恵を頂きたいです
今後もこの件は
調べていきたいと思いますので
見積書は概要欄に
アップしていきますので
皆さんご意見あったら
お聞かせください
この件は
僕がまずいなと思うだけで
ほんまに
アウトって決まった訳では無いです
僕がこの件はおかしいと
思ってるだけです
今までの告発は絶対にアウトだという
自身を持って実行しましたが
今回の件は、僕の知識だけでは
分からないところが有ります
ですので事業者名は
塗り潰しててアップしてます
役所の人は別に
名前載せても良いから載せてます
更に色々
不審なところが沢山あるんですよ
一番、不審なのはこの伺い分です
見積を取るのために上司の決裁を取る
書類が出てるんですけれども
ここに書いてあるのが
なぜこの看板工事が必要なのか?
その理由が書いてあるんですけれども
舞鶴港とれとれセンターサイン塔は
平成九年建設から大きな改修がなく
20年間の耐用年数を
経過していたところ
年末年始の積雪の影響で
最上部LEDスポット
照明設備のぐらつきと点灯しない
不具合
内部漏電の恐れが発生し
早急に対応が必要です
また舞鶴さかなセンター協同組合は
看板が老朽化して
見栄えが悪いこともあり
多くの来客が見込める
4月までの早急な撤去
及び土地返還を要求しております
業者選定理由は
下記理由により
当初の建設事業者である
上記事業者から参考見積を徴します
照明設備の落下
および内部漏電の恐れにより
処置が早急に必要であること
設置当時の図面が
現存しておらず
当初の建設事業者のみが
早急な処置と工事の短縮が
可能であること
となっています
それで随意契約が
結ばれているんですけれども
この伺い文がかなりおかしいです
この伺い文が提出された日
見積依頼を出したのが
令和4年1月4日に
見積依頼を出しています
ということは
これは1月4日以前に
この伺い分を
作成してると思うんですが
ここに書いてあるのは
年末年始の積雪の影響でと
書いてあるんですよね
年末年始の影響で
1月4日提出という事は
12月30~31日 
1月1~2日
ぐらいに
不具合が生じたからと言って
大きな広告塔に登って点検しますか?
大雪の最中、あの大きな看板のところを
上に登ってですね
LEDがぐらついてるかどうか?
絶対に調査しないじゃないですか
そんなこと業者が言われたら
「正月あけてから依頼してくれ」
となるはずです
これが看板が
倒れてるって意味ならば
早急に点検入りますが
LEDがぐらついてる程度の不具合が
年末年始に
分かるわけがないじゃないですか
しかもこの文章を書いて
提出したのは1月4日なんです
※見積日も1月4日です
ということは・・・
予め決められてた内容で
打ち合わせがあった
大雪が降ったから
これはちょうど良い機会だから
こういう風にしてしまえ
という事になってると思うんですよ
普通に考えたらですよ
年末年始にLEDが
ちょっとぐらついたからって
調査なんてする訳がないし
あの凄い高い看板の上を
調査しようと思ったら
それこそ高所作業車が
無いと調査はできないですよ
でも年末年始は大雪で
舞鶴は大雪で
とれとれセンターの看板がある場所
隅っこは
除雪された雪が積み重ねられ
車なんて入って
いけないくらいの積雪
だったと思うんですよ
特に隅っこの方には
除雪した雪を持っていっている
だからこの起案書は
あからさまにおかしいですよ
1月4日に事前準備なしに
こんな書類を出せる訳がない
書類を作ったのは1月4日
なのかもしれませんけれども
こんなことを急にですね
正月 新年明けに
できるわけがないので
やっぱりこれはもっと前から
事業が計画されて
やられたんじゃないかな
と僕は考えております
時系列的にまずおかしいねですよね
それがまず第一
もう一つ不思議なのはですね
舞鶴さかなセンター協同組合は
看板が老朽化して
見栄えが悪いこともあるって言ってます
そんなに見栄え悪い看板だと
皆さん思いましたか?
別に何も普通の看板ですよね
メンテナンスするのは
別に何もおかしなことは
無いと思うんですけども
さかな協同組合が
老朽化して
見栄えが悪いと言ってる
という事なんです
多くの来客が見込まれる
四月までの早急な撤去及び
土地返還を要求しております
とも書いてあります
ということはですよ
とれとれセンターの看板は
どこの持ち物なの?
という話ですよね
なんで舞鶴市が
とれとれセンターの看板を
直すのか?
あの看板は舞鶴市の
看板だったんかい?
って話ですよ
舞鶴市の看板ならば
なんで
とれとれセンターの看板を
舞鶴市が作ったのか?
これは不思議な話でしょう

