警察の回答(パーム油報道の件)

沢山の皆様にご心配お掛けしましたが、京都民報に掲載された反社会性力に関する報道についての相談に対する回答が京都府警からありました。
結果としては「回答できません」との事です。
暴力団、反社会勢力等の質問については協定を結んだ団体にしか回答できませんとの事でした。
提出した情報は警察で共有して役立てるとの事、また京都府とは協定が結ばれているので京都府に対して何らかの報告はするとの事です。
舞鶴市に関しては「協定を結んでいないので報告できない」との事です。
しかしながら、担当地域の交番にはこの件は伝えましたのでトラブルが生じたら直ぐにお知らせ下さいとの回答となりました。

最初の相談時に非常に難しい相談で回答できないかもしれないとう事は担当者は言われていました。
最近は反社会性力を名乗る人は普通は無いとの事で、「俺は暴力団だ!」と言ったら即逮捕
だから普通は隠すとの事でした。
しかも警察に暴力団認定されたら、警察に退会届けを出せばそれでリストからは外れるとの事です。
暴力団でも「俺はやめたから違う」って言うだけでリストから外れる事が出来るので、「隠れ暴力団」みたいなものもいますので注意する事は大事だそうです。

今回の件で「無駄だとは思わずに情報提供してくだされば役立てます」引き続き、情報ありましたら提供御願いしますとも言われましたので、この件は非常に心配ですが一般人には解決できない事ですので、引き続き注意して活動を進めたいと思います。

今後、パーム油発電の反対運動に対する嫌がらせ等が発生した場合は小さな事でも結構ですのでご連絡御願いします。
舞鶴西地区の環境を考える会 としても共有、場合によっては警察への連絡もさせていただきます。

大手弁護士事務所が介入

パーム油発電の反対運動、相手側の反攻作戦が開始したようです・・・
大手弁護士事務所が介入してマスコミ潰しに入ってきてるとの事です。
お役所の方達には言いましたが私としては反対運動をセンセーショナルな活動にはしたくはありません。
パーム油発電なんて舞鶴のイメージを低下させるしかないので騒動が大きくなる前にさっさと手を引いてほしかったんですが残念です・・・・
マスコミが報じなくなってもインターネットの時代に真実を隠すことは出来ません。
パーム油発電はドロドロに何年も舞鶴のイメージを悪化させて、関係者の心を蝕んでいく最悪の訴訟に発展していく気がします・・・・
あらたに投資に参加すると噂される大手企業さんも覚悟の上で、ご参加ください。
参戦したらイメージ最悪になりますよ!

反対署名1463名

パーム油発電所のですがネット署名1406名
直筆47名、メール10名、合計1463名 
更に別途 地元の喜多+四所地区全域まで拡大して署名活動を行っています。
チラシを配布して下さる方もどんどん増えていますので諦めないで下さい!
諦めなければ必ず阻止できますので署名活動にご協力くださいね!

防災視点からのパーム油発電の危険性

超大量のパーム油タンクの保管場所は舞鶴湾に隣接します。
超強力な台風が毎年発生してる時代に100%安全な施設なんてあり得ませんよね・・・
海風も強いしこの場所は60cm程度の津波が予想される所
60cmの津波とは言っても家は余裕で破壊される強さです。
たった20年しか稼働できない金儲けの為の発電所が来るか来ないかわからない自然災害のためにコストをかける訳がありません。
たった1度の自然災害で舞鶴湾が死の海リスクなんてあり得ない
パーム油発電はハイリスク・ローリターン
反対運動実施中です

パーム油発電の反対署名を開始しました

DIY STYLEの近所にパーム油発電所の建設計画があります。
既に福知山市では同等の発電所が建設されていますが騒音と悪臭で隣接地の住民を悩ませています。
そのような迷惑施設は舞鶴市に不要ですので反対署名を開始しました。
changre.orgというサイトから署名可能ですので皆様も署名して下さい。

パーム油反対運動の件で警察に相談してきました。

今日は 舞鶴警察署にパーム油反対運動の件で警察に相談してきました。
京都民法に掲載されている記事を持ちこんでの相談です。
京パーム油発電所を投資する企業が反社会性力とつながりがあるという記事です。
いくら反対運度とは言っても万が一のことがあっては困ります。
そこは万全を期して様々な手を打つべきという意見をいただいての行動です。

舞鶴警察署は古く、打ち合わせ場所もなくなんと案内されたのは取調室
映画やドラマででてくる、あれです!
ほんま、そのまんまの取調室での相談 しかも
刑事さんは松重豊似 相談室が取調室!なんか胸熱~
新聞放送の記事や資料一式をお渡しして調査を依頼しました!
どうなる事でしょうか・・・?

行政に相談

昨日、パーム油発電の件で港湾局、舞鶴市、京都府のエネルギー政策課に相談にいってきました。
3者ともに強引に進める感じでは無く住民に寄り添って計画を進めるという回答でしたので、まずは一安心
ここは舞鶴市と京都府を信じましょう!
ただ気になったのは舞鶴市は住民の同意はとれているという認識だった件、私ははっきりと否定しましたが
「地元の一部の方々が勝手に同意されたみたいです」しかも「事業者側は何度も説明してくれて地元に仁義は切ってる」ってな事まで言った人がいるみたいです・・・
これは「言った言わないの話し」ですのでまた蒸し返す可能性があります。
私は否定しましたが地元として再度しっかりと同意が無い事は伝えないと駄目です!
「すでに終わったことだからもう無理・・・」って諦めた地元の人も多いと思います。
でもまだ確定していませんので地元が反対すればこの計画は必ず阻止できますので皆さま、引き続き御協力ください。
特に喜多地区周辺にお住まいの方々、もしくは家族や友人がおられましたら反対表明して頂くようにお願いします!
今、頑張れば阻止できます!