どん底に落ちた舞鶴市役所の信頼を取り戻す方法 焼肉屋さんのシステム導入で舞鶴市政を改善できます 政策のトレサビリテイ制度導入が舞鶴市役所を救います

焼肉屋さんのシステムで舞鶴市政を改善

9/18 19:00~公開

https://youtu.be/P2EVei1nd1o

やばいぜ舞鶴
森本たかしならこう変える

今日は2021年9月16日

木曜日です

昨日、アップした

youtube動画ですが

舞鶴市役所の元次長らを

元次長らを市民が刑事告発

かなりショッキングな動画ですが

一晩で214回再生しました

私のyoutube動画としては

一晩で214回は
今までに無かった

沢山の舞鶴市民の方々に

関心を持ってもらってる
と思って

一安心しました

かなりスキャンダラスな内容ですので

ちょっと心配してました

市民の皆さんに興味持って

もらったようで良かったです

皆さん、動画見られた方

京都府警 舞鶴警察署を

応援してあげてくださいね!

捜査が終わると

この後は

検察に書類送検

何かのドラマで
キムタクが勤めていた所

検察庁

検察庁に判断を仰ぎます

検察の人も頑張ってください

京都府警、舞鶴警察署

検察庁の皆さん

この舞鶴の悪事

絶対に有罪にしていただきたい!

舞鶴市民として願っております!

今回は舞鶴の諸問題を

どうやって改善するのか?について

提案したいと思います

私は、様々な調査を行なっています

私の仲間達も

様々な事を調査してくれています

様々な情報収集をし

舞鶴市の悪いところを正すために

いろんなことを調べているのです

ですが調査していると

舞鶴市の問題は

調べるのが難しいのです

行政文書は

特殊な物

舞鶴市民がパッと見て

簡単に調べられるものでは無いです

わざわざ役所に出向き、相談して

資料を探さなければならないです

非常に複雑な調査になります

中には

嘘をついて

書類が無い、
存在しないなどと言う職員もいます

福知山パーム油の問題で

一緒に協力した
福知山の方たちが

よく言われていますが

担当者は窓口で上手に誤魔化す

存在する行政書類を無いという

最初に有るって言ったのに
後で平気で無いという

平気で

書類を取れないようにしてくる

実際には行政文書は

保存されているはずですが

市民には伝わらないように
隠してしまう

その他は開示した行政文書が黒塗り

公開する中身を全部、
黒く塗りつぶして出してくる

市民、私たちは

肝心な事実を伝わらないようにする

という事は多々あります

僕たちは黒塗り書類の事を

真っ黒クロスケと言っています

取り寄せた行政文書が
真っ黒に塗りつぶされている

これは行政文書の中では

多々あることです

幸いなことに舞鶴市では
黒塗りべったり

黒く塗りつぶされた行政文書は

あまり見た事はありません

福知山の行政文書はぐああーっと
黒く塗りつぶされてます

舞鶴市は意外に

文書の開示は

しっかりされていると

思っております

窓口の方では

担当者は紳士的に

情報開示をしようと

試みますが

上司に止められる

事はあります

最近、聞いた話ですが

文書開示請求をした私たちの仲間が

担当者ではなく

担当者の上司からストップされた
と聞きました

情報公開 市民が行政

舞鶴市の情報を仕入れるのが

難しい事を

皆さん、理解してください

ではどうするのか?

私は情報開示は基本、
すべて可能にしたら良いと思います

行政文章を隠す必要なんて

僕は一切、そんな必要無いと思います

全部をオープンしてやれば良い

確かに

入札の金額がわかる資料や

個人情報が載った資料

誰々さんが病気だとか

なにかの障害を抱えている

そのような特殊事情や個人情報は

隠す必要は有りますが

行政が行う

99%の

仕事内容は隠す必要が無いのでは?

そもそも、行政が市民に隠す仕事を
していてはいけないと

私を思います

私がやりたい事は

行政文書は基本

開示
隠す必要はありません

そういう舞鶴にしたい

そのためにはどうするか?

ずーっと考えています

何年も考えています

これはアイデイアで
確定では無いですが

聞いてください

まずですね
担当者がわからない

担当者の名前が分からないし

どのような担当課があるのか?

舞鶴市のホームページからは

見えてこない

ですので原則

担当課・担当者氏名を全部

開示したらいいと思います

役所に行けば判る事ですから

顔写真付きで

行政職員は名前も開示するべき

このような担当者が

私たちが、ちゃんと仕事してます

という感じに

PRしたら良いと思うんですよ

そうすることで

自分の仕事に対して
責任が持てます

悪いことは何も無いです

名前と顔写真を

開示することで

多少の仕事に支障出ることは
あると思います

例えば

粘着される事はあると思います

ですが、そのようなマイナスの事を

遥かに凌駕する
良い面しかないと思う

自分の仕事に誇りを持てるというのは

すごく大事です
私の会社、ネットショップを

経営していますが
ホームページには全部この顔出てます

私が社長でちゃんと
責任もって全部やります!

自身を持って
ホームページに書いていると

めっちゃ評判がいいです

スタッフ、社員

社長など顔写真を掲載し

しっかりと責任をもって
仕事をしてるとPRするのは

めちゃくちゃ良いです

是非、やっていきたいと思ってます

次に

色々なこと、政策や

制度など

役所の場合は

担当者が変わったら

前の人がどういう
仕事をしていたのか?