また不思議な話があります
一つの大きな公共スペースの中に
様々な団体が管理してる部分が
あったりとか
そんな事をしてるのは
かなり当初の部分から
何か不適切なやり方が
ずっと続いてるんじゃないのか?
とも思いますし

平成九年に看板を作ってから
20年間も大きな改修をしていない点も
ちゃんと改修しろよ
って僕なんかは思うわけです
とれとれセンターは
かなり大きな看板で
構造的にもしっかりした物ですが
かなりの風圧がかかる
海沿いですから
かなり風が強いんで
それなりの定期点検や
改修工事が必要なのに
おかしな話
20年間も放置してた
っていうのも
そこのところもおかしな話です
これ、ほんまに
色々なツッコミどころがあります
とれとれの土地を舞鶴市が借りて
看板を作ってた?
みたいな
なんか意味が分からない状態
全体として
かなりおかしな事に
なってるんじゃないのか?
と私は思ってます
一番ひどいのがですね
設置当時の図面が現存しておらず
当初の建設事業者のみが
早急な処置と
工期の短縮可能である事
と書いてあるんです
いやいや~
4メートル以上の工作物
建築で言うと
工作物っていう種類になると
思うんですけれども
広告塔は高さ4メートルを超えたら
4メートルだったと思うんですけど
間違ってたらごめんなさい
4メートル越えたら
確認申請 
工作物の確認申請が
必要なはずです
ですからちゃんとした
公的な資料として残ってるはずですし
あれぐらい大きな広告塔ならば
ちゃんと図面を残しておくのが
当たり前です
絶対に図面は残ってるはず
家でも20年前の確認申請とか
図面が無いのは
考えられ無いじゃないですか?
それをこの舞鶴市は
図面がないと言うのは
そもそも、これがおかしな話です
図面が無いから
当時、施工した業者に
頼んだと言うのなら
その施工した業者から
図面をもらえという話
設計事務所も絶対にあるはずなので
設計事務所も図面を持ってるはずやし
20年前なら
CADデーターになっており
データーくらいは
残ってるはずですから
だから
図面が無いという理由は
そもそもおかしい
4m超え工作物なので絶対に
確認申請をやってるはずなので
図面を無くしたっていうのは
またそれはそれで処分の対象に
なると思います
色々おかしい訳ですよ
この案件が
私のところに調査願いが来る
これはおかしいから
調査してくださいと
依頼があるのは当然なんですね
僕が今、データーとして出しているのは
ここまでの事です
見積内容がおかしい事と
経緯がおかしい事
これがごく当たり前に
舞鶴で行なわれてる
入札や見積だというのなら
そうなのかな?
と思うしかないですけれども
元々、設計事務所で働いていて
普通の般市民感覚としては
これはおかしいんじゃないかな?
っていう風に思います
最後に
こんな事は言いたくないんですよ
ほんまに言うのか?
言わないのか?
すごく悩んだんですけれども・・
この支出を決めた
この事業を企画した人と
この事業者
広告撤去した事業者は
めちゃくちゃ仲いいです
公私ともお付き合いがある
担当者と事業者がこれを決めた
そこは
間違い無いです
言い逃れは出来ない
不正をしてるって言ってる
訳じゃないんですよ
公私とも仲が良い
担当者と事業者
その間で随意契約工事の
発注をするっていうのは
僕は公務員としていかがなものか?
と思います
これは会社でも
僕が部下がこういう発注をしてたら
それどうやねん?
と思います
特に行政なのでこのような発注をする
あからさまに
私的な付き合いもある
二人が工事の発注をする
しかも税金で実施するのはどうなん?
僕もね
会社、企業の立場として言うと
企業の営業努力っていうのは
それはもちろんあると思います
でもですね
企業はいろんな手を替え
品を変えて
仕事を発注してもらいたい
企業はやると思います
でも行政側
発注する側は
そこは一線引いて
この人とは近いので
他の担当者に仕事を投げるとかね
他の部署に任せるとか
絶対あると思うんですよ
あまりにも仲良い人と直接
やり取りをしてしまうと
発注のやり取りをしてしまうと
自分が不正をしていると思われたら
嫌じゃないですか?
だからそこは別の担当者に
任せるだとか
そういった事を
しなきゃいけないんですけれども
それができてない
これは大問題
だと思います
工事された事業者も
担当者を私がよく知る人なんで
不正があったとは思いたくは無いです
けれども
知らん人から見たら
これは完全に癒着だと伺われても
それは仕方がないと思います
そういう
疑いのある行為に
なってくると思います
あとは
随意契約を今後
問題にしていきたい
と思っています
この発注した担当者の方は
一般職なんですよ
普通の職員さん
建築の能力など
見積を
調べたりとか
工事の内容が
分かるような人では無い
それは一般職の人たちなんで
専門知識が無いのにもかかわらず
300万近くの工事を発注して見積とか
工事の説明されて理解できるのか?
と言われたら僕は
理解できないと思います
非常に
優秀な職員さんですので
一生懸命勉強されると思いますけど
やっぱり一定規模の工事
特に建築工事とか
工作物の工事に関しては
やっぱり専門の担当部署に
仕事を投げなきゃいけないと思います
それは見積金額が
300万円、うんぬんは抜きにしてです
そうじゃないと
また後で
問題が発生する場合が出てきます
特にあのFM舞鶴電波塔事件も
普通の一般職の人たちが
見積見て
発注してる
みたいだったんですけれども
役所内の細かいことは
分かんないですけど
役所内で専門家が
チェックしてるのか?
それはわかりませんは
少なくともですね
工事の発注に関しては
公平な
競争のもとで
専門知識を持った職員が発注する
こういう不公平な
あからさまに・・・
僕が見てもこれは
不公平だと思いますね
見積内容がおかしい
こんな事がまかり通っているんですよ
舞鶴市はこの随意契約の中で
通常の
競争入札ならば
それは沢山の目があるから
そうそう簡単に不正は
できないと思いますけれども
随意契約に至っては
担当者と数人の上司決済で
決裁されたら
実行される随意契約
これはどうなん?
僕思うんですよね
こういった舞鶴市の内部体制が
今の変なこの
舞鶴市を生んでるだと思います
今回は
この書類から読み取れることを
僕が述べてるだけで
確証があるというわけではないです
ですので
皆さんにこの資料を読んで頂いて
どう思うか?
皆さんの考えをお聞かせ
願いたいです
特に建築工事に精通した人たちの
知恵を借りたいと思っています
これが当たり前のことなのか?
おかしい事なのか僕にはわからない
今の僕にはわからないですが
僕的にはこれはアウトやと思います
ただし
その業界の常識と
いうものもありますから
そこまでは僕は
踏み込めないです