そういうのが判らないのです

よくある事ですが

担当変わったから知りません
わかりません

みたいなことが多々ある

本来は担当変わったから知りません
みたいなことは言ってはいけないし

してはいけませんが

役所は担当者がぼろぼろ
変わりますから

定期的に担当者が

変われば、又一からやり直し

社会貢献活動してる市民は

市役所の担当者が変わったから

また1からやり直しかみたいな事は

よくありますよね?

町内会の運営なども同じような

そんな感じです

いつ、どこで、だれが、
どのような政策を作ったのか?

制度を作ったのか?

どのような

仕事に関わったのか?
そういった事が全部

トレース、追跡できるように
しなければならないと

思うんですよ

そこで
焼肉屋さんのシステム

焼肉屋さんに食べに行くと

必ず、レジのところに個体識別番号

あるのご存じないですか?

この店のお肉はどの地域

どういった経路で生産されて

誰が

どこで生産したお肉です
ということを示す

番号が焼肉屋さんの

レジなどに表示されています

トレサビリティと言います

トレサビリテイを
ウイキペデイアで調べると

物品の流通経路を

生産段階から最終消費段階 
廃棄段階まで

追跡が可能な状態を言う

日本では追跡可能性とも言われる

トレサビリティと言いますが

焼肉屋さんの

レジに貼ってあるお肉の番号です

あのような番号を

舞鶴市の様々な政策や事業に導入し

この番号さえ分かったら

どの職員が作ったのか?

しっかりと分かる
どのような経過で進めたのかが判る

そういう事を

私やりたいと思っています

それを全部、
ホームページで公開する

そうなると、わざわざ役所に
行く必要も無くなる

どこで誰がどういう業務をしたのか?
担当者名

制度の名前など一部情報がわかれば

トレサビリテイ番号で
関連情報が検索で判る

そういうシステムを作り

すべての情報を
ネットにアップしたら良い

それだけの事です
役所は

元々はしっかりと資料(行政文書)
を作っている

行政文書を作るのが
役所の仕事だと僕は思うんです

その行政文書に単純に番号を振って

ネットにアップするだけ

後は勝手に検索エンジンが
やってくれる

そんなに難しい仕事では無い

この提案は

特別にコストがかかるわけでは無い

メッチャお得な制度だと思います

何時、何処で、誰が、
どんな政策を作ったのか?

どうのような事を考えて

どうやって実行したのか?

全部ではなくても、
一部分が判るだけでも

その後の調査は可能という事ならば

仕事に緊張感が出てきます

変な仕事も出来ません

おかしな仕事をすると直ぐに

バレるシステムを作るのは

大事だと思います

例えると、先日のYou Tube動画
舞鶴市民が訴えた

西舞鶴駅の担当者の名前は
不明です

市民が一生懸命調べても
担当者名前は

おそらくこの人物であろう
程度までは絞れますが

確証に至るまでの情報は出てこない

その他の調べごとも

確証に至るデータまで
アクセスできない

悪い事をした職員

処分された職員の名前が

公開されないというのは

非常に問題だと思います

処分履歴、処分者の氏名などは

市民の目が

届くところに公表し

処分された担当者名は
公表するべきです!

人権の問題もありますが

処分履歴に関しては

公開原則でないと
緊張感は生まれません

その事で

失敗した担当者を追い詰めるとか

そういう事ではないのです

失敗しても

別の仕事で取り返したら良いのです

失敗を公表する事もしますが

成功したことも公表できます

頑張る舞鶴市職員は

あの人は良い仕事をしてるなあ~

という評価も得られます

仕事上の部下が

職場の上司は

このような素晴らしい仕事を
してきたのか!

そうなると
部下の信頼が得られるなど

良いことも多いです

マイナスの影響を考えて

反対する方はいらっしゃると
思いますが

トリサビリティーを行い

行政の情報をバンバン

行政側が発信する事ができれば

それで変わると思います

仕事を隠すのではなく

オープンにする方が

結果的に仕事も減ります

だから仕事が楽になります

そういったルール

どう運用するのか?

皆で話し合って実施すれば

出来ます

大したシステムを
組む必要もありません

基本的にデータベースにアップすれば

後は検索するだけのシステムです

ただ、ひたすらに
作った資料をアップする

その後は検索に

引っかかるかの設定だけ

ただそれだけのシステム

特別に難しいシステムでは無いです

高額の予算が必要なシステムでもない
はっきり言って

僕で作れるレベルです

これは、考えてみる

価値はあると思います
安価でシステムが組める

舞鶴市の職員には緊張感が生まれる

仕事をしっかりする職員は

適切に評価されます
駄目な方は反対に評価は下る

市民の安心感もでてきます

情報を適切に公開し続ける

クリーンな行政

というイメージを持ってもらわないと

今の舞鶴市の評価は最悪ですが
私が市長なる時には

舞鶴市の評価は地に落ちている

更にそこから私はすべての悪事を
暴き出して

もっと下がりますけど(笑)

最悪の状態から元に戻すためには

過去の情報公開のあり方を考え

舞鶴市を良くするための
制度を考えていく

そのためには情報公開は大事です

めちゃくちゃ完璧な

情報公開を実施するための
トレーサビリティ

トレーサビリティ制度の
導入はいかがでしょうか?

政策のトレサビリティを
考えていきたいと

思っております