今回は私の手には負えない物件なんで
皆さんの知恵を
貸していただきたいです!
問題点を整理します
無理やり指名入札にならないように
工事内容を300万円以下にするよう
工事内容を下げたのではないか?
もしくは分離発注を
してるんではないか?
という疑惑があります
本来、含まれるべき工事
アスファルト工事とフェンスの工事
車関連
必要な工事車両の価格が
見積に含まれてない事
産業廃棄物の処分が
どういう風になってるのか
分からない
特に売却収入が見込まれる
鉄くずの処分も
どうなってるいるのか
ここも分からない

見積~随意契約に至った経過に
いろんな不思議な点が
沢山ある
特に担当者と
工事業者が近しい人だった点は
大きい思ってます
過去の経過も含めておかしいです
建築工事図面が
無いという事実も
問題外、図面は
探せば出てくるはずですので
他の事業者でも
工事はできるはず
図面が無いとしても
改修工事なら
図面が無いと工事は出来ませんが
撤去に詳細図面は無くても撤去は可能

細かい寸法まで分からなくても
大体で目視でも
数量の拾い出しは出来ます
処分費の細かい部分まで
見積が必要なら別ですが
図面がなくても
撤去工事は目視や
メジャーで計測しても可能だと思います
改修工事
リフォームの場合は図面必要ですが
撤去する場合に
細かい数字まで拾い出しする
必要は無いので
設置した業者で無くても
十分に撤去工事は可能だと
僕は思います
そういった事を合わせて考えると
とれとれセンターのサイン塔
撤去工事は怪しい
と私は思ってます
すいませんが皆さんの知恵で
私に教えてください
よろしくお願いします
私の知恵だけでは
判断できません
今回は市民の皆さんの
力を借りたいと思ってます
よろしくお願いします
概要欄に
資料を貼り付けておきます
問い合わせフォーム
意見を書く欄もあります
クリックして書いてください
You Tubeのコメント欄に
書いてもらっても結構です
よろしくお願いします